• カンキツ類の種類【マーコット】について育て方や情報
  • View数View数2,574
  • SCORESCORE900.9
カンキツ類の種類【マーコット】について育て方や情報

カンキツ類の種類【マーコット】について育て方や情報

カンキツ類のマーコットの特徴は皮が濃いオレンジ色なので、見た目がぱっと目を引くデザインです。種は多めですが袋ごと食べられるカンキツ類なので、皮をむく手間暇がありません。果肉は柔らかく果汁はジューシーなので子供から大人まで老若男女楽しむことができる代物です。重さは軽く100グラムから150グラムなので持ちやすくとても軽いです。低カロリーなので、ダイエットをしている女の子にもオススメで、ビタミンCも豊富に入っているのでお肌がピカピカでツヤツヤになります。とても美味しくてまた食べたくなるカンキツ類です。

※植物図鑑の画像は無断でご利用いただけません

植物図鑑内容

果物分類の特徴

果物分類として、カンキツ類であることがわかります。カンキツ類は、デコポンや夏みかんと食べていて甘酸っぱいものが多く皮の色もオレンジ色から黄色であることがわかります。皮も剥きやすく食べやすいマーコットです。

原産国の特徴・同様の原産国の果物紹介

原産国としてアメリカで生まれました。アメリカは日本でいうとメジャーな国で海外旅行に行く人も増えています。逆にアメリカ人も日本へ来ることが多く持ちつ持たれつの関係です。アメリカはハンバーガーなどジューシーかつボリュームがある食べ物が多く、慣れていない人だとお腹を壊してしまう恐れがあります。野球も本場なもので、見ていて壮大なスケールです。力がある選手が多く、日本人もアメリカで活躍している選手がたくさんいます。他にも文化としてオーバーにリアクションをとることが多く、日本人の奥ゆかしさとはまた対照的です。

種まき時期に関しての注意特徴

種まき時期に関しての注意は、まいた種が鳥や野生動物に食べられないようにしなければなりません。お腹を空かせた動物たちがせっかく植えた種を土から掘り起こして芽を出させないようにすることがあるので気をつける必要があります。

収穫時期に関しての注意特徴

収穫時期に関しての注意は、果実をとるときに匂いが手につくことがあるので、手袋や軍手をつけてとる必要があります。そうすることでカンキツ類のマーコットに傷がつくことが無く新鮮でみずみずしい果実を収穫することができます。

病害虫の特徴

病害虫としてアブラムシがポピュラーです。アブラムシは葉っぱの裏にびっしりつくことがあり、割り箸で一匹ずつ取ってあげることもできますが時間がかかるので消毒する方法があります。消毒してあげるとアブラムシが殺菌します。

栄養分に関しての特徴

栄養分として、マーコットは非常に低カロリーであることがわかります。低カロリーなので朝ごはんの代わりに食べるダイエットにも最適です。ダイエットを必要とした女の子向きで、食べると肌がツヤツヤするので一石二鳥です。

育てるのに必要なアイテムおすすめアイテム

育てるのに必要なアイテムはビニールハウスです。ビニールハウスがあることで野鳥から果実を守ることができ、美味しい果実を育てるのに成功します。ビニールハウスがあれば気温を保つことができるので嵐の日でも守れます。

果物の歴史

果物の歴史としてアメリカで生まれました。ですが日本でも栽培することができ、主に栽培している地域は、佐賀県、長崎県と九州地方であることがわかります。暖かい気温を受けることですくすくと育つことにマーコットは成功します。

おすすめの食べ方料理方法

おすすめの食べ方はそのまま食べることです。皮をむいて一つずつ食べることもできますが、包丁を用いて切る方法も可能です。甘くてジューシーな果実が喉をうならせてくれます。他にも、ジャムとして鍋でグツグツ煮込んで砂糖を含ませて煮る方法もあり、保存状態がきくので冷蔵庫に入れておくだけでいつでも食べられます。あつあつのトーストの上にたらりとジャムを垂らしてあげれば朝食の完成です。他にもオーブントースターがあればパイを作ることができ、小さいお子さんから大人まで老若男女問わず楽しんで食べることができるのがマーコットのいいところです。

果物育て方の注意点まとめ

果物育て方の注意点として、ほったらかしにしておくと枯らしたり腐れたりするのでこまめに畑にチェックしておく必要があります。チェックすることで、果実に傷が付いていないか、野鳥から食べられていないかを観察することに成功します。他にも、野生動物よけとしてカカシを置いておくだけで効果があります。カカシは野生動物が人だと勘違いすることで果物に近づくことをやめてくれます。なので、丈夫な果実を作りたいならカカシとビニールハウスは欠かせません。他にも適度な気温と水と肥料があればすくすくと育って美味しい果実が完成します。

この投稿者の他の植物図鑑一覧