• イチゴの種類【初恋の香り】について育て方や情報
  • View数View数1,302
  • SCORESCORE455.7
イチゴの種類【初恋の香り】について育て方や情報

イチゴの種類【初恋の香り】について育て方や情報

このイチゴの名前は初恋の香りです。イチゴは赤い色がポピュラーですがこちらは皮の色が淡いピンクで出来ているのでまさしく初恋の香りという名にふさわしいです。香りをかいで見ると、いい匂いがし、食べてみると酸味が穏やかなので小さいお子さんから大人のご年配の方まで食べやすいものとされています。生産量はあまり多くないのでとっても貴重な扱いをされています。山梨県と福島県の育成者によって共同開発された素晴らしい商品です。一度食べると病みつきになる甘さと美味しさです。贈り物にも最適で、もらってとっても嬉しい代物です。

※植物図鑑の画像は無断でご利用いただけません

植物図鑑内容

果物分類の特徴

果物分類の特徴としては、へたがしなやかで色があまり赤くならないので薄いものが判別されます。見た目でわかりやすいイチゴなので、素人から見てもわかりやすいものとされているので、分類しやすい果物となっています。

原産国の特徴・同様の原産国の果物紹介

原産国として、和田初こいの名称で登録されています。日本で作られたこのイチゴ、初恋の香りの他にいろいろな果物が日本で作られています。バナナは海外で作られていると思われがちですが、日本で作られているところも多く、とても食べやすい品質になっています。ほかにもパイナップルや、レモンなどみんなから愛される果物が日本には多く、味も確かなものになっています。そんな私たちが住んでいる日本にはたくさんの果物があり、老若男女、誰からも愛される美味しい果物がある素晴らしい国です。日本は戦争などもない豊かで平和な国なので住んでいる人が多いです。

種まき時期に関しての注意特徴

種まきの時期に関しての注意報は、日当たりがいい場所でなるべく育てることです。日が当たらない場所だとイチゴの苗が育たないでくされてしまうので十分に注意を施して植えないといけません。なお気温も20度から25度の間が最適です。

収穫時期に関しての注意特徴

収穫時期は、11月から可能なので、秋頃がピークとされています。収穫する時の注意点として、イチゴは生き物のように繊細なので虫や害虫から身を守ってあげる必要があり、人間の手自ら、丁寧にとってあげるのが一番いい方法です。

病害虫の特徴

病害虫の特徴として、アブラムシがポピュラーです。アブラムシは葉っぱの後ろにうじゃうじゃいることが多いので、葉っぱに大きな影響をもたらしてしまうので速やかに駆除をしないといけないので、手作業や薬を使って除去します。

栄養分に関しての特徴

特徴として、土がしっかりとして水が確保されたところで育ちます。イチゴのカロリーは100グラムあたり33キロカロリーと低カロリーなのでダイエットに役立つことが出来ます。たくさん食べても太ることはないです。

育てるのに必要なアイテムおすすめアイテム

育てるのに必要なアイテムは、栄養分です。イチゴだけに限ったことではなく、店で買った栄養分を注入してあげることですくすくとした苗が育ちます。あとは水や太陽や気温もかかせなく、無くてはならないものとされています。

果物の歴史

歴史として、石器時代から食べられていたことがわかっています。ビタミンCも豊富なので、疲れを癒したり食事のお供として食べられていました。手軽に手に入るので、みんなで食べることが出来る必須のアイテムです。

おすすめの食べ方料理方法

おすすめの食べ方は、練乳をかけてそのまま食べるのが一番いい方法です。イチゴ狩りでもよく見かけられるのがその方法で一番手間がかからず、イチゴの美味しさをそのまま肌身で感じることが出来るのでとっても美味しいです。その他には煮てジャムとして食べる方法もオススメです。ジャムにしておくと保存方法も冷蔵庫にいれるだけでしばらく持つので、たくさん収穫した時にオススメです。ジャムはそのまま食べても美味しいですが、焼いた食パンの上にたらりと垂らして食べるのも手軽で簡単な食べ方とされているのでとっても美味な味が感じられます。

果物育て方の注意点まとめ

育て方の注意点として、できるだけ周りをビニールハウスで囲ってあげるのがいいです。囲ってあげると虫も湧きにくく、近くに森があったりすると動物たちが押し寄せてくる心配があるので守ることが出来ます。動物たちもイチゴが好きなので、収穫時期になると狙ってやってきます。カラスなどの、天から来る動物もいるので、食べられないように守ってあげるのが吉です。ほかにも、アブラムシなどの葉っぱにくっつく虫もいるので除去する薬をまいて守ってあげるのが大事です。あまりまきすぎると味にも影響が出てしまうので見極めてまいてあげることが一番いい方法です。

この投稿者の他の植物図鑑一覧