• リンゴ(林檎)の種類【北斗】について育て方や情報
  • View数View数1,711
  • SCORESCORE598.85
リンゴ(林檎)の種類【北斗】について育て方や情報

リンゴ(林檎)の種類【北斗】について育て方や情報

秋から冬にかけて旬を迎える果物の代表として上げられるのがリンゴ(林檎)です。リンゴ(林檎)の名称の由来というのは、日本へはヨーロッパから中国経由で伝来します。その際に中国では林の中に実る実の中でひときわ鳥が食べている果実を発見したことによって、中国語で鳥を檎と表記していたことから林で鳥がたくさん食べている果実を略してリンゴ(林檎)となったのです。そして日本でもその味わいが広まり全国に広まった後、そのなかで品種改良がなされます。その中で青森県で品種のふじと陸奥を高配させて出来たのが北斗であり北斗はその農園の名前が北斗と名乗っていたことからつけられています。

※植物図鑑の画像は無断でご利用いただけません

植物図鑑内容

果物分類の特徴

当然ながらリンゴ(林檎)は果物分類されます。果物分類の条件は木の枝先になり、その後ある程度完熟させることで収穫したらそのまま食べられることが条件になります。そのためリンゴ(林檎)も木の枝で熟成させて、その後収穫したら生のまま食べられるので果物になります。

原産国の特徴・同様の原産国の果物紹介

リンゴ(林檎)自体は世界中に存在しますが、その原産国として挙げられるのが中央アジアの山岳地帯とコーカサス地方と西アジアにかけての寒冷地です。これらの地域で先に言ったとおりに鳥達が越冬の栄養補給として食べていたことが始まりで、それを見た現地の人が野生種から種を収穫しそれを世界に広めたことは始まりです。それから船の防衛機でヨーロッパからトルコそして中国へと行くルート、そしてヨーロッパから西に向かい現在のアメリカ大陸に伝えたルートになります。さらにそれぞれの国でジョナゴールドなどの品種が生まれ、そこから東と西で別れたリンゴ(林檎)が交配され酸味と甘みのバランスが良い現在につながります。

種まき時期に関しての注意特徴

リンゴ(林檎)の種まきの時期は秋冬に旬を迎える野菜や果物と一緒で、春先の3月から4月に種をまきます。種には十分に水分を与えないと芽が出ないので、しっかりと乾燥しないように1日に2回は水を与えることが良いです。

収穫時期に関しての注意特徴

木になる果実に共通するように、種から発芽させて何事も無く成長すれば気は成長を続けますが果実は4年から5年たって秋が深まる10月になれば収穫時期になります。収穫時の注意点としては自身の出すエチレンガスで追熟して柔らかくなるので、赤くなったら朝方に出来る範囲で収穫することが良いです。

病害虫の特徴

果物の宿命と呼べるのが病害虫の問題です。特に夏場の空気中に含まれているカビ菌に弱いので落葉菌には注意が要ります。さらには養分を吸ってしまうアブラムシやカメムシ、そして夏場の蝶や蛾の幼虫の餌になることだけは注意したいです。

栄養分に関しての特徴

秋になる果実は医者要らずといわれるほど栄養価が高いことが特徴です。特にリンゴ(林檎)の場合皮に多く含まれている栄養分のりんごポリフェノールは、夏場で受けた紫外線のダメージと悪性の活性酸素の除去してくれる効果があるためアンチエイジング効果があります。

育てるのに必要なアイテムおすすめアイテム

基本的に木になる果物なので、高いところに実った果実を収穫するための脚立もしくは枝切バサミがあると高いところの収穫に役に立ちます。さらにお勧めアイテムとしては名称の由来となっているように鳥の食害リスクが高いので、しっかりと防護ネットをつけておくことが大事です。

果物の歴史

リンゴ(林檎)もそうですが元々は野生種であったもので甘みがあるものはまれで、その多くは酸味が強かったり渋みがあるなどとても食べられるものが少なかったのです。そのなかで何度も交配を繰り返すことで雑実をなくし果実本来の味わいが出来て初めて果物は食材とし定着したのです。

おすすめの食べ方料理方法

基本的に皮を取り除いて生のまま食べることの方が多いといえますが、その真価は本来皮と一緒に食べて発揮されます。ただ皮ごと食べるとなるよやはり気になるのが中身と皮の食感の違いです。そこで食べ方として皮の食感が気にならない方法としては、皮ごと切った後に別の果物や野菜と一緒にミキサーで攪拌して作るスムージーにします。それ以外にも低音の電子レンジかオーブン機能で中身の水分を抜いて作る林檎チップス、そして皮ごとすりつぶした後に砂糖とレモン汁で煮て作るジャムにすると皮の食感を気にせずに皮の栄養素をそのまま食べることが出来ます。

果物育て方の注意点まとめ

リンゴ(林檎)に限らず果物を育てる上で怖いのが病害虫の被害です。特に糖分の強い品種になればなるほど、その被害というのは瞬く間に広がり全滅してしまうことになります。もちろん青森県で広がる野生の力に任せた栽培も出来ればよいのですが、自宅で栽培するときにそれは難しいです。そこで2つの方法が考えられます。あまり大きく成長させることを考えないように、その苗木を鉢植えにして室内で育てるという方法です。そして大きく成長させるために野外で成長させることを考えた場合には、しっかりと牛乳や木酸液散布で対処しつつ、それでも防ぎれなかったら科学性薬剤を10倍ぐらいに薄めて散布することも大事になります。

「リンゴ」に一致するマメ知識

この投稿者の他の植物図鑑一覧