• コツラの育て方・栽培

コツラの育て方・栽培

コツラの育て方・…

出典:育て方ラボ

育てる環境を作るためには、まず日当たりを確認しましょう。日当たりを好む植物ですので、真夏を除いて一年中日当たりの良い環境がベストです。真夏には、痛いほどの日射しが降り注ぎますので、これに耐えられる植物ではありません。

コツラの育てる環境について

テキスト引用
栽培をするときにおいて管理するための環境としては日当たりになります。1年を通して日当たりに当たるようにしておけばよいでしょう。夏においてはあまり日差しは好まず強い日差しによって枯れてしまいます。夏に枯れるのが前

日陰を作ってあげるか、もしくは日陰に移動させて上げましょう。適度な環境を作って上げることで、一年草として夏を越すことが出来ないこの植物を多年草にすることも出来ます。まずはたっぷりの日当たりを確保して、夏の日射しの調整を考えてみましょう。

一般的な植物同様に、午前中の日射しはとても好きですので、午前中はたっぷりと日が当たり、午後からは明るい日陰になる環境が良いでしょう。また、風通しがよい場所でなければ、株の中が蒸れてしまい、病気になったり害虫の被害にあったりと株を痛めてしまいますので、通気性の良い場所も同じくらい大切です。

コツラの育て方には、水分についての環境も整えてやる必要があります。品種によっては、多湿の状態を好むものと、多湿を嫌うものがあります。姿ではあまり判別ができませんので、必ず品種を確かめて育て方を確認しましょう。

多湿を好むものの場合には、常に乾燥しないように注意しておき、用土も水はけがよいけれど水分が溜めやすい環境にする必要があります。湿度を嫌うものの場合には、その反対のことが言えるでしょう。日本の梅雨の時期などは、相反する環境が必要になりますので、特に注意が必要です。

コツラの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
栽培における植え付けをどのように行っていくかです。春に苗がホームセンターや園芸店などに出回るようになります。それを使うことで花を咲かせることができます。種から植える場合においては、秋に種をまいておきます。種をまくのは

コツラの植え付けの方法には、種まきがよいでしょう。花が終ると種付けしますので、それを収穫しておいて、9月や10月ごろに種まきをしましょう。種の収穫が難しい場合や種が見つけられなかった場合には、春先になると、園芸店に苗が販売されます。

種まきは秋ですが、苗での植え付けは、春ですので間違えないようにしましょう。苗の植え付けを行う場合には、直接プランターや鉢植えなどに植える方法ですが、種まきの場合には、芽が出るまでに成長するまで育苗箱に植え付けるようにしましょう。育苗箱に植えた場合には、芽が出やすいように種の植には薄く土を被せるのがコツです。水やりの方法は、種まきの場合には、霧吹きなどですこしずつ与えるようにしましょう。

その後の水やりにも品種によって多少違いがあり、ヒスビータやバルバータなどは多湿を好みませんので、土の観察しさわってみて乾いていたらたっぷりと与える方法を選択しましょう。反対に、コロノピフォリアは多湿を好みますので頻繁に水やりを行います。

多湿を好むこの植物にバルバータのような水やり方法を採ってしまうと、たちまち葉の色が悪くなります。コツラへの肥料は、速効性のあるものではなく、緩効性のものを使用します。まずは、原肥を植え付け時に使いましょう。追肥は、速効性のあるものでも構いませんが、与えるのは2ヶ月に一回程度と覚えておきます。必要なだけ与えることが植物にとって最大のサポートとなりますので、与えすぎには注意が必要です。

コツラの増やし方や害虫について

テキスト引用
増やす方法としては種まきをするのがよいでしょう。時期としては9月中旬から10月ぐらいに行うと良いとされます。種があまり大きく会いので底面給水の方法で行います。鉢植えをするときにおいては保水性、水はけを考慮した

コツラの増やし方は、種まきが一般的です。種まきを行う時候は、9月から10月が良いでしょう。種はとても小さいため、上からの水やりよりも底面吸水での水やりが適しています。あまり、じゃぶじゃぶと上から水を与えると、種が流れてしまう危険性がありますので注意しましょう。

また増やし方で気をつけなければならないのが、土作りです。まずは水はけの良い土を好みますので、赤玉土が4に腐葉土が2でピートモスも2、さらにバーミキュライトで配合し作っておきましょう。たくさんの花が見たいという場合には剪定をおこたらない用に気をつけましょう。コツラの花は、剪定すればするほど、多く花枝を付けます。

なぜなら、いらない花柄や枝を付けておくことでムダに養分を取られてしまい、花に栄養が行き渡りにくくなるからです。この植物は特に害虫による被害を受けにくい性質を持っていますので、虫による害への対処をする必要はありません。ただし、風通しが良くなるように花が終ったら刈り込んだり、いらない葉を取り除く作業をおこたらない用にしましょう。

暑さには弱い面を持っていますが、寒さには比較的強く冬の間はそれほど手が掛からないのも育てやすいと言われる所以でしょう。零下5℃まで耐えるため北海道や東北の一部を除き、日本各地で冬を越すことが出来ます。この事を踏まえて、この植物に適している環境は、零下5℃にはならない比較的涼しい環境を好むと言えるでしょう。

コツラの歴史

テキスト引用
小さい花が可愛らしく感じることがあります。大きな花といいますと花弁がたくさんあるタイプのものであったり、とにかく茎などが大きく、花の部分も大きいようなタイプもあります。遠目に見るとうくしいこともありますがあまり

