• ライチ(レイシ)の種類【ランブータン】について育て方や情報
  • View数View数4,892
  • SCORESCORE1712.2
ライチ(レイシ)の種類【ランブータン】について育て方や情報

ライチ(レイシ)の種類【ランブータン】について育て方や情報

ランブータンはライチ(レイシ)の一種です。見た目もライチとよく似ています。毛が生えたようにも見える外観は、まるで海の生き物のようであり、真っ赤な皮はとてもユニークです。果実は白色透明で、ゼリーのような食感が特徴です。外の皮をむくと、果実は非常に薄い膜でおおわれており、これによりジューシーな果汁が保たれています。食べる際は取り除く方が、薄皮が口に残りません。ライチは中国が原産ですがランブータンは東南アジアが原産地ではないかと言われています。大きいものだと8センチくらいにもなり、ブドウのように房状に実をならせます。

※植物図鑑の画像は無断でご利用いただけません

植物図鑑内容

果物分類の特徴

ランブーダンの果物分類はムクロジ科であり、ランブーダン属です。熱帯地方に生息する果樹です。丸い小型の花を咲かせ、秋と春の二回実を収穫することができます。また一本の木に非常にたくさんの実をならせることも特徴です。

原産国の特徴・同様の原産国の果物紹介

ランブーダンの正確な原産国について、はっきりしたことはわかっていません。おそらくマレーシアやインドネシア周辺ではないかと言われています。東南アジアではランブーダンはとても身近な果物です。ランブータンは東南アジアをはじめ世界の多くの場所で栽培されています。マレーシアではランブーダンのほかにもたくさんの熱帯果物が栽培されています。マンゴーやパパイヤまたエッグプラントなどが栽培されています。とくにマンゴーは、さっぱりした大型の品種から、マンゴープリンのような味わいの小型の品種まで、種類が非常に豊富です。

種まき時期に関しての注意特徴

ランブーダンは食べ終わったあとの種を使って種まきをすることができます。注意することは、新鮮な種を用いることです。種の中には、時間がたっていることで発芽しないものもあります。いきなり土に埋めるのではなく、確認してから種をまきましょう。

収穫時期に関しての注意特徴

ランブーダンは実をたくさん実らせることができますが、収穫時期には成長が悪くなりそうな実を早めに取り除くことが大切です。同じ房であっても、一つ一つ熟すタイミングが異なります。よく確認して熟した実をすぐ収穫することが必要です。

病害虫の特徴

ランブーダンにつく病害虫の特徴は、葉につくものと果実につくものがあることです。いずれも葉や果実を食べてしまいます。薬の散布をしたり、ブラシなどで取り除いたりして除去します。また実がなったら、袋をかぶせて蛾などに食べられないように予防します。

栄養分に関しての特徴

ライチ(レイシ)類冬以外の時期に、定期的に栄養分を必要とします。鉢植えであれば、液体の肥料をあげます。窒素系肥料の与えすぎに注意します。与えすぎると実が十分に成長しません。なにより水分を必要とするので、乾燥しないように気をつけましょう。

育てるのに必要なアイテムおすすめアイテム

ライチ(レイシ)類の育て方で最も大切なことのひとつは剪定です。木が成長しすぎないように、剪定が必要です。おすすめアイテムは電動剪定ばさみです。電動なので、剪定の際に力を入れる必要がありませんから、楽に剪定できます。

果物の歴史

ランブーダンは古くから東南アジアで自生していましたが、日本に渡ってきたのは比較的最近です。一方ライチ(レイシ)は台湾などから江戸時代に上陸したと言われています。現在では鹿児島県や宮崎県で栽培が行われています。

おすすめの食べ方料理方法

ランブーダンのおすすめの食べ方は収穫してできるだけ早いうちに食べることです。ライチ(レイシ)は傷みやすいため、新鮮なうちによく冷やしていただきましょう。チルド室や冷凍庫に入れると、シャーベットのような味わいを楽しめます。傷みそうであれば、冷凍以外にもジャムにすることもできます。種を取り除いたものに砂糖を加えて火にかけます。果肉には水分がたくさん含まれているため、水を入れる必要はありません。パンやホットケーキにつけたり、炭酸で割って飲んだりすることができます。またライチ(レイシ)を使ったゼリーは見た目も美しく楽しめます。

果物育て方の注意点まとめ

ライチ(レイシ)は熱帯地方の果樹であるため、できるだけそれに近い環境にすることが育て方のコツです。低温にならないように注意しましょう。風が直接当たるような場所を避けます。一年を通して温かく、日光がよくあたる場所で栽培する必要があります。また水はけの良い土を用い、乾燥しないようにすることも欠かせません。とはいっても花が濡れると成長の妨げになるので注意が必要です。ライチ(レイシ)の育て方で大切なことは、良い種とバランスの良い土を用いることです。そしてライチ(レイシ)が喜ぶような暖かい環境にすることです。

「ライチ」に一致するマメ知識

この投稿者の他の植物図鑑一覧