• ヒペリカムの育て方・栽培

ヒペリカムの育て方・栽培

ヒペリカムの育て…

出典:育て方ラボ

ヒペリカムは比較的どのような環境でも適合し、育て方も簡単な育てやすい植物だと言えます。育てる環境は、お庭などに地植えすることも鉢植えなどで育てることも可能ですが、成長しやすい特徴があるので、できるだけ大きな鉢植えに植えるか地植えがオススメでしょう。

ヒペリカムの育て方

テキスト引用
ヒペリカムは丈夫なため、やや悪い条件でも育ってくれるため公園などの公共の場でもよく植えられています。品種によっては鉢植えでも育てることが可能ですが、成長が旺盛なため庭植えにして育てた方がいきいきと育ちます。切

切り花の茎の部分を挿し木して増やすことも出来る事からも生命力の高さがうかがえます。ただし、スクスクと成長させるためには、日当たりの良さが必須条件です。日向か、日陰でも明るい日陰を選ぶようにしましょう。花の色の良さや花付き、実の色の良さや実付きをよくするためには、日光がなくてはなりません。

また花が咲く前には適度な肥料が必要な場合もあります。その時は、液体肥料を一ヶ月に1回か2回与えましょう。使う土には、酸性で水を含む性質を持ち、さらに水はけの良いものを選ぶようにしましょう。新しい用土ではなく、使っている用土を使う場合には、腐葉土や堆肥をまぜて使うようにすると良いです。

植える時期は、春頃が良く4月までには行います。それを超えると、梅雨や暑い夏に突入しますので、暑さが弱まるのを待って9月、10月頃が適しています。剪定を行う場合には、3月を目安に行います。形を整えるために、必要のない枝を切り落としましょう。剪定を行うことで、風通しが良くなり害虫が付きにくく、病気にもなりにくくなります。ただし、切りすぎると花付きや実付きが悪くなりますので十分注意して行いましょう。

栽培中に注意したいこと

テキスト引用
ヒペリカムは乾燥に若干弱い面があります。枯れる原因としては日照不足というよりは水不足に原因があることが多いです。極端な水切れによって、葉がちりちりになってしまうことがあります。注意したい病気にさび

ヒペリカムの水やりについては、それほど注意する必要がありません。庭植えや地植えをしている場合には、特に定期的に水やりをする必要はありませんので、全く手がかかりません。ヒペリカムの鉢植えの場合には、土が乾いたらたっぷりと水やりを行います。また8月などの特に暑い季節には、一日に一回は水やりをしてください。また水を与えるときは鉢底から溢れるくらいたっぷりと与える必要があります。

ただし、水が腐る原因になりますので、受け皿に溜まった水はすぐに捨てるように心掛けましょう。冬には、水やりを3日に一度くらいのペースに減らしましょう。ヒペリカムへの肥料は、成長期前である3月と花が終って栄養分が必要になる9月の終わり頃に緩効性肥料を与えましょう。油かすも有効です。ヒペリカムの種付けの他には、挿し木などの方法も有効です。種を取るためには、熟した実を選び割って取り出します。

保管には、玉葱用の土、赤玉土に蒔いて乾燥を防ぎます。挿し木には、成長した枝を10センチにカットして、葉を3枚ほど残してコップに水をくみ、一時間付けておきます。そのまま挿し木することも出来ますが、「植物成長調整剤」を付けると根が出やすくなります。挿し木の場合も乾燥しないように、玉葱用の土や赤玉土を使って乾燥を防いで管理しましょう。栽培しているものからだけでなく、切り花から挿し木も出来るので、増やすことも気軽に楽しめるのもヒペリカムの大きな特徴です。

ヒペリカムの増やし方

テキスト引用
ヒペリカムは種付けを行うほかにも挿し木で簡単に増やせます。種を採取する場合には充分に熟してこげ茶色になった実を割って出す必要があります。たねまき用の土か小粒の赤玉土にまいて乾かさないように日陰で

