• 冬瓜の育て方・栽培

冬瓜の育て方・栽培

冬瓜の育て方・栽…

出典:育て方ラボ

育て方については、日当たりが良い場所、水はけが良い場所が好まれます。生育が旺盛なため、つるもどんどん伸びていきます。そのため広めに栽培しておくことが大切です。種付けに関して、種をまく場合は、種皮が厚く吸水しにくいこともあり、1昼夜水に浸してからまくとよいです。

トウガン(ミニトウガン)の育てる環境について

テキスト引用
トウガンの産地は愛知県、沖縄県、岡山県と言った地域の栽培量が多いのが特徴です。冬瓜と書くのは、冬場まで保存が出来ると言う意味を持つもので、旬としては夏場になります。お店などでは6月頃から9月頃にかけて店頭に並

栽培期間中の気温は15℃以下だと生育が低下するため気を付ける必要があります。定植時は18℃以上確保しておくことも大切です。寒い場合は、ビニールなどをかけておくとよいです。人工授粉をしなくても実になることが多いです。

最低気温が20℃以上であれば自然着果するため、見守っておくとよいです。開花後から30から50日頃で収穫時期となります。比較的育てやすい植物であるため、挑戦してみるとよいのではないでしょうか。株が長い期間もつため、2回目、3回目と収穫を続けることができるのは大きな魅力です。是非育ててみるとよいです。

あまり神経質にならなくても育つため、初心者でも育てやすいかもしれません。是非チャレンジしてみるとよいです。育ててみてよかったと感じることができるのではないでしょうか。小さいサイズのものを育てるのであれば、畑でなくてもコンテナで支柱を立てて育てることもできます。

つるをはわせることもできるため、安心して育てることができるので、とてもよいです。暑さをしのぐためのグリーンカーテンにもすることができます。育てやすいためチャレンジしてみるのもよいのではないでしょうか。

トウガン(ミニトウガン)の種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
トウガンやミニトウガンの育て方のポイントとして植え付け時期と収穫時期を知っておく必要が有ります。寒冷地においては5月の下旬から6月の下旬が植え付け時期で、収穫時期は8月上旬から9月下旬頃となり、中間地では5月

冬瓜は水分が多い植物だけに、乾燥を嫌います。しっかりと水やりをすることが大切です。生育初期には水切れがないようにチェックすることが大切です。成長し、つるが伸びてきたら、乾燥を防ぐために敷きわらを敷くとよいです。肥料は、冬瓜は肥料を好みます。植え付け2週間後と、実が太り始めた頃にあげるとよいです。

生育状況が悪ければ、果実が太ってからでもあげるとよいです。多すぎると、つるばかり伸び実がなりにくい状態になってしまうため、気を付けることが必要です。まめに、水分は足りているか、肥料の具合はどうかチェックしておくとよい実がなることにつながるのではないでしょうか。畑だと、肥料は、一度目は株と株の間に、二度目は畝の肩部にあげるとよいです。最初の肥料は控えめにし、様子を見ながら追加で肥料をあげるようにすると調整が効き、良い実がなります。日照が続くようなら、水やりを忘れないようにすることが大切です。

毎日チェックしておくと安心できるはずです。実は水分が多いため、良い実がなるように、水分を枯渇させないようにしておくと絶対によいです。1つのツルに実を2、3個収穫出来る事も有ります。そのためにはなお水分を必要とします。気を付けて水を与えるとよいです。毎日天気をチェックして、晴天が続くようであれば、なお水分が足りているか気を付けるとよいです。発芽までにも種が乾燥しないか注意する必要があります。種をまいた後も注意しておくことが大切です。

トウガン(ミニトウガン)の増やし方や害虫について

テキスト引用
発芽が行われるとツルが伸びて来る事になりますが、摘心においてはツルの状態を見て行うかそのままにしておくかを決める事になります。勢いよく伸びる親ツルが在る場合は、本葉が5~6枚の時に摘心をし、そうではない

冬瓜はアブラムシがわく場合が多いため注意することが大切です。殺虫剤を散布するとよいですが、身を食べる場合は、考えて散布することが大切です。使用上の注意をチェックし、実を食べても大丈夫か確認して散布することが大切です。

天然のものを使用してあるものだと、実を食べても安心できるはずです。しっかりとチェックしておくとよいです。また、アブラムシだけではなくウドンコ病やハダニが発生する場合もあるため、注意することが大切です。比較的害虫には強いほうですが、安心せずにこまめに様子を観察しておくとよいです。高温期になると特に注意が必要です。また、雨が多いと炭そ病が発生しやすいので注意しておくとよいです。

増やし方としては、第1雌花を実らせると、つるの伸びが悪くなるため、第2雌花以降を実になるまで育てるとよいです。果が大きくなり始めた頃に肥料を追加するのもポイントです。元気に実が大きくなっていくはずです。粉をふいたようになれば、収穫時期であるため、それまで見守っていくことが大切です。開花後45日程度たつと成熟した実となります。

表面の産毛が少なくなり、白っぽく粉をふいたようになるため視覚でもしっかりと確認できます。良い実がなるため、見守り、白っぽくなってきたら、そろそろ収穫かなと用意しておくとよいかもしれません。収穫して美味しく食べることができます。チェックして楽しみにじっくりと見守っていくとよいかもしれません。

トウガン(ミニトウガン)の歴史

テキスト引用
トウガンは漢字で書くと冬瓜と書きますが、冬の瓜と言う事からも旬が冬のように感じる人も多いものです。しかし、冬瓜と書く理由は、トウガン(ミニトウガン)が冬までもつ、冬まで保管が出来る事からも冬瓜と書くのだと

