• カンキツ類の種類【たんかん】について育て方や情報
  • View数View数5,237
  • SCORESCORE1832.95
カンキツ類の種類【たんかん】について育て方や情報

カンキツ類の種類【たんかん】について育て方や情報

カンキツ類のたんかんの特徴は、150グラムとほどよい形をしているので食べやすいです。皮の色はオレンジ色と目を引く色なので温かみもある果実です。ですが皮は傷つきやすいので注意して収穫したり育ててあげることが大事です。子供から大人まで老若男女から愛されて食べやすいカンキツ類なので、とってもポピュラーであることがわかります。皮は厚みがありゴツゴツしているので中の果実を守ることに成功しています。手でむくことはもちろん出来るのでご飯を食べた後のデザートとしても一躍かっています。身近に感じられるカンキツ類のたんかんです。

※植物図鑑の画像は無断でご利用いただけません

植物図鑑内容

果物分類の特徴

果物分類としてカンキツ類であることがわかります。カンキツ類は他にも夏みかんやオレンジやポンカンなどの仲間を持っています。ビタミンCが豊富に入っているのでお肌にもいい成分が入っていることがわかっております。

原産国の特徴・同様の原産国の果物紹介

原産国として、日本の鹿児島や沖縄で作られています。日本は和をテイストとしている国なので寿司や相撲など海外の観光客にも目を引く文化があります。九州地方の鹿児島と沖縄は気温が比較的に高いので果物を作るのに適しています。冬も気温が高いので過ごしやすく、観光客で賑わいます。ですが台風や嵐が多いことが難点ですがそれ以外にマイナスな面はありません。沖縄は他にもパイナップルやシークワーサーなどの果物を育てるのにも最適です。本州から少し離れていますが飛行機を使えばすぐにたどり着くことができます。新幹線では向かうことができません。

種まき時期に関しての注意特徴

種まき時期に関しての注意は、鳥やカラスなどにまいた種を食べられないようにすることが大事です。せっかくまいたのに食べられてしまうということは本末転倒なのでしっかり土をかぶせて見張っておく必要があります。

収穫時期に関しての注意特徴

収穫時期に関しての注意は、たんかんは皮が痛みやすいので収穫するときも、そーっと触ってもぎ取ってあげる必要があります。軍手や手袋を使えば手に匂いもつかず、ソフトにキャッチすることが出来るのでオススメです。

病害虫の特徴

病害虫としてアブラムシがメジャーです。アブラムシは葉っぱの後ろにびっしりとつく虫なので、消毒して追い払う必要があります。割り箸を使って一つ一つ取る方法もありますが消毒した方が時間もかからず効率がいいです。

栄養分に関しての特徴

栄養分として、たんかんはとっても低カロリーであることがわかるのでダイエットに最適です。朝ご飯の代わりにたんかんを食べるとビタミンCも豊富に含まれているので元気がもらえます。お肌にもいいので綺麗になれます。

育てるのに必要なアイテムおすすめアイテム

育てるのに必要なアイテムは、カラスや鳥を避けるためにかかしを作ってあげることが大事です。いつ訪れても人が見張っているということを野鳥に教えるために設置してあげることが大切です。そうすると自然と果実を守れます。

果物の歴史

果物の歴史として、1900年に台湾から移植されてきたことがわかります。もともとは台湾の果実でありました。台湾から受け継がれて今の沖縄や鹿児島で収穫されます。南国のみかんとして親しみがありポピュラーな果実になりました。

おすすめの食べ方料理方法

おすすめの食べ方としてそのまま食べる方法があります。皮をむいて口の中にいれると甘みが広がりとてもジューシーです。果実の食感も柔らかく、歯を使わなくてもとろけそうになります。他にもジャムとして食べる方法があります。ジャムにするには鍋を使ってグツグツ煮込んで砂糖を入れます。保存状態も効くのでいつまでも冷蔵庫にいれておけます。熱々のトーストの上にたらりとジャムをたらすと味は確かなもので絶品です。マーマレードとしても使うことも出来ます。オーブントースターがあれば、パイとしてたしなんで作ることも出来ます。

果物育て方の注意点まとめ

育て方の注意点として、ほったらかしにしておくのはダメです。ほったらかしにしておくと、枯れたり腐れたりするので定期的に畑に来て様子を見てあげる必要があります。野鳥や野生動物が訪れてカンキツ類を食べていく必要もあるためかかしやビニールハウスを使って避けてあげます。そうすることで怖がって盗み食いをすることもなくなります。虫もつきやすいので、様子を見て消毒してあげると虫が殺菌していい果実に育ちます。あとは気温を高く保ち水を適量与えることで立派なたんかんが誕生します。可愛がって育ててあげると美味しい実が実ります。

この投稿者の他の植物図鑑一覧