ヒペリカムはとても丈夫で育てやすい植物ですが、害虫被害や病気がないという訳ではありません。この植物に付きやすい害虫は、「カイガラムシ」でしょう。カイガラムシは体が貝殻のように硬く、殺虫剤などが効きにくい特性があります。そのため、成虫になる前に見つけ出し、駆除することが必要です。成虫になってしまってから気がついた場合には、小さなブラシで擦り落しましょう。数え切れないほど発見した場合には、枝ごと切り落とすのも良いです。

さらにかかりやすい病気に、「サビ病」があります。このサビ病は、あまり大きくならない品種のヒペリカムや、弱ってしまった株などがかかりやすい病気です。また梅雨などは特に気をつけなければならない時期でもあります。茎や葉っぱに茶色の斑点がみつかったと思ったらそのまま枯れてしまいます。対処法としては、薬を塗り斑点のある葉を取り除くことが有効です。ただし、生育に影響のない程度にとどめておきましょう。また丈夫で育てやすい植物ですが、乾燥には弱いという部分もありますので、水切れには十分注意しましょう。

増やし方は、挿し木や種からの栽培があります。種は実を割って取り出し、挿し木は枝を10センチ程度切り取ります。保存には、乾燥しないために赤玉土などを利用しましょう。ヒペリカムは花が咲いて、実が付きその後に葉はすべて落ちますが、春にはまた芽吹いてくるというとても趣があり、一年を通して楽しむことが出来る植物だと言えるでしょう。

ヒペリカムの歴史

テキスト引用
ヒペリカムの原産地は中国で、中央アジアや地中海沿岸を主な生息地としています。もともとは中国大陸の草地や山の中に自生している植物です。ヒペリカムの仲間にビヨウヤナギやキンシバイがあり、オトギリソウ科のオトギリソウ

ヒペリカムの生息地は中央アジア、それに地中海沿岸などですが原産は主に中国だと言われています。中国大陸の山や草原などに自生している植物です。「ビヨウヤナギ」「キンシバイ」などはヒペリカムと同じ仲間で、世界中で数え上げられる種類は400種を超えています。この植物たちはオトギリソウ科およびオトギリソウ属で総称がヒペリカムと呼ばれています。ヒペリカムの歴史は、中国から江戸時代に伝わったとされています。

しかし日本古来でも「オトギリソウ」や「トモエソウ」といった植物が自生しており、薬草などに利用されてきた歴史があります。このオトギリソウは、薬草として利用されている背景から、この名前が付けられたとしています。オトギリソウには別名「チドメグサ」「タカノキズグスリ」などと呼ばれており、兄が弟をおもい、切り傷に薬草と付けたことからという一節も残っています。

薬草という利用方法がある一方で、植物に含まれるヒペリシンと呼ばれる物質により皮膚に炎症を起こさせるという危険性もありますので利用には十分注意しましょう。さらに古い時代の平安期にはオトギリソウを使用した秘薬の製造方法を、他者に教えたという理由で、兄に切られたという一節もありますので、日本国内にはまだまだ諸説ありそうです。近年では、ケニア・南アフリカ・イスラエル・オランダ・イタリア・ニュージーランドなどで広く栽培されており、輸入による入荷が増加しつつあります。

ヒペリカムの特徴

テキスト引用
ヒペリカムは春から秋の長期間にわたって花と実を楽しむことができ、観賞価値が高い多年生の低木です。庭木にしたり、グラウンドカバーとして利用したり、株がそれほど大きくならないため狭い場所でも栽培できます。どの種類

ヒペリカムは3月.4月頃から秋口まで楽しめる植物です。黄色い小さな可愛らしい花を付けた後、真っ赤な愛らしい実を付けます。長く楽しめる植物であることから、お庭を飾ったりグランドカバーにも人気があります。高さが最大でも1メートルほどで縦にも横にもそれほど大きくならない性質であるため、場所を取ることなく育てられるのも人気の秘密と言えるでしょう。

