• ゼラニウムの育て方・栽培

ゼラニウムの育て方・栽培

ゼラニウムの育て…

出典:育て方ラボ

ゼラニウムは一般的な植物であまり経験のない初心者の方でも育てやすい植物です。そして極端な暑さや寒さなどに以外には強いので、あまり育て方を気にしないで楽しみながら育てることができます。ゼラニウムは乾燥気味なヨーロッパなどの窓辺に飾られているのが有名です。

アイビーゼラニウムの育てる環境について

テキスト引用
アイビーゼラニウムの育て方は比較的に容易です。鉢植えやプランターで育てられます。住まいの開口部である窓辺に設置すると、害虫に対する忌避効果を発揮してくれます。吊るすタイプの鉢植えやプランターを使用して栽培すれば、

窓辺の花として人気があります。環境が整えば長い時期花の開花を楽しむことができますし、花の種類も豊富ですが、葉の模様などもさまざまです。ですからずっと楽しむことができるのがゼラニウムのいいところです。かなり乾燥をしても元気なゼラニウムです。ですから多少水をやり忘れてしまったとしても気にすることはないです。

少し乾燥気味で育ててあげるほうがいいです。ですから土が乾いてきて、乾燥してきたら植木鉢の底からあふれてくるぐらいたっぷりとした水を与えてあげます。そしてまた土が乾燥してきたら水を与えるのくり返しです。乾燥気味にして過酷な場所でも元気にきれいな花を咲かせてくれるので、植木鉢やプランターで栽培をするのも可能ですし、ベランダなどあまり雨のかからない場所でも元気に育ってくれます。

しかし霜に当たってしまったりすると枯れてしまうことがあります。ですから冬越しをしたいとなった場合には、冬場は霜に当たらないように移動させてあげることが大事です。しっかりと水やりや栄養の管理をしていると、長い時期あまり手をかけなくても楽しむことができる丈夫な植物です。初心者の方でも十分楽しめる植物です。

アイビーゼラニウムの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
アイビーゼラニウムは高温多湿が苦手ですから、土の表面が乾燥してきたら水やりをするようにしましょう。水やりのポイントは、たっぷりと与えることです。鉢植えやプランターであれば、たっぷりと水を与えて、余分な水は下へ

ゼラニウムは初心者の方にとてもぴったりの植物です。そして真夏と真冬以外は花を咲かせてくれますし、かおりなどもあるので、ハーブとしての効果もあります。それに蚊が嫌がるにおいとしても流行っているので、玄関先などに飾っている家庭も多いです。そして葉っぱも柄がある種類などもあるので、葉に柄があるものはカラーリーフとしての役割もはたしています。一年中楽しむことができる植物です。ゼラニウムの水やりは過湿だけは控えます。

過湿になってしまうと、根が腐ってしまったりします。ゼラニウムは乾燥しすぎているほうが大きく育ってくれます。過湿どうか解りにくい場合は、水やりを控えてあげるといいです。そして水を与えるときには、たっぷりと鉢植えの底から水が滴り落ちるぐらい与えて、鉢植えの中の土に水をしっかりといきわたらせます。そしてまたしばらくは水をあげるのを控えて、乾燥してきたらたっぷりとした水をあたえます。そして肥料に関しては、基本的に水溶の肥料を与えるよりも置き肥料のほうがいいです。そして生育が盛んになってくる、早春から初夏と、秋に追肥をします。

追肥をするのは成長させるためです。しかし花の咲く時期などには、肥料を与えてしまうと、茎が柔らかくなって倒れやすくなってしまいます。ですから花の咲く時期には肥料をあまり与えないように気をつけないといけないです。そして長く花の季節を楽しむためにも、花のない成長期にはたっぷりと肥料を与えて成長させます。

