• メロンの種類【キンショウ】について育て方や情報
  • View数View数5,933
  • SCORESCORE2076.55
メロンの種類【キンショウ】について育て方や情報

メロンの種類【キンショウ】について育て方や情報

キンショウはマクワウリの黄色種とスペイン系メロンとの交配品種であるため、マクワウリの一種になります。ウリ科キュウリ属に属するツル性の一年草で、雌雄同株の特徴を持ちます。マクワウリの種となるメロンは北アフリカや中近東の原産ですが、紀元前2000年頃に栽培がはじまり、その後、各地に伝わっていきました。そのなかで、東方に伝わったものがウリとよばれ、マクワウリもその一種になります。そのため、マクワウリの一種であるキンショウの原産は南アジアになります。日本への伝来は早く、2世紀頃から既に栽培が行われていました。

※植物図鑑の画像は無断でご利用いただけません

植物図鑑内容

果物分類の特徴

果物分類の特徴としては、マクワウリの一種であることがあげられます。マクワウリの種類には様々なものがあり、緑色系、白色系、黄色系などがあります。キンショウは黄色系の一種で、キンウリ、タニガワウリなどと同じ分類になります。

原産国の特徴・同様の原産国の果物紹介

原産国は南アジアですが、その種となるメロンは北アフリカや中近東で栽培が行われていました。その後、西方に伝わった品種群はメロンと呼ばれるようになり、東方に伝わった品種群はウリと呼ばれるようになりました。キンショウの元となる種であるマクワウリはウリの一種のため、原産は南アジアになります。同様の果物としては、アジウリ・ボンテンウリ・ミヤコウリ・カラウリ・テンカなど様々なものがあります。また、品種にも様々なものがありますが、その中でもマクワウリの黄色種とスペイン系メロンとの交配品種が、キンショウメロンと呼ばれています。

種まき時期に関しての注意特徴

種まきの時期に関しては、25度以上でなければ発芽しないため、暖かい時期に行うことが必要です。また、種をまく前日には、水を張ったトレーに種を浸しておくことによって、発芽を綺麗に行うことができるようになります。

収穫時期に関しての注意特徴

収穫時期のタイミングとしては、受粉を行ってから40日から50日ほどが適切な時期になります。見た目で収穫のタイミングを把握する場合には、果実の付け根の部分の葉っぱが緑色ではなくなっており、香りのするものが目安となります。

病害虫の特徴

主な病害虫としては、高温多湿の状況が続いた時に、うどんこ病やつる枯病などにかかりやすくなります。また、ワタアブラムシやダニなどが付着することも多く、防除剤の散布が効果的です。早めに発見し、駆除することで被害は抑えられます。

栄養分に関しての特徴

栄養分としては鉄分が多く含まれており、貧血の予防として効果があります。鉄分は不足すると生命活動に支障をきたすため、とても大切な栄養素です。また、鉄分に含まれるヘモグロビンも大切な要素で、赤血球を作る働きがあります。

育てるのに必要なアイテムおすすめアイテム

メロンを育てるさいにオススメのアイテムとしては、ビニールハウスがあげられます。雨に弱く、普通の栽培方法では栽培が安定しないため、ビニールハウスが重要になります。また、保温や保湿のためのアイテムも栽培には大切です。

果物の歴史

マクワウリの品種は北アフリカから南アジアに伝わり、日本では2世紀頃から美濃などで生産されていました。真桑村でも生産されていたので、マクワウリと呼ばれています。また、伝来自体はこの時期よりも早く、縄文時代の遺跡から、種子が発見されておりいます。

おすすめの食べ方料理方法

キンショウメロンは上品な甘さが魅力の果物で、果肉は白く引き締まり、サクッとした歯ざわりが特徴的です。舌に残らない程の爽やかとさっぱりした味わい、優しい甘みが魅力的です。おすすめの食べ方としては、固めが好きな人は早めに、柔らかいメロンが好きな人であれば、常温で少しおいておくくらいが丁度いい食べどきです。食べる一時間から二時間くらい前に冷蔵庫で少し冷やしておくと、さらに美味しく食べることができます。また、美味しい時期の見分け方としては、お尻の部分が強く押すと弾力を感じ、柔らかくなった時が食べごろです。

果物育て方の注意点まとめ

育て方の注意点は、気候にとても弱い品種であるということです。まず、種子が発芽するためには25度以上の気温が必要なため、暖かい時期に栽培を始めることが必要です。その他にも、雨などによわいため、ビニールハウスで栽培することがおすすめです。ビニールハウスを使用すると、温度の維持、湿度の維持が行いやすいため、栽培しやすくなるメリットもあります。また、病気や害虫にも弱い品種のため、早期の対策を行っておくことも重要です。もし害虫を見つけた場合は早めに駆除を行い、防除剤の散布などを行うと、美味しいメロンを育てることができます。

「メロン」に一致するマメ知識

「メロン」に一致する植物写真

この投稿者の他の植物図鑑一覧