• キンギアナムの育て方・栽培

キンギアナムの育て方・栽培

キンギアナムの育…

出典:育て方ラボ

キンギアナムは栽培の歴史も古い方の植物の系統なので、育て方も良く知られていて、園芸品種の中では育てやすい品種です。ですので育てる環境も日本の場合には育てやすい環境ということですので、初心者向きの品種と言えます。

デンドロビウム(キンギアナム系)の育てる環境について

テキスト引用
デンドロビウムの育て方としては、できるだけ日当りのよい場所で管理することがおすすめです。日光にあてながら栽培することで葉などが丈夫になっていきます。戸外へ出すタイミングが遅くなってしまいますと夏の初めから秋頃

この植物は、強い日光を好みますので、日当たりの良い場所で育てるのが基本です。また肥料があまりいらない植物ということでも初心者向きですが、肥料を与えるとますます頑強に育ちますので、その点も初心者向きです。

開花が1月から4月ぐらいですので、その後は5月から11月ぐらいまでは、日のあたる場所で管理します。そして冬霜が降りるようなところでは、室内に移して管理する必要があります。12月以降室内に取り込むようにすると良いようですが、育てている環境にもよりますので、それぞれの環境での冬の温度などで判断します。

また海外の植物を日本で育てる場合には、日本の梅雨の高温多をどう乗り切るかということが重要な課題になります。キンギアナムはもともと強い植物ですが、梅雨の長雨などに野外でさらされると傷みますので、雨の当たらないところに移動したほうが、安心して育てることができます。

開花での注意点としては、5度から10度の低温と水が切れることで花が咲くという面白い特徴があります。水を与えないと可哀そうだと考えてしまいますが12月ぐらいには断水をする必要があります。そして芽が出て来たら室内に移して花を咲かせるために育てます。

デンドロビウム(キンギアナム系)の種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
デンドロビウムは春から夏頃には土の表面が乾燥してきた場合にたっぷりと水やりをおこないます。夏は特に乾燥しやすいですので完全に水切れになってしまわないように注意が必要ですが、暑いシーズンは生育が止まり

キンギアナムの育て方としては、水やりは1月から7月まで土の表面が乾いた時にたっぷりと水を与えます。11月以降も同じように水やりをしますが、注意点としては8月と9月は休眠期間に入りますので、水やりも控えるようにします。

その期間の水やりは、表面が乾いた時から2、3日経ってから水を与えるようにします。キンギアナムは、生育期間が5月から7月と9月から11月ぐらいです。その間の8月と9月は休むわけですが、この時に水を与えすぎると花が上手く咲かないようになります。花つきが悪くなります。ですので水やりの注意点としては、8月と9月がポイントということになります。

もうひとつのポイントはア11月と12月で、11月から水やりを減らしていき、12月は断水します。寒さと水切れで花芽をつけるからです。その点も面白い植物ですが、初心者には、育て方ということで良い経験になります、日の光と水と肥料を与えれば、花は育つと考えがちですが、そうとばかりは言えないということで、良い体験のひとつになります。とくに、12月は水を与えられないので、心も痛みますが我慢をして、花の事情を理解して体験をしてみます。

もともとキンギアナムはオーストラリアの高山に生息しているので、暑さや寒さには耐性がある強い植物です。花を見ると清楚で可憐で弱々しい感じもしますが、実際は非常に強い植物ということからも、ガーデニングの初心者にも育てやすいということで人気があります。日当たりでの注意点としては、夏の日光では焼けをする場合もあるので、その点は様子を見て気をつけて育てます。

デンドロビウム(キンギアナム系)の増やし方や害虫について

テキスト引用
デンドロビウムの増やし方には株分けによる方法や、植え替えによる方法がおこなわれています。株分けは小さく分け過ぎてしまうと生育が悪くなってしまいますので、少なくても5バルブほどはつけるようにしましょう。株分けをおこなう

キンギアナムは増やし方としては、種付けからではなくポット苗で購入して育てるのが簡単です。よく育てられている植物なので、苗がある程度育ったものが販売されていますから、その点も育てやすい植物です。また、根も丈夫ですので、初心者が育てる場合でも、失敗の少ない植物です。

冬に室内で育てる場合には、あまり暖かいところだと、花が早く終わってしまうので、長く楽しむためには、温度管理も大切です。寒さと断水で花が咲くということも意識しておくと良いかもしれません。寒さでは5度以下になるような環境の場合には、室内に入れて、昼間に暖かくなったら外に出すようにすると育ちやすくなります。

夏は休眠期間ですが、自然界では雨も降りますし成長の時期です。ですので、日陰のようなところで休眠させて、水もまったく与えないということではなく、土が乾いたら2、3日ごとに水やりをするほうが良く育ちます。秋は育つための大切な時期ですので、秋の陽だまりなどの穏やかな暖かさの場所で育てると冬の開花の助けになります。

病害虫は、少ない植物ですが、アブラムシやカイガラムシなどが発生する場合もありますので、それらの害虫の対策はしておくと安心できます。とくに観葉植物の場合には、アブラムシやカイガラムシなどは、どの植物にも発生しますので、その点は、ガーデニングなどの栽培の基礎知識として理解しておき、対処しておく必要があります。害虫も環境によっても発生する場合があるので注意が必要です。

デンドロビウム(キンギアナム系)の歴史

テキスト引用
デンドロビウムは、ラン科セッコク属の学名カナ読みでセッコク属に分類される植物の総称のことを言います。デンドロビウムは、原種の形態の多様性の高さや品種数の多さから系統別に分けられることが一般的となっています。