アイビーゼラニウムの増やし方や害虫について

テキスト引用
アイビーゼラニウムは、茎を剪定して水に挿しておくことで容易に発根しますので、簡単に増やせます。茎を切るときは、脇芽として新芽が出ている真上の辺りが狙い目です。すると剪定されて残った茎からは、脇芽が大きく成長しますので

ゼラニウムの増やし方は簡単です。基本的に種付けに適してる時期は5月ごろです。梅雨に入る前に終らせておくことがおすすめです。そして種付けするためには、気温も大事で、少し暖かくなってきた20度以上のときにおこないます。また種付けも出来ますが、挿し木でも簡単に増やすことができます。形を整えるためにきったもので挿し木などをすることができます。初心者の方などは挿し木を行なうことによって増やすことができるのでおすすめです。

増やすのもいいですが、いろんな色のゼラニウムがあるので、種類を増やしていろんなカラフルな色を楽しむのもおすすめです。カラフルな色の苗を楽しみたいときには、苗や鉢は一般的な園芸店で入手できます。そしていろんな色のものを寄せ植えするのもおすすめです。また害虫や病気に関しては、病気は茎腐れが発生することがあります。もし発生してしまった場合には、茎が腐って色が変ってしまいますので、茎の下のほうからばっさりと切り落とすしかないです。

しっかりと切り落として処理をします。また害虫などは、葉などついたりすることが多いです。もしついてしまった場合には殺虫剤で処理をしたり、じめじめしないようにからっとした状態を保つことが大事です。それに葉っぱに虫がついてる場合は、水で洗い流したりします。種付けに適した時期は5月頃です。種付けするために必要な温度は20度から23度です。種付け以外にも挿し木をすることができ、簡単に増やせます。

アイビーゼラニウムの歴史

テキスト引用
アイビーゼラニウムは南アフリカのケープ地方原産の植物です。科名はフウロソウ科で、テンジクアオイ属です。テンジクアオイ属はペラルゴニウム属とも呼称されています。和名はツタバゼラニウムです。もともとは南アフリカの

ゼラニウムはきれいな花を咲かせてくれます。比較的暑い時期にも元気に咲いてくれるので、夏の貴重な花になります。またゼラニウムは育て方も簡単で日本の細微にも適しています。種付けも比較的簡単に行なうことができます。ゼラニウム原産は南アフリカです。そして南アフリカを中心としてオーストラリアや中東など広い範囲に生息地があります。暑いところでも元気に育つのでいろんなところで生息しています。

そしてゼラニウムは二種類に分類されていて、ゼラニウム属とペラルゴニウム属です。ゼラニウム属とペラルゴニウム属のうち一般的にゼラニウムという形で一般的な家庭で普及しているものは、ペラルゴニウム属です。そして昭和のはじめ頃には、珍しい植物だったので、取引なども高額でしたが、今では一般的になっていて、その上花の種類も豊富になってきています。そして今では購入しやすい花で、いろいろな花を組み合わせて楽しんだり、単体で楽しんだりすることもできます。

初心者の方でも育てやすい植物なのでとても人気の種類になっています。ゼラニウムは植物の中でも厚さに強い植物です。そしてベランダなどで育てるにも適しています。管理も簡単に行なうことができるので、夏は植物の種類が減ってしまうので、植物が減ったときに寄せ植えなどに活用することができる植物です。また寄せ植え以外にも、ハンギングなどを楽しむのにも使うことができる植物ですので、さまざまな方法で楽しむことができます。

アイビーゼラニウムの特徴

テキスト引用
アイビーゼラニウムは、原産地である南アフリカや、品種改良されて広まった代表的な生息地であるヨーロッパのように、緯度が高くて涼しい地域でも栽培が盛んなのですが、耐寒性は決して強いとは言えないのが特徴です。

ゼラニウムは全世界にたくさんの種類があります。そしてさまざまな種類の中でも一般的に暑さに強く丈夫です。そしてベランダなど環境として育てにくい場所でも元気に育ってくれます。そしてゼラニウムは一年草のものや多年草のものなど、また低木などさまざまな種類になっています。

