• ノビルの育て方・栽培

ノビルの育て方・栽培

ノビルの育て方・…

出典:育て方ラボ

ノビルの育て方・栽培のまとめです。育て方としては植えつける前に、よく畑を耕して、肥料をまいておきます。プランターの場合も柔らかく、水はけのよい土が適しています。種付け方法は鱗茎(球根)の植え付けは9月下旬から10月上旬に行います。

ノビルの育てる環境について

テキスト引用
ノビルの育て方ということでは、野生でこれほど広範囲に今も自生しているので、庭に植えておくだけで、育ちますが、日当たりの良い場所というのが唯一の条件ということでしょう。もちろん水はけや、土壌が豊かであれば、

深さ5~6センチほどの穴をあけ、5センチ間隔に鱗茎を植えつけていきます。育てる環境は、日当たりのよい場所を好みます。土壌の適応性の幅は広く、育てやすいといえます。生育に適した温度は15度から23度で、過湿に弱いので、梅雨時期や栽培地周辺の川や水源などによる土壌の水はけにも注意したいところです。

野生のノビルの生息地も山野の日当たりのいいところや、半日陰のとこに生えます。収穫時期は4~5月頃ですが、収穫直前の3月頃に追肥をやると育ちがいいようです。ノビルを手軽に栽培して春の味覚として食卓に料理としてだすのも素敵ですよね。生命力が強いので、一度植えたらぐんぐん成長してくれるのは頼もしいです。地表に出ている部分は緑色で、見た目はわけぎにも似ています。地上部もニラや、わけぎのようにして食べることもできます。

さっと湯にくぐらせた方が癖もなく食べやすいです。鱗茎は小さなたまねぎのような白くて丸い根を食べますが、さっとゆでるとツルンと皮が剥けます。食感を残したいならあまり茹ですぎないようにすると歯ごたえもシャキっとして食感が楽しめます。原産は日本ですし、古くから民間で親しまれているので、もっと身近に感じて食卓に取り入れたいですね。

ノビルの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
収穫後の処理ということでは、収穫したノビルを洗面器などに入れて水に浸しておきます。これは小さいので泥を落とすために、そのようにしておくということです。また根も切りますが、その時にまだ泥が残っていたら歯ブラシで

種付けは、鱗茎を植えていきますが、4~5月に収穫したノビルをまた秋に植えつける種球にする場合は地上部の葉を切り落とした球根を日なたで数日乾燥させてから、軒下など風通しのいいところで秋まで保存し植えつけます。そうすると、毎年ノビルが楽しめますね。

つまり春に収穫したものを、乾燥させて保存しといて、また秋に利用するということです。水やりは土が乾いたときにやる程度で、あげすぎに注意しましょう。生息地として水はけのよい土を好みますので、同時に湿度の多い場所も避けましょう。梅雨時期には少し注意が必要です。プランターの場合は、地面に隙間を作ってあげて通気性を良くするとよいでしょう。肥料は化学肥料や米ぬかなどを収穫前に追肥としてやると良いようです。大きな球を収穫したい場合は株分けして植え替えするとよいです。

地下部は球根が密集してますので、気を付けてそれらを分株して、間隔をおいて植え替えると肥料の栄養が行きわたり、立派な鱗茎が育つようです。原産地の中国でもチョウセンノビルはらっきょうと共に「薤白」と呼ばれ中薬として扱われ、胸痺の要薬とされてるようです。辛くて、苦く、温める効果があるとされています。ノビルも同様に似たような効果があるかもしれませんね。虚弱な人の体質改善にも効果があるそうです。民間療法として、鱗茎は虫刺されにもいいようで潰して汁を患部に塗ることで緩和されるようです。おばあちゃんの知恵も勉強になります。

ノビルの増やし方や害虫について

テキスト引用
このように強い植物ですから栽培も楽ですが、漢方薬として利用するという方法もあり、その場合には安眠用にも利用できるということです。不眠症にも効果がある漢方薬ということですが、良く乾燥させたものを煎じて