冬瓜は昔から日本に現存していました。日本への渡来は、約800年ぐらい前と伝えられています。古い書物にも名前が見られ、本草和名や延喜式にも記載されています。正倉院文書には冬瓜、鴨瓜の記載もあります。古くから食べられていました。

美味しさが昔から認識されていた証拠です。ウリ科に属する植物で、原産はインドや東南アジアが原産とされています。生息地としては、中国や朝鮮半島で、そこから日本に伝わり、栽培されるようになりました。冬瓜は、中国から伝わった言葉だそうで、とうぐわと発音されていたそうですが、現在はそれが変化してとうがんと呼ぶようになりました。

歴史を感じさせる逸話です。歴史を感じながら食べるとより美味しく食べることができるかもしれません。実だけではなく種も重宝されているようです。種は中国の薬物書に記載があります。中国最古の薬物書、神農本草経に経冬瓜子と書かれています。消炎、利尿などに効果があるとされ、現在は漢方薬のひとつとして利用されているそうです。昔も現代でも効力が認められ、実も種も重宝される素晴らしい食べ物です。昔から効力を発見され、今でも食べ続けられている貴重な食物ではないでしょうか。

是非食べてみると良いです。種がついたまま食べると体にもよいはずです。効力を感じて食べるとより美味しく食べることができるのではないでしょうか。食べてよかったと感じることができるはずです。松尾芭蕉も俳句に詠んでいるそうで、歴史を感じさせます。

トウガン(ミニトウガン)の特徴

テキスト引用
中国からトウガンは伝来されていたのですが、トウガンと言うのは、ウリ科のつる性一年草になります。別名、シブイやトウガ、カモウリとも呼ばれており、ウリ科のつる性一年草と言っても、実は大きくなると短径30cm、長径

冬瓜の特徴としては、水分が95%占めることでしょうか。水分がほとんどという食べ物も珍しいはずです。実は直径20センチから30センチ、長さが30センチから50センチくらいになります。かなり大きいため、一目見たら認識できるかもしれません。

ミニサイズでも2かなり大きいです。夏から秋に葉のわきに1個の花をつけますが、へちまの花に似ています。結実するものは少ないと言われています。冬の瓜と書きますが、旬を迎えるのは7月から9というのも面白いです。実の表面は、細いトゲに覆われるようになり、収穫時は軍手をはめて収穫することが普通です。収穫が遅れても、腐らないため安心して収穫ができます。保存がきくため、購入しておくと便利かもしれません。

2、3ヶ月は品質が落ちないとされています。気温の低い場所に保存すると種まきの直前まで食べることができます。保存食にもってこいです。利尿作用があるため、高血圧にはよいかもしれません。現在でも薬膳料理などで重宝されているのも納得できます。あっさりとした味わいであるため、食があまりすすまない悩みを持つ方にもおすすめの食べ物です。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

火を通しても歯ごたえが残るのも特徴です。体にも良い食べ物であるため積極的に食べてみるとよいです。昔から薬として効果があったということで、体によいことが証明されています。日持ちもするとくればいうことはありません。しっかりと食べてよい体を作るとよいです。

冬瓜の育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

シュスランの育て…
シュスランの育て方・栽培
シュスランを栽培するときの環境はあまり日当たりを好みません。かといって全く日差しがないところも良くありません。庭に置くときには1日を通して日当たりの良いところは…

育て方ラボ 公式ページさん

4,800view
よもぎの育て方・…
よもぎの育て方・栽培
よもぎは、大変育てやすく生命力が強い植物になっています。道端でも目にする事が出来るように、劣悪な環境の中でさえ、丈夫に育つ事が出来る植物です。特に日当たりが良い…

育て方ラボ 公式ページさん

18,134view
コクリュウの育て…
コクリュウの育て方・栽培
コクリュウの場合には育てる環境の場所を特別に選ばなくても大丈夫です。特別に日当たりのいい場所など選ばずに、どこでも栽培することが出来ます。ただし、真夏の直射日光…

育て方ラボ 公式ページさん

5,470view
シャガの育て方・…
シャガの育て方・栽培
栽培をするときの環境としては、開花の時期は4月から5月になります。花は決まった時期にしか咲きませんが、葉っぱ自体は1年間蓄えられた状態になります。日本では北海道…

育て方ラボ 公式ページさん

4,428view
キルタンサスの育…
キルタンサスの育て方・栽培
キルタンサスは南アフリカが生息地の植物です。冬に咲く球根の場合は、12月から2月が開花時期になります。そして夏に咲く品種の球根は、5月から8月に咲くと言う性質を…

育て方ラボ 公式ページさん

3,341view
ネフロレピスの育…
ネフロレピスの育て方・栽培
ネフロレピスを栽培するときの環境は日当たりよりも日陰が良いとされています。日当たりが苦手なわけではありませんが、直射日光などはあまり得意としませんそのために日陰…

育て方ラボ 公式ページさん

4,220view
ルナリアの育て方…
ルナリアの育て方・栽培
ルナリアは日当たりの良い場所でも半日陰の場所でも育てることが出来ます。寒さには強いですが反面暑さには弱いので、マイナス25度を越えると成長しなくなります。発育環…

育て方ラボ 公式ページさん

4,404view
チングルマの育て…
チングルマの育て方・栽培
チングルマを栽培するときの環境では日陰が良いか、日当たりが良いかです。高山植物としての性質も持つことから判断が難しいところでしょう。この花は草原に群生するタイプ…

育て方ラボ 公式ページさん

4,242view