• バビアナの育て方・栽培

バビアナの育て方・栽培

バビアナの育て方…

出典:育て方ラボ

バビアナ自体は日当たりを好みジメジメした環境は苦手です。そのため花壇で育てるのであれば日当たりがよく水はけのよい土壌にするのが良いです。鉢植えやプランターなどを利用する場合は水はけのよい土壌を利用し、日向へ置いて育てるのがおすすめです。

バビアナの育てる環境について

テキスト引用
育て方としては、栽培する場所をどのように決めるかです。自宅の中において日当たりの良い所があればそちらに植えるようにします。植木鉢であれば植木鉢を日当たりの良い所に置くようにします。植木鉢の環境の方が良いとされるのは

育てる環境が暖地以外の場合は、すぐに季節に合わせて移動できる鉢植えが良いです。鉢植えであればその日の天気や季節に合わせて、家の中に入れたりハウスを利用するなど環境を変えることがすぐに可能です。

逆に冬などの寒い時期だけを鉢植えで環境管理を行い、暖かくなる季節に合わせて花壇に植えかえるといった方法を利用しても良いです。関東から南側で太平洋側であれば、花壇であっても冬でも暖かい環境なので冬越えが可能となります。

ただし環境の変化によって急に冷え込んだり霜があたったりすると、葉が枯れてしまったり株が痛むことがあるので注意しておくと良いです。また温度などの環境のほかに水が重要となります。ジメジメとした常に水が湿った状態を好みません。そのため花壇であっても鉢植えやプランターであっても水はけに気をつけることがポイントです。

花壇に植える際はバビアナ専用に土壌などを水はけのよいタイプに変えるといった工夫をすると良いです。土の中身などを変える方法では鉢植えやプランターの方が手軽に行えます。水が多いと株が枯れるとまではいきませんが、成長が遅かったり花をつけないという事もあります。

バビアナの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
植え付けを行う時期としては9月の終わりから10月とされています。鉢植えにするときには、球根の上に土をのせるのは2センチぐらいです。5号鉢と言いますと直径が15センチぐらいの植木鉢になりますが、このタイプであれば

種付けを行う際の時期として適しているのは9月の終わりごろから11月上旬ごろまでとされています。その時期に植え付けなどを行うのが良いです。方法としてですが花壇であれば肥料と庭土をよくかき混ぜた土を用意し深さにして3センチから5センチの箇所に植えます。

花壇などにうえる場合は鉢植えよりも多少深く植えるのがポイントです。また球根を置く間隔としては5センチほどを目安にします。鉢植えを行う場合は、球根が隠れる程度で深さとしては2センチから3センチほどの土をかぶせる程度で大丈夫です。

鉢植えで使用する土壌の配合としては赤玉土を七割とし腐葉土などを3割程度混ぜた土を使用するとよいです。鉢で植える場合は花壇の時よりも若干間隔を開いて植えると良いです。あまり間隔を詰めて球根を植えてしまうと水はけが悪くなります。間隔の詰め過ぎには注意しておくとよいです。水やりですが土の表面が完全に乾いてから上げるようにします。

あまり頻繁に水をあげてしまい常に土壌がしめっている状態になると、うまく成長することができずヒョロヒョロとした細い茎が生えてしまい、途中で倒れてしまうことがあります。肥料に関してですが植え付けの際の土壌に混ぜておきます。徐々にゆっくり効果のあるタイプの肥料をいれます。暖効性の化成肥料が良いです。肥料自体は多めにいれると、綺麗で大きな花を見ることができます。追肥を行う場合は芽が伸びてから行います。頻度としては10日に1度で液肥をあたえます。

バビアナの増やし方や害虫について

テキスト引用
増やし方としては分球などをすることができます。花が終わって葉が半分くらい枯れてきたら掘り出します。そして軽く洗って日陰などに置いて乾かします。乾かすことができたら、風通しの良い日陰に置いておきます。網袋などに

バビアナを増やす場合ですが、育て方としておすすめなのが分球となります。成長するにつれて自然と球根が増えていくので、良い時期がきたら分球が行えます。方法として球根の掘り上げを行います。花壇などで植えっぱなしの状態で休眠と成長を繰り返します。

すると徐々に球根が増えてきて窮屈になってくるので、2年から3年に一度は掘り上げを行います。増えた球根を分けてまた受付を行うことで、増やすことが可能です。鉢植えなどの場合は土壌自体がもともと狭く栄養なども十分にいきわたるので、花壇などと違って毎年のように掘り上げが必要となります。

すぐに球根が増えてしまうので掘り上げを忘れてしまうと窮屈になり水はけが悪く、成長が悪くなるので注意しておくと良いです。また鉢植えで育てる場合は球根が下にもぐってしまう傾向があるので、毎年掘り上げを行い分球して植え付けを行うことがおすすめとなります。掘り上げを行う時期ですが、季節として9月の下旬ごろから10月頃を目安にすると良いです。そうすることで窮屈にならず球根は冬超を行うことが可能です。

また掘り上げと受付を行う際に、土を入れ替えるのもおすすめです。やはり一度成長したさいに使用した土では質も栄養も悪くなるので交換がよいです。花壇であっても掘り上げのタイミングで土を入れ替えると良いです。害虫対策ですが、多少アブラムシがつく程度です。ですが殆ど害虫被害がないと言ってよいほど強い植物なので、特別対策をする必要はありません。

バビアナの歴史

テキスト引用
植物においては種から植えるものと球根を利用するものがあります。球根にしても最初から球根ではなく、最初は種になります。そして一旦球根ができた時はそれを乾かしたりすることで保存ができ、別のところで

