• ヘリクリサムの育て方・栽培

ヘリクリサムの育て方・栽培

ヘリクリサムの育…

出典:育て方ラボ

葉全体に薄く毛が生えています。ですから触ったらやわらかく厚みがある植物です。その葉にたくさんの水分などをためることができるので、あまり湿度の高いところはあまりよくないです。それに蒸れてしまうこともあるので気をつけないといけないです。

ヘリクリサムの育てる環境について

テキスト引用
シルバーリーフの多くがそうであるように、このホワイトフェアリーも葉には全体に薄く毛が生えています。その為触ってみると柔らかく厚みがあります。つまり育て方としては湿気を嫌う種類になります。葉の内部に水分をため込

ですから庭など少し暗い場所などに植えたり、木の根元などに植えたりすると、風の通りが悪くなってしまいます。風の通りが悪くなってしまって、変色をしてしまったりするので、湿気を予防するためには、まずは株の中をすいて、株に風が通りやすい状態にしないといけないです。

ですからヘリクリサムは湿気のことを気をつけて育てることが大事になってきます。湿気を乗り切って夏を越せば株も大きくなっていきます。そして株が大きくなったらまた来年たくさんの花を咲かせてくれます。夏をしっかりと管理することによって、後は特に気をつけることがないので、安心して育てていくことができます。そして増やし方は、挿し木で簡単に増やしていくことができます。

夏が蒸れないようにすればいいので、少し寒い地域の場合は、比較的夏も軽く乗り越えることができたりするので、育てやすい環境になります。ヘリクリサムは蕾を花が咲くまで長い間楽しむことができます。そして、可愛い花を楽しむことができます。またドライフラワーも簡単にする事が出来るので楽しむことができます。花の時期以外のときには葉っぱがシルバーリーフなので葉で楽しむこともできます。

ヘリクリサムの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
シルバーリーフ全般、あまり湿気が得意ではありませんから、このヘリクリサムもできるだけ乾燥して育てます。湿気を避けるためには日当たりのいい場所に置くことが何より大切ですし、鉢植えの場合は鉢が乾燥したと思っても

ヘリクリサムの葉がシルバーリーフのものの場合は、葉に水を溜めてることが多いです。ですから土が乾いていても、水を溜め込んでることがあるので、あまりあたえすぎないようにしないといけないです。それにヘリクリサムは湿度に弱く、あまり水を与えすぎてしまうと枯れてしまうこともあるので、できるだけ乾燥をさせて育てます。

ですから湿気を避けるためにも、日当たりがいい場所におきます。植木鉢で水やりをする場合には、土が乾燥しているからといってまだ水を与えることをしないで、葉がしんなりしてきたら、水を上げるようにします。ですから水を与えるときには気をつけます。そして与えるときは、たっぷりの水を植木鉢からあふれるまで与えます。

鉢の底から出てくる水をすべて出し切った状態でまた育てていきます。そしてまた葉がしんなりしてから水を与えます。あまり頻繁に与えすぎないように、少し我慢して遅めに与えるほうが上手に育てるコツになります。土も種類も排水がいい水はけのいい土を利用するようにします。肥料を与えるタイミングは、株が大きくなろうとしているときに与えます。

ですから春から夏にかけて、月に一度のペースで与えます。ヘリクリサムは湿度以外は特に気をつけることがない植物です。ですから湿度を守ることができた場合には、育てやすいですし、毎年花を楽しむことができる植物になります。いろいろと工夫をして蒸れないように大事に育てていくといいです。

ヘリクリサムの増やし方や害虫について

テキスト引用
このホワイトフェアリーに限らずヘリクリサムという植物は容易に挿し木で増やすことができます。挿し木用の土に枝をさしておくだけで発根します。発根したらポットに植え替えてやると確実ですが、そのまま花壇の中で成長させることもできます

ヘリクリサムを増やす方法は、簡単で挿し木で増やすことができます。挿し木のための土にさしておくと発根します。発根をしたら今度は植え替えてあげたり、またそのまま花壇の中で育てることができます。ヘリクリサムは挿し木が比較的簡単にできる植物です。

7センチ程の挿し穂を用意して土に埋めます。ですから形を整えるついでに切り取った枝を挿しておけばいいです。挿し木を行なう時期は、5月ごろからと、また猛暑になる前の7月ごろが一番いい時期です。あまり時期については気をつける必要はないですが、真夏と真冬を避ければ挿し木をすることができます。そして挿し木を置いておく場所は、直射日光を避けておきます。発根をするまでには、涼しい場所においておきます。

害虫に対しては、特に害虫の被害にあうことはないですが、アブラムシなどには気をつけておくといいです。アブラムシはすぐに大量の数になってしまいます。ですから見つけたら早めに薬剤を使うなどをして対処をすることがおすすめです。何もしないで居ると、病気になる原因になったり、枯れてしまったところなどがあったりすると見た目もあまりよくないので早めに対処をします。

葉っぱや茎が密集している場合には、害虫なども発生しやすいです。それにヘリクリサムにもよくないです。ですから害虫予防のためにも、蒸れて枯れてしまうことを防ぐためにも、間引きをすることがおすすめです。風が茎と茎の間などに通りやすくしてあげます。そして種付けよりも挿し木がおすすめなので、間引きしたものを挿し木にしたりします。

ヘリクリサムの歴史

テキスト引用
ヘリクリサムという花は実はたくさん種類がある花です。一口にバラといっても種類がたくさんあるように、この花も同じ名前が付いていてもまるで違う花のように種類がたくさんあります。もちろんそれによって育て方も変わってきますし