ですから自分の好みのものを育てるといいです。花の色などもさまざまなものがあって、大まかに赤やピンクや白などがあります。そして花の形は、一重咲きの他に八重咲きのものなどいろいろな形を楽しむことができて、バラのような形のものや、カーネーションのような形のものなどがあっていろいろと楽しむことができます。またにおいがあるものもあります。甘い香りのあるものや、また蚊が嫌うにおいのものなどがあって、ハーブのような扱いをしたりするものもあります。

においなども楽しみながら育てることが可能です。多年草の場合は、また冬を越して新しい季節に花を咲かせてくれるので、大切に育てるといいです。ですから一年を通して日当たりのいい環境のところで育てることがおすすめです。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

そして風通しのいいところで、日当たりのいいところにおきます。しかし真夏の西日などかなりきつい日差しは避けるようにするほうがいいです。また花の時期に雨が降り続いてしまうと、花が痛んでしまいます。ですから花が痛んでしまわないように、雨が続く時期などは、雨のかからない場所に移動させることがおすすめです。

ゼラニウムの育て方・栽培に関連する無料素材

「ゼラニウム」に一致する育て方

  • ゼラニウム

    ゼラニウム

    ゼラニウムの育て方を紹介します。ゼラニウ…

    2,197

    0

  • ゼラニウム

    ゼラニウム

    画像は「栄養系」とよばれる品種でゼラニウ…

    1,656

    0

「ゼラニウム」に一致する植物写真

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

オンファロデスの…
オンファロデスの育て方・栽培
オンファロデスを栽培するときの環境は種類によって大きく異なります。それぞれの種類を知っておかないと間違った環境で育ててしまうことになるので注意します。寒さには強…

育て方ラボ 公式ページさん

5,906view
ワトソニアの育て…
ワトソニアの育て方・栽培
ワトソニアを栽培するにあたっての環境は秋に植え付けをして管理をしていくことになります。10月から11月ぐらいになるので一般的には日当たりの良い場所を用意すると良…

育て方ラボ 公式ページさん

5,493view
オオアラセイトウ…
オオアラセイトウの育て方・栽培
オオアラセイトウは、水はけがよく養分の多い土を好みます。もしオオアラセイトウを栽培するのであれば、できるだけ生息地に近い環境に近づけてあげましょう。育ち方は種を…

育て方ラボ 公式ページさん

5,217view
ミッキーマウスの…
ミッキーマウスの木の育て方・栽培
この木はどのような育て方が適しているのでしょうか。もともとの生息地が南アフリカであるため、特徴として、日当りの良い場所での栽培が適しています。また、直射日光など…

育て方ラボ 公式ページさん

34,348view
レモングラスの育…
レモングラスの育て方・栽培
レモングラスは高温多湿な場所を好む性質があります。日本で育てる場合、一部の地域を覗いては、冬になったら室内に入れて育てる必要があります。日当たりの良い場所を好み…

育て方ラボ 公式ページさん

6,105view
ツタの育て方・栽…
ツタの育て方・栽培
ツタの栽培をするための環境としては日光があるところです。建物の壁にどんどん張り付いて広がっていきますが、これは日光をどんどん浴びたいからでもあります。壁一面に広…

育て方ラボ 公式ページさん

26,049view
ウェストリンギア…
ウェストリンギアの育て方・栽培
ウェストリンギアを栽培する上での環境として湿気を与えないことが挙げられます。暑いところが原産の植物なので日本の暑さでもそれほど問題なく成長してくれます。ただオー…

育て方ラボ 公式ページさん

16,243view
グレコマの育て方…
グレコマの育て方・栽培
グレコマはとても強い植物です。育て方も難しくなく、誰でも簡単に育てることができます。それに寄せ植えなどにも適してるので、初心者の方などは、グレコマと組み合わせる…

育て方ラボ 公式ページさん

6,470view