ノビルの増やし方は、土の中で密集している鱗茎(球根)の部分を株分けして、植え替えすると、大きくて丈夫なノビルが育ちます。根は自然と増えてくるそうなので、ある程度育ってきたらスコップで丁寧に掘り起こして、植え替えます。

育て方はそれほど手間もかからないので栽培は誰でもプランターや庭などがあれば育てることができます。種付けは鱗茎を乾燥させてから土に植えていきます。ノビルはアブラムシなどの害虫もつきにくいので害虫の心配もあまりありません。特有の匂いがあるので、虫があまり寄ってこないのかもしれませんね。民間薬としてもよく使われます。全草を乾燥させたものを煎服すると良く眠れるといわれます。生息地は日本や中国などの西アジア一帯で、日本原産の野生種も全土で見ることができますが、栽培も簡単です。

健康食材としても、春の味覚としても薬膳料理や、郷土料理で食べられます。古くから、日本で愛されています。あまりスーパーなどでは見かけませんが、自分で育て、自身の健康に役立てたり、美味しく食したりと色々楽しみのある植物です。らっきょと似てるので、ピクルスなどにしてタルタルソースに入れるというレシピや、醤油に漬けて、香りを楽しんだり、葉をきざんでネギの代わりに味噌汁に入れたり、冷ややっこにトッピング、さっとゆでてマヨネーズで和えるだけでも。アイデア次第で色々な料理にも使えます。自分で育てたノビルで是非手作りの料理を楽しんでみてください。

ノビルの歴史

テキスト引用
植物の面白さは、四季の美しさの中での日本でこそ感じられるものですが、その種類の多さからも楽しむことができます。春の花見などもそのひとつですし、紅葉狩りなども動物でもないのに狩るという言葉で楽しんだりもしています

ノビルは日本各地に自生しているユリ科の野草で、古くから日本で親しまれています。また、ノビルの古名で「アララギ」があります。ギョウジャニンニクなどと共に野生のネギ属植物を指す古い名前のようです。ノビルは古事記に応神天皇の歌としても名が残されています。

「いざ児ども、野蒜摘みに韮摘みに・・・」古くから愛される薬草であったことが想像できます。万葉集にも「醤酢に蒜搗き合てて鯛願ふ」(ノビルの酢味噌和えと鯛を食べたい)というような記述もあるようです。3月3日の桃の節句のころに野草を摘む習慣があったことも万葉集で知ることができます。古くから身近な野草を楽しみ、食卓に季節のものが並ぶということが自然に行われていたのですね。

日本全土の山野、田園、畑の周辺など、いたるところに生える生命力のある野草です。ノビルとは野の蒜(ひる)の意味で、蒜はネギ、ニンニクなどこの類の総称で、噛むとヒリヒリ辛いからヒルと呼ぶという。また、中国では、同じユリ科のラッキョウ、チョウセンノビルの地下鱗茎のことを「薤白」といい、古くから、冷えや、胃腸のトラブル、気が滞る症状を発散させるなどという効果があり、中薬として使われ、強い温めの薬として、寒さを追い出すとして使われています。

育て方は、植え付けを9月下旬から10月上旬に行い、収穫時期は4月から5月頃、草丈が40~50センチ、葉鞘部の太さが8ミリ以上になった頃とされています。原産は日本、中国、朝鮮半島などで生息も同じく東アジア一帯で見られます。種付けとしては種球を根を下にし、プランターや庭の整えた土壌に株間5センチほどの穴をあけ、植えつけます。

ノビルの特徴

テキスト引用
原産地や生息地の中国では漢方薬としても利用されていて、すりおろして痒み止めやかぶれ等の付け薬にしているということでした。ユリ科は根の球根が食べられるものが多いですが、この野蒜もそうで根を食べることができます。

