• ブドウ(葡萄)の種類【翠峰】について育て方や情報
  • View数View数4,219
  • SCORESCORE1476.65
ブドウ(葡萄)の種類【翠峰】について育て方や情報

ブドウ(葡萄)の種類【翠峰】について育て方や情報

翠峰(スイホウ)は、ブドウの品種「ピオーネ」と「センテニアル」を交配して作られた交雑実生から選び、育成されたものです。翠峰の特徴として、大きさはブドウの中でも一粒の大きさが大きい種類で、果実は黄緑色または黄白色、形は長めの楕円です。福岡県筑紫野市で育成されており、9月上旬に成熟する早生種です。白ブドウの中では甘さがあり、酸味とのバランスがよくとれた品種です。味が濃く、果汁がたくさん含まれています。種はあるものとないものがありますし、皮が薄いので、皮を剥かずに食べることも可能です。丸ごと食べられるのも魅力の品種です。

※植物図鑑の画像は無断でご利用いただけません

植物図鑑内容

果物分類の特徴

翠峰の果物分類は、ブドウ科ブドウ属です。1996年に品種として登録されました。ピオーネとセンテニアルの交配種として福岡県農業総合試験場の園芸研究所で誕生しました。主な産地は、岡山県・山梨県・長野県で育成されています。

原産国の特徴・同様の原産国の果物紹介

ブドウ(葡萄)の原産国は、中近東地方と言われています。翠峰は、福岡県農業総合試験場の園芸研究所で誕生し、日本国では岡山県や山梨県、長野県で育成されています。岡山県が日本での生産の50%を占めています。岡山県は、果物王国と呼ばれるぐらい桃やブドウ(葡萄)などたくさんのフルーツが作られています。桃太郎の故郷としても有名な岡山県は、桃の生産にも長けています。桃は明治8年から育成され、「白桃」に関しては、果実ひとつひとつに袋掛けをして大切に育てています。生産者のプライドにかけて、甘くて柔らかい桃を育成し続けています。

種まき時期に関しての注意特徴

ブドウ(葡萄)の種まきは、ハウス以外で育てる場合は暖かくなった春先の3月下旬あたりに撒くと良いでしょう。ブドウ(葡萄)の種は固い殻に守られている為、ペンチなどで殻にひびを入れてから撒くことを忘れないようにしましょう。

収穫時期に関しての注意特徴

ブドウ(葡萄)の収穫時期は、品種によって異なりますが、翠峰の場合は早生種ということもあり、8月中旬頃から収穫が始まります。店頭に並ぶのは、9月過ぎたあたりです。収穫自体は、9月~10月下旬辺りまで収穫できます。

病害虫の特徴

ブドウ(葡萄)の病害虫の中で注意したいのが、カミキリムシです。ブドウトラカミキリは卵を産み付け、ふ化した後、芽の周辺を食べてしまいます。しだいに樹皮下までに食害が及んでしまいます。薬剤散布をして、浸食された部分は焼却または土に埋めましょう。

栄養分に関しての特徴

ブドウ(葡萄)の栄養分は、カリウム・ブドウ糖・果糖・アントシアニンなどが含まれています。この中でもアントシアニンは、ポリフェノールの一種で血液を綺麗にする働きがあると言われています。動脈硬化やがんの予防に役立ってくれます。

育てるのに必要なアイテムおすすめアイテム

プランターなどで、ブドウ(葡萄)を育てていくのに使用するアイテムとして、支柱が必要になってきます。蔦をはわせて成長していきますので、支柱が大切になってきます。また広大な土地で栽培する場合は、ブドウ棚が必要になってきます。

果物の歴史

ヨーロッパブドウ(葡萄)の歴史として、紀元前4000~3000年から存在していたと言われています。さらに古代エジプトの壁画にも描かれていたそうです。日本には、中近東地方からヨーロッパを経て、シルクロードを横断し中国へ、そして日本へと伝わったと言われています。

おすすめの食べ方料理方法

ブドウ(葡萄)のおすすめの食べ方は、品種によって異なりますが、皮ごと食べるのが一番おいしくいただけます。種や皮が薄い品種も多いので、その場合はこの食べ方がブドウを味わうのに一番良い方法だと思います。また、ブドウは加工しやすいフルーツですので、ジュースにしたり、ジャムにしたり、コンポートにするのもおすすめです。また、一度に食べきれない場合は、冷凍保存をしましょう。一粒ずつ丁寧に洗って、水気をふき取り、冷凍するだけです。解凍する時には、2、30秒水につけておくと良いでしょう。半解凍ぐらいがおいしくいただけます。

果物育て方の注意点まとめ

ブドウ(葡萄)はプランターなどでも栽培できるので、ご自宅でもチャレンジすることができます。つるが伸びていくので、支柱を忘れずに設置してあげましょう。過湿を嫌いますので、水はけのよい場所、日当たりの良い場所で育てると良いでしょう。ブドウの果実収穫には、木の力に応じた摘房が必要になってきます。いっぱい実がなっていると勿体なく感じてしまいますが、来年以降の収穫の為には必要なのです。木へ栄養をしっかりと送ることが、今後美味しい果実を実らせる為には必要なのです。病害虫に注意しながら、必要に応じて袋掛けをしてあげましょう。

「ブドウ」に一致する育て方

  • ブドウ

    ブドウ

    ブドウの育て方を紹介します。ブドウは、ヨ…

    4,630

    0

「ブドウ」に一致するマメ知識

「ブドウ」に一致するまとめ

植物成長イラスト…
植物成長イラスト パート1
皆様こんにちは、植物の成長アイコンの素材のまとめパート1です。色んな植物や野菜等の成長過程を作成しました。沢山ございますので、貴方のお探しのデザインが見つかると…

ヒロさん

5,477view

この投稿者の他の植物図鑑一覧