• ニワゼキショウの育て方・栽培

ニワゼキショウの育て方・栽培

ニワゼキショウの…

出典:育て方ラボ

原産地は北アメリカとなっており、多少痩せた土地や、やや粘土質な土でもよく育つ強い植物だといえます。育て方で難しいことはありませんが、割とどこででも雑草化してしまう傾向もあるので、増えすぎには注意が必要かもしれません。

ニワゼキショウの育てる環境について

テキスト引用
育て方としてどのような所が良いかです。まず生息地においては元々は北アメリカとされていました。今はといえば日本においてはかなり広がりを見せている花になります。日本には今や雑草のように生えているとされています。

しかし、数を減らしたい場合には、他の雑草など比較すると、駆除するのはさほど大変ではないようです。ニワゼキショウは、多年草の植物です。一部には、一年草の種類のものもあるとされています。多年草であるため、株分けで増やすことができます。この株分けは、失敗が少ない方法としてよく知られているようです。

また、よく花を咲かせ、種もよくできます。種はさやが3つに割れ、散るようにしてこぼれていきます。種は、いびつな恰好をしており、いちごのようなたくさんのでこぼこがあります。種付けをする場合には、種がこぼれてしまう前に採取しましょう。種が極端に乾燥してしまうと、発芽率が下がって、発芽しなくなってしまうので、採取をしたらすぐにまいたほうが良いようです。

種付け後は、水切れに注意しましょう。早いもので2週間、3週間から4週間で発芽が始まります。植え付けに適しているのは、3月から4月くらい、または9月から10月くらいとなっています。肥料を施すのであれば、緩効性肥料か液肥を同じような時期にあげてあげます。花の時期は、早いものでは4月から見ることができます。遅いものでは7月くらいまで花を楽しむことができるでしょう。

ニワゼキショウの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
栽培において使う土について植木鉢などを使うときにはどのようなものを用意すると良いかです。水はけを良くしたもので、適当に湿気が含まれている土がいいようです。少し考えた配合土としては、鹿沼土にあるものを混ぜると良

日当たりの良い芝生や道端などに生息する植物なので、よく観察しておいて、花が終わり、種のさやができる頃に、種を採取することもできるはずです。この種を採取してきてまくのが、種付けとしては一般的かもしれません。

土手などでよく見かける植物であるので、苗や種を購入するというよりは自分で見つけてきて増やすというのが自然な形だといえるでしょう。水はけの良い適度な湿り気がある土が、ニワゼキショウには適しています。鉢植えをする場合には、鹿沼土に水持ちをよくするための細かくきざんだり、粉にした形状の水ゴケを混ぜておくのがお勧めです。

しかし、鹿沼土だけでも特に問題はないでしょう。鉢植えの場合、水やりは土の表面が乾いてからたっぷりあげてあげましょう。強い乾燥と冬場の加湿には注意をする必要があります。どんな植物でも乾燥してしまうと生きていくことができません。冬場は、休眠期となるために、根が水をあまり吸わない傾向にありますが、水をあげないでいると枯れてしまうので、適宜水やりを行う必要があります。

庭などに地植えにしている場合には、雨の降らない日が続かないかぎり水をあげる必要はありません。肥料をあげると大きく育ってくれますが、もともと丈夫な植物であるので、肥料は少なめでも大丈夫です。また、大きくしすぎたくない場合や、鉢植えにしている場合などにも、肥料は控えめのほうが良いようです。1年を通して日なたで管理したほうが、日の光が好きな植物なので元気でいてくれるはずです。

ニワゼキショウの増やし方や害虫について

テキスト引用
増やし方としてはまずは株分けをすることがあります。1年草の部分もありますが、根が残ることによって次の年も咲くことがあります。夏の暑いときに根のままで越すことが出来ると秋辺りに出てくることがあります。植替えとして1

基本的に雑草として認知されている植物なので、病害虫の心配は普通の野菜や植物ほどする必要はありません。ただ、春先にアブラムシが花や茎につくこともあるようです。アブラムシは、植物につきその汁を吸いますが、このときに病気をうつしてしまうとしてとても厄介な害虫です。

そのため、見つけたときには、筆なのではらって駆除するか、ときには薬剤の使用をする必要もあるかもしれません。他にもネジラミの心配もあるようです。ネジラミは、ネコナカイガラムシとも呼ばれており、根につく白い綿のように見える害虫です。

発生してしまうと、生育に支障が生じてしまいます。土の中で発生するので、その発見が遅れてしまうことが難点のひとつです。これは、植え替えである程度予防することが可能となっています。1年に1回はきちんと植え替えをすると、発生しにくくなるようです。鉢から株を抜き、土を落としてから、ネジラミが確認される場合には、薬剤などに浸して駆除します。清潔な新しい鉢と土に植え替えましょう。

大きくしすぎたくない場合には、このとき株分けを行っておくと良いかもしれません。株を小さくしすぎるとその後生育しづらくなるので、ある程度の大きさを保っておく必要があります。この作業は、真夏と真冬を除けばいつでも大丈夫です。しかし、他のハーブなどと同じように、春か秋がいちばん適しています。また、ニワゼキショウはこぼれ種でもよく育つ植物です。日当たりの良い場所であればどんどん育っていってくれるはずです。

ニワゼキショウの歴史

テキスト引用
梅雨といいますとジメジメしているためにあまりいい気分では無いこともあります。低気圧が近づくと体調を崩す人が多いとされていますが、梅雨の時期となるとそれが停滞しますから余計に気分が良くないでしょう。雨がふるだけでなく