バビアナは原産とされているのが南アフリカとされています。バビアナという言葉自体は南アフリカの公用語ともなるアフリカーンス語からつけられているとされており、その意味はヒヒとなります。理由としては、ヒヒがバビアナの球根を掘り起こして食べていたことから名づけられました。

南アフリカの中でも南部が生息地とされており、バビアナ自体の種類はとても多く60種類ぐらいあるとされています。そのため多くの種類の花を抱えている植物といえます。原産が南アフリカということで、バビアナ自体を育てるためには日差しが必要であり、ジメジメとした環境はあまり好まない植物となります。

そのため日本で育てる場合であれば、梅雨前の4月から5月頃がよい時期となります。ジメジメした環境は苦手ですが、適度な湿気や寒さなどに耐えることは可能なので、冬超などは霜などに気をつけたりプランターなどを利用すれば問題なくこすこともかのうです。またバビアナ自体は球根をヒヒのように食べる動物もいますが、日本においてはユリの花の球根を食べるのと似ています。ただしバビアナ自体の球根には毒になることもあるので食用はおすすめできません。

日本においてはやはり観賞用として植物として栽培されることが多いです。また日本においてはバビアナという名前ではなく別名としてホザキアヤメと呼ばれることが多いです。非常に種類が多いのですが、日本ではまとめてこの名前で出回っており見かけることができます。

バビアナの特徴

テキスト引用
花の特徴では、被子植物、単子葉類となります。キジカクシ目、アヤメ科、ホザキアヤメ属となります。この花においては旧名、もしくは別名としてホザキアヤメが使われることがあります。この種類が非常に多く、日本においてはまとめてこの

バビアナ自体は日本においてホザキアヤメという名前で出回ることが多いです。ですが種類はとても多いので、同じ名前であっても見た目や花の色などが違うことが多いのでバビアナ自体を知らない人にとっては、同じ名前で姿が違う花として異なる雰囲気だと感じるひともいます。

花の特徴としては青紫色や赤紫色の色をした花弁をしており、花自体は小花を咲かせます。花茎自体は2センチから3センチほどとこぶりです。草丈自体はあまり大きくなく、20センチから30センチほどに成長するので花壇で育てるのに丁度よい大きさとも言えます。

花自体が咲く時期としては4月から5月位が目安となります。関東地方の北の方でなければ花壇などで育てても問題はありませんが、特徴としてやや寒さに弱いです。そのため霜や暖地以外で育てるのであれば花壇ではなく鉢植えやプランターなどがおすすめといえます。

冬などの寒い時期はそのまま花壇で冬を越させるのではなく、鉢などに植えかえて家の中やビニールハウスなどを利用した暖かい場所に移動すると良いです。バビアナ自体は横に広がって育つのではなくまっすぐ直立で育つ植物なので、花壇を飾ることを目的とするのであれば成長した後の色合いなどを考慮して植えるのが良いです。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

青紫や赤紫のほかに白といった色などもあるので工夫すると良いです。学名などはアフリカーンス語ではヒヒという意味合いがありますが、その他には低いや、小さいや直立といった意味合いの名前で呼ばれることもあります。

バビアナの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「バビアナ」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

ヒポエステスの育…
ヒポエステスの育て方・栽培
ヒポエステスは、どちらかというと寒さに弱いですが真夏の暑さに耐えるため育てやすく、比較的栽培しやすい品種と言えます。育てる環境や育て方をしっかり理解していれば、…

育て方ラボ 公式ページさん

4,001view
グレープフルーツ…
グレープフルーツの育て方・栽培
もともと亜熱帯が原産地なため、寒い場所での栽培には向いていません。栽培に適した場所は、年平均が18°C以上が良いといわれています。寒さに強くないため、最低温度が…

育て方ラボ 公式ページさん

7,230view
コクリュウの育て…
コクリュウの育て方・栽培
コクリュウの場合には育てる環境の場所を特別に選ばなくても大丈夫です。特別に日当たりのいい場所など選ばずに、どこでも栽培することが出来ます。ただし、真夏の直射日光…

育て方ラボ 公式ページさん

5,205view
ルナリアの育て方…
ルナリアの育て方・栽培
ルナリアは日当たりの良い場所でも半日陰の場所でも育てることが出来ます。寒さには強いですが反面暑さには弱いので、マイナス25度を越えると成長しなくなります。発育環…

育て方ラボ 公式ページさん

4,177view
コバイモの育て方…
コバイモの育て方・栽培
コバイモの自生している土地は例外なく湿気の多い場所で樹木に覆われているところが多いため少々陰気な場所です。全体的になだらかな傾斜地であることが多いです。コバイモ…

育て方ラボ 公式ページさん

2,984view
サラサドウダンの…
サラサドウダンの育て方・栽培
サラサドウダンを育てるための環境としては、その生息地が、近畿地方以東から北海道西南部にかけての山地であり、山奥の涼しいところで自生していることから、基本的にはそ…

育て方ラボ 公式ページさん

9,164view
ガウラの育て方・…
ガウラの育て方・栽培
ガウラを栽培するときに考えておく環境です。この花はそれほど難しい花とされません。栽培をするつもりでなくてもどこからか種が飛んできて自然に生えることもあります。雑…

育て方ラボ 公式ページさん

4,338view
エンレイソウの育…
エンレイソウの育て方・栽培
エンレイソウを栽培するときの環境として日当たりが良いとされています。春に芽が出てきてその後に花が咲きます。この時には日当たりを選んでおくようにします。花が咲いた…

育て方ラボ 公式ページさん

2,581view