ノビルは若い葉と地下にできる球根を食用にするユリ科の多年草です。鱗茎は白く、小ぶりのたまねぎのようです。ピリリと辛みがあり、生で食べたり、さっと茹でて酢味噌和え、甘酢和えにしたり、漬物、ピクルスとして保存食にしたり、おつまみにしても良いです。

天ぷらにすると、辛みも気にならず、美味しく癖もなく食べられます。収穫時期は春で、地上部の全草も食用にできます。効果としては強精強壮、保温安眠、健胃整腸などに。一度に多食すると腹が張って具合が悪くなることもあるそうなので注意が必要です。食道のつかえ、ノイローゼ、イライラ、子宮出血、月経不通、食道がんなどに、根を乾かして煎じて服用したり、度数30度以上の酒(ホワイトリカーやウォッカ)に漬けて薬酒として飲むのも効果があるようです。

栽培は割と簡単にできるようで、ほったらかしても育ってくれるというので初心者にも向いてるかもしれません。強く生命力旺盛な野草なので、繁殖力も強く、一度植えると株が増えていくというので一度試しに植えてみたら毎年収穫できるようになるかもしれません。日本を含む東アジア原産です。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

生息地は日本全土の山野にあるので摘んできたものを自宅で植えてみたいですね。葉をおとした球根部分を土に埋めておくだけなので種付けは簡単にできます。日当たりのいい場所で育て、真冬の寒冷地の場合は枯れることもあるそうなので、ベランダ栽培なら冬の間はビニールなどをかぶせると良いです。

ノビルの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「ノビル」に一致する植物図鑑

「ノビル」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

トックリランの育…
トックリランの育て方・栽培
多肉植物は生息地の環境に対応するため、すなわち貴重な水を体内に確保するために進化したので、熱帯のなかでも乾燥地帯に特に多く生息しています。トックリランは多肉植物…

育て方ラボ 公式ページさん

5,354view
ミッキーマウスの…
ミッキーマウスの木の育て方・栽培
この木はどのような育て方が適しているのでしょうか。もともとの生息地が南アフリカであるため、特徴として、日当りの良い場所での栽培が適しています。また、直射日光など…

育て方ラボ 公式ページさん

27,120view
ワトソニアの育て…
ワトソニアの育て方・栽培
ワトソニアを栽培するにあたっての環境は秋に植え付けをして管理をしていくことになります。10月から11月ぐらいになるので一般的には日当たりの良い場所を用意すると良…

育て方ラボ 公式ページさん

3,451view
ヒアシンソイデス…
ヒアシンソイデスの育て方・栽培
ヒアシンソイデスの育て方の環境については、水はけの良い土壌を選ぶ事が必要です。きれいな花を咲かせる植物は、日当たりの良い場所が条件になっているものが多くあります…

育て方ラボ 公式ページさん

2,964view
タチツボスミレの…
タチツボスミレの育て方・栽培
タチツボスミレの育てる環境は夏のこし方が大きなポイントとなってきます。すみれという植物は寒さには大変強い代わりに、暑さに弱いという高山性の性質を持っているため、…

育て方ラボ 公式ページさん

4,907view
サラサドウダンの…
サラサドウダンの育て方・栽培
サラサドウダンを育てるための環境としては、その生息地が、近畿地方以東から北海道西南部にかけての山地であり、山奥の涼しいところで自生していることから、基本的にはそ…

育て方ラボ 公式ページさん

10,444view
カロケファルスの…
カロケファルスの育て方・栽培
カロケファルスは、オーストラリアが原産となっているため、寒さに弱い性質があります。生育には、マイナス3度以上を必要とします。暑さも同様に嫌う傾向にあるので、日な…

育て方ラボ 公式ページさん

19,109view
セイヨウニンジン…
セイヨウニンジンボクの育て方・栽培
セイヨウニンジンボクの育て方について、初めに土は排水性に秀でていて、乾きにくい土にしておくのがベターです。また日当たりが良好なところを好む植物なので、その場所で…

育て方ラボ 公式ページさん

6,979view