ニワゼキショウは、アヤメ科ニワゼキショウ属の植物です。別名をナンキンアヤメといいます。ニワゼキショウは、セキショウという植物に葉がよく似ており、庭によく生えているということからニワゼキショウと名付けられました。

漢字では庭石菖と書きます。字からもわかるように、菖、アヤメ科の植物となっています。しかし、名まえの由来であるセキショウは、サトイモ科ショウブ属に属しており、全く異なる種類の植物です。名まえがややこしいのでわかりづらいですが、セキショウの花は淡い褐色の円柱形であるため、花を見れば一目瞭然です。

ニワゼキショウの属名は、ギリシャ語に由来しているとされ、豚と鼻とを表しているそうです。これは、豚がこの植物の根を掘り起こす習性を持つからだといわれています。ニワゼキショウの原産は、北アメリカだといわれています。今現在、日本で普通に見られるものは、アメリカの南部に位置しているテキサス州が生息地の中心となっている種類であるとされています。

原産地の北アメリカには、多くの種類があり、約100種類にも及ぶといわれていますが、日本で見かけるのは、その中のごく一部となっています。花は小さく、色は大きく分けて、白と赤紫色の2種類があります。花が若干大きめで、青っぽい色のものは、オオニワゼキショウかまたは、それとの雑種であるとされているようです。日本全国の平地や丘陵地、日当たりの良い道端など、比較的どこでも見ることができる植物となっています。

ニワゼキショウの特徴

テキスト引用
特徴としては、被子植物、単子葉類の植物となります。キジカクシ目、アヤメ科になります。花の季節としては5月から6月とされます。花の大きさとしては直径5ミリから6ミリ位ですからそれ程大きな花ではありません。花びらは6枚

1887年頃、明治時代に観賞用として北アメリカから輸入されたのが、日本におけるニワゼキショウの始まりだとされています。はじめは植物園で見ることができたそうです。

しかし、他の植物によくあるように、観賞用のものが次第に野生化していって、あちこちで見られるようになったわけではないようです。本来は、雑草であったその種子が、原産地を離れ、日本に帰化し、帰化植物となったものが、現在一般的に見られているニワゼキショウになったという説が有力なようです。

今では、日本全国に分布しています。草の丈は10センチから20センチくらいに育ち、6枚の花びらを持つ可憐な花が魅力の植物です。花の色は、白や赤紫色ですが、花の中心の色は、どちらも鮮やかな黄色をしています。芝生と同じような形態で育つ傾向があるので、群生しているのを見かけることも少なくありません。

群れて小さな花をたくさん咲かせている景色は、どこかになつかしさが漂い、とても美しい光景です。花はだいたい1日でしおれてしまいますが、次々と花を咲かせてくれるので、長く楽しむことも可能となっています。小さいながらも見ごたえのある形態が、またひとつの魅力でもあるとされています。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

繁殖力が強く、よく生育するので、栽培や育て方で特に注意する点はないようです。日当たりの良い場所に植え付けさえすれば、自然と繁殖し増えていくので、毎年花を楽しむこともできるはずです。日本人の好きなタイプの花のひとつであるといえるでしょう。

ニワゼキショウの育て方・栽培に関連する無料素材

「ニワゼキショウ」に一致する育て方

「ニワゼキショウ」に一致する植物図鑑

「ニワゼキショウ」に一致するマメ知識

「ニワゼキショウ」に一致する植物写真

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

シュスランの育て…
シュスランの育て方・栽培
シュスランを栽培するときの環境はあまり日当たりを好みません。かといって全く日差しがないところも良くありません。庭に置くときには1日を通して日当たりの良いところは…

育て方ラボ 公式ページさん

4,527view
クレオメの育て方…
クレオメの育て方・栽培
クレオメを栽培するときの環境では日当たりに置くのが良いとされています。東向きだと1日中日向に当てられない半日陰になることもあります。でもその状態でも育てることが…

育て方ラボ 公式ページさん

4,494view
チョロギの育て方…
チョロギの育て方・栽培
比較的育てやすく、収穫しやすい植物です。土地は水はけの良い場所を選びます。また、出来るだけ肥沃な土壌が良いと言われていますが、それほど気にしなくても育てる事が可…

育て方ラボ 公式ページさん

8,041view
ガウラの育て方・…
ガウラの育て方・栽培
ガウラを栽培するときに考えておく環境です。この花はそれほど難しい花とされません。栽培をするつもりでなくてもどこからか種が飛んできて自然に生えることもあります。雑…

育て方ラボ 公式ページさん

4,338view
サラサドウダンの…
サラサドウダンの育て方・栽培
サラサドウダンを育てるための環境としては、その生息地が、近畿地方以東から北海道西南部にかけての山地であり、山奥の涼しいところで自生していることから、基本的にはそ…

育て方ラボ 公式ページさん

9,164view
ヘーベの育て方・…
ヘーベの育て方・栽培
へーべを育てる環境ということでは、いちばん重要なのが日当たりの良いところで育てるということになります。原産地がニュージーランドなどですので、好む気候もだいたいわ…

育て方ラボ 公式ページさん

8,106view
チングルマの育て…
チングルマの育て方・栽培
チングルマを栽培するときの環境では日陰が良いか、日当たりが良いかです。高山植物としての性質も持つことから判断が難しいところでしょう。この花は草原に群生するタイプ…

育て方ラボ 公式ページさん

4,054view
ミッキーマウスの…
ミッキーマウスの木の育て方・栽培
この木はどのような育て方が適しているのでしょうか。もともとの生息地が南アフリカであるため、特徴として、日当りの良い場所での栽培が適しています。また、直射日光など…

育て方ラボ 公式ページさん

22,374view