コツラは、キク科の植物でコツラ属に分類します。小さな愛らしい花が所狭しと咲きほこる様は、とても見応えのある植物です。またコツラには、このように小さな花を持つ品種だけでなく、比較的大きな花を持っている品種もあります。

バルバータにおいては、なるほどキク科だと思われる菊の花の芯の部分とよく似ています。南アフリカが原産地としていることからも分かるように、湿度が高くじめっとした場所を好みません。ただし、コツラ・コロノピフォリアという種類は、湿地帯などを主な生息地としているため、多少の湿度は問題ありません。

コツラを育てるにあたっては、まず品種を確認し、どのような環境が良いのか、また育て方が適しているかを知っておく必要があります。コツラには様々な品種があり、それぞれに個性的ですが、園芸店などで多数見られるのは、バルバータやヒスビータでしょう。バルバータは、「ハナホタル」や「カゲロウソウ」などと呼ばれています。またヒスビータは「銀葉カゲロウソウ」と呼ばれており、名前の通りシルバーリーフが美しい品種です。コツラの歴史については、ギリシャに深く関わっています。

コツラの名前の由来は、ギリシャ語であり、和訳すると「小さなカップ」となります。花をよく見てみると、小さな黄色いお花がカップのようにも見えます。花言葉は、「儚い恋」ですが、ハナホタルなどと呼ばれることと同じく、この可憐なコツラにふさわしいと感じる方も多いでしょう。

コツラの特徴

テキスト引用
この花の特徴はキク科となります。小さい花なので近くに行かないとどのような花かわかりにくいですが、近くで見ればこれがキク科なのはなんとなくわかります。花びらが沢山集まっています。匍匐性一年草とされています。

コツラはとても小さな黄色い花を付ける品種が最も知名度があり、人気を集めています。名前にあるような「小さなカップ」に相応しく、とても小さなカップ状の花は、一つの株から何輪も固まって咲くので、鼻の大きさにかかわらずとても見応えのある植物です。

匍匐性の一年草と分類されていますが、この匍匐とは茎が地面に沿うように伸びていく性質を持っている植物をさします。寒さには弱い一面を持っていますが、湿気にはとても強い植物です。また暑さにも寒さ同様とくに強くありません。真夏の暑さにあたると、枯れてしまうこともありますので、夏場は日陰を選びましょう。コツラの色は黄色以外にありません。そのため、似たような花を見つけても、黄色でなければコツラとは言えないでしょう。

コツラの種類はざっと55種類ほどあります。ただし、国内で販売されている酒類はそれほど多くないと考えておいて良さそうです。販売されていないということは、日本の風土には難しいというデメリットも考えられます。この植物の特徴の一つに、葉に水分をため込むことが出来るというものがあります。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

この植物は、たいていの場合一年草として扱われていますが、生息地の環境によっては多年草として栽培することも可能です。一年草として扱われる所以は、日本の暑さに耐えることが出来ないからだと言われています。圧等に耐えられる環境に置いてやることで、一年を超すことが出来る可能性を秘めています。

コツラの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「コツラ」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

ワトソニアの育て…
ワトソニアの育て方・栽培
ワトソニアを栽培するにあたっての環境は秋に植え付けをして管理をしていくことになります。10月から11月ぐらいになるので一般的には日当たりの良い場所を用意すると良…

育て方ラボ 公式ページさん

4,910view
ジューンベリーの…
ジューンベリーの育て方・栽培
太陽の光が当たりやすいところがジューンベリーが育つのに適した環境ですが、日陰でも明るいところであれば育ちます。ただし、光が当たるといっても西日がきついところは乾…

育て方ラボ 公式ページさん

8,248view
カロケファルスの…
カロケファルスの育て方・栽培
カロケファルスは、オーストラリアが原産となっているため、寒さに弱い性質があります。生育には、マイナス3度以上を必要とします。暑さも同様に嫌う傾向にあるので、日な…

育て方ラボ 公式ページさん

26,151view
ツタの育て方・栽…
ツタの育て方・栽培
ツタの栽培をするための環境としては日光があるところです。建物の壁にどんどん張り付いて広がっていきますが、これは日光をどんどん浴びたいからでもあります。壁一面に広…

育て方ラボ 公式ページさん

25,281view
よもぎの育て方・…
よもぎの育て方・栽培
よもぎは、大変育てやすく生命力が強い植物になっています。道端でも目にする事が出来るように、劣悪な環境の中でさえ、丈夫に育つ事が出来る植物です。特に日当たりが良い…

育て方ラボ 公式ページさん

26,035view
小町リンドウの育…
小町リンドウの育て方・栽培
小町リンドウが育つ環境ということでは、生息地がヨーロッパなので、四季がある日本では、春と秋が育ちやすい環境ということになります。環境としては越冬はできませんし、…

育て方ラボ 公式ページさん

8,603view
チングルマの育て…
チングルマの育て方・栽培
チングルマを栽培するときの環境では日陰が良いか、日当たりが良いかです。高山植物としての性質も持つことから判断が難しいところでしょう。この花は草原に群生するタイプ…

育て方ラボ 公式ページさん

6,678view
フウセントウワタ…
フウセントウワタの育て方・栽培
フウセントウワタを栽培するときの環境として準備をするならどのようなところが好ましいかです。日当たりの良いところを用意します。そして水はけのよい土壌が良いとされて…

育て方ラボ 公式ページさん

7,923view