• コロカシアの育て方・栽培

コロカシアの育て方・栽培

コロカシアの育て…

出典:育て方ラボ

コロカシアの育て方・栽培のまとめです。コロカシアの育てる環境としては、日陰でも育ちますが、日当たりの良い水はけの良い環境で育てると良く育ちます。日当たりが良いと黒くなっていきますし、日陰で育てると濃い緑で育てることができます。

コロカシアの育て方

テキスト引用
コロカシアは日陰でも育ちますが、できるだけ日当たりの良い場所で育てるのがベストです。葉の色は日当たりによって変わってくるので黒くしたい場合は直射日光がよくあたる場所に、緑色にしたければ日当たりがあまり良くない

できるだけ日当たりの良いところがベストですが、日陰だと色もですが、育ち方が弱々しくなってしまうということもあるので、鉢植えなどで、育てる場所を移動できるようにした方が、育て方も簡単で健康的に育てられます。用土はよく肥えた土を利用します。

また、水はけもよい土を用意します。生育旺盛も旺盛な植物なので、鉢植えだと根詰まりを起こしやすくなりますから、1年に1度は植え替えをします。水性植物ですので、栽培のポイントは水やりになります。水分を絶やさないようにたっぷりと水を与える必要があります。日当たりと水やりがとくに重要な観葉植物がコロカシアです。とくに生育期には水が欠かせませんので乾燥させないように水を与えます。

たっぷりと水を与えるという感じで水やりをすべき植物です。日本の場合には、海外の原産の植物には厳しいですが、コロカシアの場合には、日本の湿気は問題ないので、土が乾かないように夏は朝と夕二度水やりをします。冬の場合には、乾燥気味でよいですが、あまり乾燥してしまうと枯れてしまうので、適度に乾燥しないように、水を与えすぎないように水やりを行います。葉が大きな植物ですので、観賞用に葉の光沢を出すようにすると見た目もよくなります。とくにホコリが付きやすいので注意をします。

栽培する上での注意はある?

テキスト引用
コロカシアは水が大好きな植物ではありますが、やり過ぎはやはりだめで根腐れを起こしてしまう可能性が出てきます。鉢土が湿っているにも関わらず、葉が垂れてしまっている場合は根腐れの可能性がありますので鉢から

コロカシアを育てる場合には、日当たりの良いところに、水やりを十分行うということが、基本的な育て方になります。水やりは、春から秋にかけてと、冬とは違ってきますので、その点も注意をしながら育てます。肥料は生育期に与えますが、緩効性の化成肥料を2か月ごとに与えるようにすると効果的です。液体肥料も時々与えると生育が良くなります。耐寒性もあるので、暖かい地方であれば地植えでも育てることができます。生命力の強い植物ですので、育ち方も早くなります。

そのため植え替えも重要になりますが、時期としては4月から5月頃で、根詰まりをしているようでしたら植え替えが必要になります。植え替えの方法は、他の植物と同じで十分なので植え替えやすい植物です。育て方では、コロカシアは水性植物なので、鉢のかわりにガラスボールなどで水に浸しながら育てることができる植物でもあります。インテリアなどでの利用もできます。夏には涼しげな観葉植物ということで、涼しさを演出することができる植物でもあります。

その場合には、根元から10センチぐらいまで水に浸しますが、あまり長い期間水の中だけでは、根腐れを起こす場合もあるので、時々水から出すことも必要になります。基本的には土の中で育てたほうが安心できます。鉢植えのコロカシアは、黒い色なので、とても魅惑的です。黒い貴婦人のようなイメージですが、鉢の色も変えてみるといっそう引き立ちます。インテリアとしても工夫してみると面白い植物です。

種付けして増やすことはできるのか

テキスト引用
コロカシアはとり木や分球、株分けで増やしていきます。作業を行なうのは初夏から夏にかけてが良いです。株分けは植え替えをする時に株の大きさを見てしますが、株を分ける時にはよく切れるカッターナイフなどを用意して

コロカシアの増やし方は、種付けではなく、取り木や、分球、株分けで増やしていきます。植え替えの時に、分球で増やしていきます。この時に根が多い場合には、少なくして植え替えるようにします。土は観葉植物、水生植物の専門用土を利用して、肥料を与えると元気に育ちます。また、水はけも重要ですが、鉢の底に赤玉土を混ぜたりすると、排水性が良くなりますので、根のストレスも減らすことができます。

植え替えでのもうひとつの注意点としては、株が分かれているかどうかも確認して株分けを行います。株分けは、清潔な切れの良いナイフなどでできるだけストレスを与えないように分けます。あとは植え替えと同じ要領で、用土を準備して植えます。病害虫は、ハダニやカイガラムシが春から秋にかけて発生しますので、専門の殺虫剤で、随時対処します。また、葉を湿った布で拭いたり、葉水を与えたりしても予防できます。

ハダニやカイガラムシは、他の植物でもよく発生する害虫ですので、対処の仕方も簡単に調べられますので、同じように対処します。コロカシアは、水が好きな植物ですが、水が好きということで水をやりすぎても根腐れを起こす場合があります。例えば、葉が垂れ下がっているような場合には、根腐れを起こしている可能性があります。ですので、バランスよく限度を考えて水を与えるということも育て方のポイントになります。姿の良い植物ですので、元気に育てて上げない観葉植物です。

コロカシアの歴史を知ろう

テキスト引用
コロカシアの原産と生息地は東南アジアや太平洋諸島です。それらの地域ではタロという名前で呼ばれていて、主食としてよく食べられています。サトイモの仲間としてよく知られています。その主食は太平洋諸島ではポイと呼ばれ