ガーデニングでは、美しい花が好まれますが、ラン科の花は日本人にも人気があります。その中でもキンギアナムは洋ランの種類で、ガーデニングでも人気の品種です。ラン科のセッコク属あるいはデンドロビウム属の植物で、デンドロビウム・キンギアナムを交配して作られた種類をキンギアナム系という名称で読んでいます。

原産はオーストラリアですが、オーストラリアが生息地なので、栽培に適した気候も同じような気候ということになります。ラン科の植物は、地球上でも非常に繁栄している植物で、独特の美しい花を咲かせることで人気です。

世界には700属以上15000種あり、日本にも75属230種あるということでは、日本でも栽培しやすい植物です。その中でもセッコク属はデンドロビウム属とも言われていて、生息地も東南アジアを中心にして、西はインド、南はオーストラリア、日本などに1000種類以上あります。日本では昔から長生蘭と呼ばれ、古典園芸植物ということで扱われています。

その中のひとつがデンドロビウム・キンギアナムで、日本でも広く普及しているランで紫色をした美しい独特の花を咲かせます。ガーデニングや観葉植物としても身近な花で、見ているだけでも魅了されて育てて見たくなる花です。栽培の歴史も古いので、育て方もよく理解されていますから、初心者にも育てやすい植物になっています。自生しているオーストラリアでは、日当たりの良い岩の上などに見られます。

デンドロビウム(キンギアナム系)の特徴

テキスト引用
デンドロビウムはいくつかの系統に分けられるのですが、ノビル系は棒状のような茎を伸ばしていき葉をつけて葉が落ちていった茎から開花します。茎の上半分に開花する姿が美しいのが特徴です。デンファレ系は、

キンギアナムは日本では本州南部より南では路地上でも育てられますのでガーデニングにも最適な品種になります。耐暑性、耐寒性にも優れていますので、その点も育てやすい植物です。

多年草で花の色も白、ピンク、黄、赤、紫などさまざまです。開花期も2月から5月で長く、ガーデニングの初心者にも育てやすい花として人気なので、初心者の栽培する花として育ててみるのもよいかもしれません。背丈も15~50cmと扱いやすい大きさです。

名前はキンギアナムという難しそうな名前ですが、要はランの花ですので洋ランを育てているということで楽しむことができます。茎が細く先端に花が集まる独特の形をしているのもキンギアナムの特徴です。花も小さ目で透き通るような美しい紫色をしていますので、紫系統が好きな人には魅力的な花にいなります。

ガーデニングではランの花は欠かせない種類の植物ですが、たくさんあるランの花の中では、キンギアナムを選んでみるのも面白いです。また香りも良い花ですので、香りも楽しむことができます。花の数はひとつのキンギアナムに3個から10個付きます。その点も花を楽しむのには十分か数の花がつきます。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

花は冬の前後に開花しますので、花の少ない冬に咲く貴重な紫色の花になります。1月から4月ぐらいが開花気ですので、冬に咲く花としても育ててみると花の少ない冬でも楽しみが増えます。冬に咲く花ということで、選んでみるのもよいかもしれません。

キンギアナムの育て方・栽培に関連する無料素材

  • キンギアナム

    キンギアナム

    キンギアナムは控えめで清楚な花を咲かせる洋ランの仲間で、良い香りをさせるものもあるようです。ピン…

    1

    607

    215.95

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

カラスウリの育て…
カラスウリの育て方・栽培
どのような環境がもっともカラスウリの育て方へ適しているかですが、これは日当たりとなります。実を育てることを主目的とせず、緑のカーテンをメインとする場合、直射日光…

育て方ラボ 公式ページさん

8,524view
カロケファルスの…
カロケファルスの育て方・栽培
カロケファルスは、オーストラリアが原産となっているため、寒さに弱い性質があります。生育には、マイナス3度以上を必要とします。暑さも同様に嫌う傾向にあるので、日な…

育て方ラボ 公式ページさん

11,374view
コクリュウの育て…
コクリュウの育て方・栽培
コクリュウの場合には育てる環境の場所を特別に選ばなくても大丈夫です。特別に日当たりのいい場所など選ばずに、どこでも栽培することが出来ます。ただし、真夏の直射日光…

育て方ラボ 公式ページさん

4,095view
ヒポエステスの育…
ヒポエステスの育て方・栽培
ヒポエステスは、どちらかというと寒さに弱いですが真夏の暑さに耐えるため育てやすく、比較的栽培しやすい品種と言えます。育てる環境や育て方をしっかり理解していれば、…

育て方ラボ 公式ページさん

3,199view
スクテラリアの育…
スクテラリアの育て方・栽培
スクテラリアの栽培をするときの環境ですが、植木鉢か地植えかどちらが良いかがあります。冬越えをさせようとするなら地植えは難しくなります。ただしこの花は1年草として…

育て方ラボ 公式ページさん

2,403view
ブルンネラの育て…
ブルンネラの育て方・栽培
ブルンネラは、生息地が比較的寒い地域であるため、育てる環境は涼やかな場所が適しています。最もオススメしたい環境は、暑さが厳しくなる真夏には、日陰で管理して穏やか…

育て方ラボ 公式ページさん

2,421view
スイカズラの育て…
スイカズラの育て方・栽培
スイカズラの育て方ですが、繁殖力が旺盛で夏の暑さにも冬の寒さや雪にも強い植物ですのでガーデニング初心者でも比較的育てやすい植物です。日本では北海道南部より南であ…

育て方ラボ 公式ページさん

4,261view
ジューンベリーの…
ジューンベリーの育て方・栽培
太陽の光が当たりやすいところがジューンベリーが育つのに適した環境ですが、日陰でも明るいところであれば育ちます。ただし、光が当たるといっても西日がきついところは乾…

育て方ラボ 公式ページさん

4,048view