• モナデニウムの育て方・栽培

モナデニウムの育て方・栽培

モナデニウムの育…

出典:育て方ラボ

モナデニウムを育てる場合には、色々な特徴があるので、興味を持っている人も多く、インターネットでも体験談が多いので、自分が気に入ったモナデニウム属の植物が見つかったならば、その植物の体験談などを探してみると育てるヒントをたくさん得られます。

モナデニウムの育てる環境について

テキスト引用
モナデニウムは日当たりのいいところが好みの植物です。ですのでできるだけ日当たりがいい場所で保管することが大事になってきます。そしてモナデニウムは根張りが弱い植物です。ですので、冬の季節は断水をしたりしますが、

また、多肉植物の特徴も共通していますので、多肉植物の育て方も参考になります。モナデニウム属の場合には、生息地がアフリカのタンザニアなどですから、その地域で生息している場所が、どんな気候かも参考になります。そのほか重要なのが、育てる場所の環境です。案外その点を理解していなくて、育て方を調べたりすることが多いようです。その意味からもインターネットの体験談が参考に名あります。

例えば、同じ植物でも育て方が違っていて、その中のどれかを選ばないといけないような状態になったりします。その場合には、試行錯誤しながら、いちばん似た環境の体験談などを参考にすると良いかもしれません。住んでいる地域が近いとか、室内や庭の環境が似ているとかです。その方が一般的な育て方よりも効果的な場合もあります。

もちろん基本的な部分は重要で、その部分を理解したうえでいろいろ工夫しながら育てていくということが必要になります。基本的な部分は、簡単に調べられますので、あとは育てる環境に合わせ工夫や試行錯誤をして、最適な環境を選ぶということになります。最適な環境とはその植物が元気かどうかです。モナデニウム属の植物も、その点を注意して育てると良いかもしれません。

モナデニウムの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
モナデニウムの水やりに関しては、基本的には乾いたらたっぷりとした水を与えてあげます。あまりまだ乾いてない状態で与えすぎてしまうことだけは気をつけてあげるといいです。そして成長期の時はモナデニウムの場合は

モナデニウム属の植物を育てる場合には、共通しているのは一年を通して明るい場所を選ぶということです。原産地や生息地の環境が日当たりの良いところに自生しているからでしょう。また乾燥気味の気候でいえば日本の春や秋のようなところに育っているということですので、その環境が最適な環境ということ担います。果肉植物には共通していますが、苦手な環境ということでは酷暑と厳冬、湿気ということになります。

梅雨時などの湿気の多い時期は、日本人でも住みにくく体調を崩したりします。とくに湿気は何とかしてほしいというぐらいですが、植物も同じです。とくに乾燥地で育っている植物は、湿気で水分が多すぎたり、風通しが良くない環境では、ダメージが大きすぎるということになります。風通しが確保できない時には、扇風機などを使用するという方法もあります。小型の植物が多いので鉢植えで育てる場合も多いでしょうから、その時には、梅雨時など冷暖房や除湿、扇風機の風などを活用して、環境を良くしてあげるのも効果的です。

日光が好きな植物ということですが、あまりにも真夏の暑い日差しだと日焼けして葉の見た目が悪くなる場合もあるので、その点は注意が必要になります。果肉植物は光と水のバランスが重要ということですから、日当たりも気をつける必要があります。水やりも多すぎると根を痛めたりしますので注意します。水分を多く含んだ植物なので、根腐れなども起こさないようにバランスが重要になります。

モナデニウムの増やし方や害虫について

テキスト引用
モナデニウムはさし木にして増やすことが可能な植物です。大きくなってきてしまって、そろそろ切りそろえたいと思ったときにさし木にするといいです。時期的には6月ぐらいに行なうのがちょうどいい感じになっています。そして

増やし方ということでは、種付けよりも挿し木や挿し芽、接木などの方が容易に増やすことができます。もともと体内に水分を確保している植物ですから容易になるということです。乾燥した土地では、固体内に繁殖が容易なシステムがないと繁殖が難しくなります。特に水分は常用です。中には葉が落ちたところから値が張り成長する種類もあるほどです。ですので、挿し木や挿し芽、接木などでは、増える準備が整えられているということで、繁殖が容易になるということになります。

またそのままにしておいても自然に増えていったりしますので、ガーデニングなどの初心者には優しい植物ということになります。また風投資も病害虫対策では重要です。カイガラムシなどが発生する場合がありますが、だいたいは風通しが悪く、水分量のバランスが悪い湿度が多いような状態で被害にあいます。ですので、日当たり、水やり、風通しが非常に大切な植物です。水やりは土が乾いてからたっぷり与えて、根腐れが起きないように観察しながら行うと安心できます。

また季節ごとの水やりの対応も重要です。冬の季節になってきたときには水やりも少なくして断水気味にします。完全に断水をすると枯れてしまいので、様子を見ながら水も与えます。肥料は少な目で大丈夫ですが、栄養が不足しないくらいに薄めた液肥を与えるようにします。とても興味深い植物ですので、いろいろ工夫をしてみて育ててみる楽しみを味わうことができます。

モナデニウムの歴史

テキスト引用
モナデニウムは日当たりのいいところで栽培をします。そして育て方は土が乾いたらたっぷりの水を与えてあげます。塊根タイプの植物でケニア周辺が主な原産地になっていて、暖かい場所で育っている植物になっています。標高