食用の植物の園芸品種は多くありますが、コロカシアもその中のひとつです。コロカシアはサトイモの園芸品種で、黒葉サトイモ、ブラック・マジック、コーヒーカップ、ブラック・タロとも呼ばれています。黒葉サトイモという名前が、そのまま植物の姿を現していますが、サトイモ科コロカシア属の多年草です。黒い植物は珍しいので、観賞用植物としても興味深い植物です。

歴史的にも昔から世界中で栽培されている芋の種類ですが、このコロカシアは原産地がインドシナ半島からインド大陸で、生息地も水が豊富な地域ということで、日本のサトイモもコロカシアの仲間です。歴史的にも古くから人間の社会にかかわっていて、大切な食料になってきました。ある意味では、コロカシアの種類の植物が、人間の命を保たせてきたとも言えます。人間には非常に大切な植物で、恩人とも言える植物群です。今でも日本では料理などにサトイモが使われていますので、今でも大切な食材です。

日本の場合には縄文時代から利用されていて、稲作のお米よりも先に日本人の食生活を支えていた植物のうちのひとつです。海外でも中国の古代文明の漢王朝の時代に盛んに栽培されていたという記録が残っています。歴史的に見ても、条件さえ整えば、比較的育てやすい植物として人気もあり活用もされてきたことがわかります。それらの種類の中で観賞用に利用されているのがコロカシアということになります。歴史も古い植物なので歴史ロマンも感じられる植物です。

コロカシアの特徴とは

テキスト引用
コロカシアはサトイモ科コロカシア属の多年草で、日本でもよく食べられているサトイモもこの仲間です。ハワイだけでも200品種以上があると記録されたことがあり、観賞用としてもいくつかの品種が栽培されています

コロカシアの栽培での特徴としては、日本の場合には耐寒性がある種類では地植えでも育てることができます。鉢植えにして、室内で観賞用に育てることができますが、水を豊富に与えることで、比較的容易に育てることができるので、ガーデニングなどの初心者でも育てやすい植物です。

室内で鉢植えで育てる場合には、鉢の底を水につけたまま育てることができます。最初は緑色ですが、育てているうちに黒くなるので、変化を楽しむという育て方ができる植物です。少し変わった植物を育てたいとか、黒い色の植物をワンポイントとして庭や室内で使いたいという人には格好の植物になります。大きさも1メートルぐらいですので、お手ごろな植物です。

また、半日向で育てると黒ではなく濃い緑に育つので、その点も加減ができる観葉植物です。姿も良いので観賞には最適な観葉植物になります。耐寒性がある植物で、耐陰性もありますので、その点も育てる環境が広がり、育てやすくなります。最低温度は0度ぐらいで、それ以上の環境であれば、地植えでも育てることができます。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

原産地が東南アジアということもありますので、気候的にも東南アジアの気候が理想的ということになります。コロカシアは黒い色の存在感のある植物ですので、大きな葉も特徴的ですから、観葉植物としても魅力的な植物です。コロカシアは黒い色の存在感のある植物ですので湿り気を好みます。水性植物ですので、育てる場合にもその点を注意する必要があります。

コロカシアの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「コロカシア」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

ジューンベリーの…
ジューンベリーの育て方・栽培
太陽の光が当たりやすいところがジューンベリーが育つのに適した環境ですが、日陰でも明るいところであれば育ちます。ただし、光が当たるといっても西日がきついところは乾…

育て方ラボ 公式ページさん

8,586view
アオキの育て方・…
アオキの育て方・栽培
アオキを育てるときの環境としては、日本ではあまり土地を選ばないといえるかもしれません。寒さに強いことから北海道でも育てることができます。日光が必ずしも必要なわけ…

育て方ラボ 公式ページさん

5,172view
シュスランの育て…
シュスランの育て方・栽培
シュスランを栽培するときの環境はあまり日当たりを好みません。かといって全く日差しがないところも良くありません。庭に置くときには1日を通して日当たりの良いところは…

育て方ラボ 公式ページさん

7,726view
セアノサスの育て…
セアノサスの育て方・栽培
セアノサスを育てる理想的な環境について具体的にみていきましょう。この植物の原産地であるメキシコ、および北アメリカは日本に比べて比較的乾燥していますので、高温多湿…

育て方ラボ 公式ページさん

13,476view
ミッキーマウスの…
ミッキーマウスの木の育て方・栽培
この木はどのような育て方が適しているのでしょうか。もともとの生息地が南アフリカであるため、特徴として、日当りの良い場所での栽培が適しています。また、直射日光など…

育て方ラボ 公式ページさん

33,985view
エンレイソウの育…
エンレイソウの育て方・栽培
エンレイソウを栽培するときの環境として日当たりが良いとされています。春に芽が出てきてその後に花が咲きます。この時には日当たりを選んでおくようにします。花が咲いた…

育て方ラボ 公式ページさん

4,900view
コクリュウの育て…
コクリュウの育て方・栽培
コクリュウの場合には育てる環境の場所を特別に選ばなくても大丈夫です。特別に日当たりのいい場所など選ばずに、どこでも栽培することが出来ます。ただし、真夏の直射日光…

育て方ラボ 公式ページさん

7,994view
クレオメの育て方…
クレオメの育て方・栽培
クレオメを栽培するときの環境では日当たりに置くのが良いとされています。東向きだと1日中日向に当てられない半日陰になることもあります。でもその状態でも育てることが…

育て方ラボ 公式ページさん

8,351view