ヘリクリサムという花は、たくさんの種類がある花です。そして同じような花の名前が付いてるのですが、まったく違った種類のものがたくさんあります。育て方は比較的簡単に育てることができるので、栽培をしやすい植物です。花の見た目は手で触るとかさかさと乾燥した花です。

原産はオーストラリアとなってることが多いです。生息地が日本にないので、あまり日本庭園などで生息はしていないです。しかし最近は洋風の家が増えてきたので、栽培をしている家庭も増えてきています。そして可愛い花ですし、葉っぱも楽しむことができるので、最近では育ててる方も増えている植物です。

可愛く小さな花なので、和風の家でも似合う花です。ヘリクリサムの特徴はさわり心地が珍しいです。ドライフラワーのような花が咲いてくれます。小さな花がたくさん咲いてくれるのでとても可愛いです。また葉っぱはシルバーリーフになっていて、毛が少し生えているような肌触りです。花が咲く前にとても可愛い蕾の状態になります。ですから蕾の時期から楽しむことができます。

そして蕾がしばらくしてから花になります。可愛い花が小さく咲くので、洋風の家のほかにも、和風の家でも飾ることもできます。育て方としては湿気を嫌う種類になるので、あまり過湿しすぎないようになっています。過湿をしすぎてしまうと、枯れてしまったり、大きく成長をしなかったりすることがありますので、育て方にはしっかりと注意をしないといけないです。

ヘリクリサムの特徴

テキスト引用
このヘリクリサム、ホワイトフェアリーの一番の特徴は何といってもその触り心地です。ドライフラワーかと思うような花がたくさん咲きます。葉はシルバーリーフで少し毛が生えたような触り心地です。丸く蕾の状態が初夏から始

ヘリクリサムの特徴というのは、普通の植物と違って珍しい肌触りです。ドライフラワーのような花がたくさん咲きます。葉はシルバーリーフで少し毛が生えたさわり心地が柔らかいです。蕾は初夏からはじまって長い期間で蕾から花になっていきます。

花が咲く前の蕾もとても可愛いです。ですから蕾の段階から花を楽しむことができます。ヘリクリサムは4月の中旬ぐらいからどんどん咲き始めます。そして4月の末ぐらいにはどんどん咲き終わってしまうので、期間が短いです。しかし期間が短い分まめに花殻を摘んでおくこと尾によって、次々と花を咲かせてくれます。短い期間しか花が持たないので、ドライフラワーとしても簡単にすることができます。

咲いている期間が短いヘリクリサムですので、ドライフラワーにして長い間楽しむのもおすすめです。そして生息ができる最低の気温は-10度です。ですから、かなり寒いところ意以外は野外で育てることができます。かなりの寒冷地の場合ならば家の中冬場は管理することもおすすめです。梅雨などや、梅雨以外の過湿が苦手なので、寒冷地でないと夏越しを行なうことができないです。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

ヘリクリサムは二年目以降はがっちりとした固い木のようになっています。そして寒い季節でも育てることが出来ることから、冬も年越しを行なうことができます。ヘリクリサムは単体でも花を楽しむことができますし、また寄せ植えなどに利用をすることもできて、見た目がかわいいです。

ヘリクリサムの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「ヘリクリサム」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

ジューンベリーの…
ジューンベリーの育て方・栽培
太陽の光が当たりやすいところがジューンベリーが育つのに適した環境ですが、日陰でも明るいところであれば育ちます。ただし、光が当たるといっても西日がきついところは乾…

育て方ラボ 公式ページさん

3,921view
アマドコロの育て…
アマドコロの育て方・栽培
アマドコロを栽培する環境として適しているのは半日陰になっているところです。直射日光があまり当たるところは好みません。日本でもそれほど暑いところではなく、山の中な…

育て方ラボ 公式ページさん

3,021view
ネフロレピスの育…
ネフロレピスの育て方・栽培
ネフロレピスを栽培するときの環境は日当たりよりも日陰が良いとされています。日当たりが苦手なわけではありませんが、直射日光などはあまり得意としませんそのために日陰…

育て方ラボ 公式ページさん

2,993view
オンファロデスの…
オンファロデスの育て方・栽培
オンファロデスを栽培するときの環境は種類によって大きく異なります。それぞれの種類を知っておかないと間違った環境で育ててしまうことになるので注意します。寒さには強…

育て方ラボ 公式ページさん

2,754view
スクテラリアの育…
スクテラリアの育て方・栽培
スクテラリアの栽培をするときの環境ですが、植木鉢か地植えかどちらが良いかがあります。冬越えをさせようとするなら地植えは難しくなります。ただしこの花は1年草として…

育て方ラボ 公式ページさん

2,335view
シュスランの育て…
シュスランの育て方・栽培
シュスランを栽培するときの環境はあまり日当たりを好みません。かといって全く日差しがないところも良くありません。庭に置くときには1日を通して日当たりの良いところは…

育て方ラボ 公式ページさん

3,468view
オオアラセイトウ…
オオアラセイトウの育て方・栽培
オオアラセイトウは、水はけがよく養分の多い土を好みます。もしオオアラセイトウを栽培するのであれば、できるだけ生息地に近い環境に近づけてあげましょう。育ち方は種を…

育て方ラボ 公式ページさん

2,350view
キャッサバの育て…
キャッサバの育て方・栽培
キャッサバは乾燥に強く、かなりの荒れ地でも栽培することができ、それに加えてとても栽培が簡単です。しかし、キャッサバは水はけのよい日なたを好んでおり、日光不足にな…

育て方ラボ 公式ページさん

9,654view