ガーデニングなどの園芸では、珍しい植物に惹かれて興味を持ったり、育てやすい植物を育てているうちに、もっと刺激的な植物を育ててみたいということで、変わった植物を育てることになったりします。珍しい一度は育ててみたい植物に多肉植物があります。サボテンに似ていますが、葉に水分を溜めて肉厚になっている植物です。アロエなどが有名ですが、珍しい植物としてはモナデニウムがあります。

一目見ただけで、興味が湧いてくる植物ですが、幻想的な色合いの小型の植物です。原産地はタンザニアで砂質土壌の土地に自生しています。標高が400から1,500mぐらいのところに生息しているということです。多肉植物はサボテン科も含まれていますが、砂漠や海岸のような乾燥した土地に自生している植物が多いようです。水分を溜めるために構造上珍しい形になっているということですが、その姿がとても魅力的で、自分で育ててみたいという気持ちにさせます。最近はインターネットの通販があり、色々な珍しい植物でも簡単に安価に購入できますので、それらの果肉植物を育ててみるのも面白いかもしれません。

ガーデニングをしていなくても、果肉植物は自室でインテリアとしても面白いので、育ててみたいと興味を持ってしまいます。モナデニウムもその中の一種類ですが、色々な種類がありますから、室内での園芸の趣味としても楽しめます。サボテンなども代表的な室内で育てる植物ですので、初心者でも簡単に育てることができますので試してみると良いかもしれません。

モナデニウムの特徴

テキスト引用
モナデニウムは日当たりがいい環境で育てます。一年中日当たりのいいところに置いておくのがよくて、また風通しのいいところで育てるのがいいです。だから日の光を浴びて育っているのかどうかによって、成長がかなり

モナデニウムの特徴としては、多肉植物ということですが、水分を溜めるためには水分を吸収して逃さないようにしないといけないので角皮で多い、水分の蒸発を防いでいます。モナデニウムは、トウダイグサ科モナデニウム属ということで、タンザニア、ザンビアに生息地があります。そのあたりが原産地です。

多肉植物では、日光が非常に重要になります。ですので、置き場所も1年を通じて、日光がよく当たるところを選ぶ必要があります。日光が当たらないところだと、弱々しく成長してしまうということになります。また、風通しが悪いと害虫などの被害も出てきますので注意が必要です。光と水のバランスが重要なので、栽培では育て方として、その点を注意します。水が多すぎると根腐れを起こしますし、光が足りないと生育が弱々しくなるという感じです。

モナデニウムは、色々な種類があり、モナデニウム・エキヌラーツム、モナデニウム・グロボーサム、モナデニウム・リチェイなど、それぞれ独特の形をしていて、本当の同じ種類なのかと疑ってしまうほどです。また、ウダイグサ科ユーフォルビア属とも近縁種で関係が深いので、育て方でも参考になります。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

最近では似ているということで、同じ属に含めるという動きもあるほどです。両方合わせると、園芸用だけでもけっこう色々な種類を楽しめるので、それらを集めて育ててみるのも面白そうです。多肉植物という範囲で育ててみるのも今日海深いですが、初心者が入る入り口としても良いかもしれません。

モナデニウムの育て方・栽培に関連する無料素材

「モナデニウム」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

カラスウリの育て…
カラスウリの育て方・栽培
どのような環境がもっともカラスウリの育て方へ適しているかですが、これは日当たりとなります。実を育てることを主目的とせず、緑のカーテンをメインとする場合、直射日光…

育て方ラボ 公式ページさん

14,573view
ヒポエステスの育…
ヒポエステスの育て方・栽培
ヒポエステスは、どちらかというと寒さに弱いですが真夏の暑さに耐えるため育てやすく、比較的栽培しやすい品種と言えます。育てる環境や育て方をしっかり理解していれば、…

育て方ラボ 公式ページさん

7,032view
オオアラセイトウ…
オオアラセイトウの育て方・栽培
オオアラセイトウは、水はけがよく養分の多い土を好みます。もしオオアラセイトウを栽培するのであれば、できるだけ生息地に近い環境に近づけてあげましょう。育ち方は種を…

育て方ラボ 公式ページさん

5,127view
シュスランの育て…
シュスランの育て方・栽培
シュスランを栽培するときの環境はあまり日当たりを好みません。かといって全く日差しがないところも良くありません。庭に置くときには1日を通して日当たりの良いところは…

育て方ラボ 公式ページさん

7,860view
シャガの育て方・…
シャガの育て方・栽培
栽培をするときの環境としては、開花の時期は4月から5月になります。花は決まった時期にしか咲きませんが、葉っぱ自体は1年間蓄えられた状態になります。日本では北海道…

育て方ラボ 公式ページさん

6,831view
ヤナギランの育て…
ヤナギランの育て方・栽培
このヤナギランは分布としては、ヨーロッパやアジアなどの北半球を中心に咲いている植物です。温帯地域に咲いている植物ですが、それだけではなく寒冷地などでも見る事が出…

育て方ラボ 公式ページさん

6,883view
キルタンサスの育…
キルタンサスの育て方・栽培
キルタンサスは南アフリカが生息地の植物です。冬に咲く球根の場合は、12月から2月が開花時期になります。そして夏に咲く品種の球根は、5月から8月に咲くと言う性質を…

育て方ラボ 公式ページさん

5,164view
スイカズラの育て…
スイカズラの育て方・栽培
スイカズラの育て方ですが、繁殖力が旺盛で夏の暑さにも冬の寒さや雪にも強い植物ですのでガーデニング初心者でも比較的育てやすい植物です。日本では北海道南部より南であ…

育て方ラボ 公式ページさん

10,157view