• カンキツ類の種類【南津海】について育て方や情報
  • View数View数2,029
  • SCORESCORE710.15
カンキツ類の種類【南津海】について育て方や情報

カンキツ類の種類【南津海】について育て方や情報

カンキツ類の南津海の特徴として、全体的にオレンジ色なのでみずみずしいイメージがあります。皮に張りがあるので、触った時の触感もいいです。持った時にずっしりと感じる重さがあります。大人から子供に愛される果実として有名です。香りがよく食べると甘酸っぱい感触を楽しめます。ジューシーで食べていて口の中がまろやかに染まります。ビタミンCが豊富に入っているのでダイエット効果にも最適です。デザートとしても絶品で飽きがこない味になっています。お肌がツヤツヤになるほか、健康にもいい食べ物であることがわかります。値段も安価で手に入ります。

※植物図鑑の画像は無断でご利用いただけません

植物図鑑内容

果物分類の特徴

果物分類としてカンキツ類であることがわかります。カンキツ類は他にもデコポンや夏みかんという品種と同じ種類です。皮をむくとすぐに食べることが出来るので簡単かつ美味しい品種となっているのがとても嬉しいです。

原産国の特徴・同様の原産国の果物紹介

原産国として、南津海は日本で作られました。日本は和の国で寿司や相撲がポピュラーであることがわかります。寿司はマグロやサーモンを握った米の上にのせたもので好みな人が多い食べ物です。相撲はまわしをつけた男の人たちが裸で取っ組み合いをするスポーツで太っている人が有利です。大会にもなっていて、海外の相撲選手もたくさん存在しています。日本の果物として桃やリンゴがポピュラーであることがわかります。桃もリンゴもみずみずしい果物でたくさんの人から愛された果実となっています。安価で手に入ることも、大きな特徴です。

種まき時期に関しての注意特徴

種まき時期に関しての注意は、まいた種が野鳥やカラスから食べられてしまわないようにしなくてはいけません。種を食べられてしまうと芽が出ないので収穫することもできません。なのでビニールハウスを使って避けるようにします。

収穫時期に関しての注意特徴

収穫時期に関しての注意は、そのまま素手でカンキツ類の南津海をとると手に匂いが付いてしまうことがあるので、軍手を使って収穫することが大事です。軍手がなかったら手袋を使って取ることで円滑に収穫することができます。

病害虫の特徴

病害虫としてアブラムシが一般的です。アブラムシは葉っぱの裏にびっしりつくことがあるので消毒してあげる必要があります。割り箸でとる方法も可能ですが時間がかかるので消毒してあげることで全滅することに成功します。

栄養分に関しての特徴

栄養分としてビタミンCが豊富に入ってします。ビタミンCはお肌をツヤツヤにしてくれるので女の子に是非食べて欲しい果実です。低カロリーなのでダイエットをしている人にもオススメの食べ物で、置き換えるとみるみるうちに痩せます。

育てるのに必要なアイテムおすすめアイテム

育てるのに必要なアイテムはビニールハウスです。ビニールハウスがあることで野鳥や野生動物から果実を守ることが出来るほか、気温も保ってくれるのですくすくとたくましい果実が育ちます。肥料を使えば栄養のあるカンキツ類に育ちます。

果物の歴史

果物の歴史として、山口県で作られました。1978年から育成されてきて、やっとの思いで作ることに成功しました。みずみずしい果実が大人から子供までとりこにしてしまう素晴らしい果実です。愛媛県でも作られていることがわかります。

おすすめの食べ方料理方法

おすすめの食べ方として、そのまま食べる方法が一番です。皮をむいてひとふさひとふさずつ食べることで甘味と酸っぱさがマッチしてほどよいジューシーさを感じることができます。包丁で二つに切って食べる方法も一般的です。ほかにはマーマレードやジャムとして煮込んで保存しておく料理もあります。鍋に果実と砂糖を入れて煮込むことで完成します。食べる方法として、熱々のトーストの上にたらりと垂らすことで美味しく召し上がれます。オーブントースターがあればカンキツ類のパイとしてデザートが完成します。甘酸っぱい美味しいおやつが出来上がります。

果物育て方の注意点まとめ

果物の育て方の注意点として、ほったらかしにしておくと腐れてしまったり枯らしてしまう恐れがあるので適度に見張ったり様子を見る必要があります。庭で作るなら大丈夫ですが、畑が別にあると足が運びにくいので注意が必要です。ほかには、野鳥や野生動物から実を守るためにビニールハウスを作る必要があります。ビニールハウスがあれば木全体を守ることが出来、美味しい果実を育てることに成功します。温度もあたたかく冬でものびのびとした木が育ちます。あとは、肥料を使って育ち方を調節してあげることで良くなります。アイテムを使うことで円滑に育ちます。

この投稿者の他の植物図鑑一覧