あまり背が高くならずに横広がりになるタイプの「カリキヌム」や「キンシバイ」、上部で育てやすい「ヒドコード」、キンシバイなどと交配がなされ小さく改良された「トリカラ―」、また実がこぶりでふっさりしている「エルステッド」などが人気です。

ヒペリカムは数年前からお花屋さんやディスプレイにはかかすことのできない植物となっています。真っ赤な実を付けたヒペリカムは洋風にも和風にもアレンジすることが出来るので、広く目にする機会が増えていると言えるでしょう。また真っ赤な実の他にもブラウン系の実やほんのり桜色をしたピンクの実などもあり、アレンジの幅も広がります。茎は真っ直ぐに伸び、葉はレモン型のしっかりとした肉厚なタイプで二枚ずつ相対しています。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

切り花として飾った場合にも、水揚げがよくとても長く鑑賞することが出来ます。基本的には、花を見るというよりは実を鑑賞するタイプの植物でしょう。切り花として飾った後に、残った茎の部分を土にさして挿し木をするだけで、芽が出ることもありますので興味を持たれた方は試してみるのもオススメです。

ヒペリカムの育て方・栽培に関連する無料素材

  • ヒペリカム

    ヒペリカム

    ヒペリカムの写真です。赤い実が特徴的です。美味しそうに見えます。花は派手な感じで開き方も豪快です…

    1

    1,214

    428.4

「ヒペリカム」に一致する育て方

  • ヒペリカム

    ヒペリカム

    黄色い花も、フラワーアレンジメントの花材…

    2,066

    0

  • キンシバイ

    キンシバイ

    6月、梅雨の時期も含め夏の初めに鮮やかな…

    1,865

    0

「ヒペリカム」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

レモングラスの育…
レモングラスの育て方・栽培
レモングラスは高温多湿な場所を好む性質があります。日本で育てる場合、一部の地域を覗いては、冬になったら室内に入れて育てる必要があります。日当たりの良い場所を好み…

育て方ラボ 公式ページさん

5,420view
エンレイソウの育…
エンレイソウの育て方・栽培
エンレイソウを栽培するときの環境として日当たりが良いとされています。春に芽が出てきてその後に花が咲きます。この時には日当たりを選んでおくようにします。花が咲いた…

育て方ラボ 公式ページさん

4,343view
ウェストリンギア…
ウェストリンギアの育て方・栽培
ウェストリンギアを栽培する上での環境として湿気を与えないことが挙げられます。暑いところが原産の植物なので日本の暑さでもそれほど問題なく成長してくれます。ただオー…

育て方ラボ 公式ページさん

15,319view
ガウラの育て方・…
ガウラの育て方・栽培
ガウラを栽培するときに考えておく環境です。この花はそれほど難しい花とされません。栽培をするつもりでなくてもどこからか種が飛んできて自然に生えることもあります。雑…

育て方ラボ 公式ページさん

6,057view
タマシャジンの育…
タマシャジンの育て方・栽培
タマシャジンの育て方は簡単な部類に入ります。その育成環境についてですが、高山植物には珍しく、暑さに比較的強いという特徴を持っています。そのため、1年を通して日当…

育て方ラボ 公式ページさん

4,844view
ワトソニアの育て…
ワトソニアの育て方・栽培
ワトソニアを栽培するにあたっての環境は秋に植え付けをして管理をしていくことになります。10月から11月ぐらいになるので一般的には日当たりの良い場所を用意すると良…

育て方ラボ 公式ページさん

4,757view
シャガの育て方・…
シャガの育て方・栽培
栽培をするときの環境としては、開花の時期は4月から5月になります。花は決まった時期にしか咲きませんが、葉っぱ自体は1年間蓄えられた状態になります。日本では北海道…

育て方ラボ 公式ページさん

6,216view
フッキソウの育て…
フッキソウの育て方・栽培
フッキソウは幅広い範囲で生息している植物です。北海道から九州まで日本全国いろんなところに分布しています。実際に育てているものもありますが、山の中や林の中などに勝…

育て方ラボ 公式ページさん

4,821view