• カボチャについて育て方や情報
  • View数View数1,776
  • SCORESCORE621.6
カボチャについて育て方や情報

カボチャについて育て方や情報

カボチャは私たちに身近な野菜のひとつで、ウリ科カボチャ属に分類されます。日本以外にも世界各国で栽培されています。貯蔵性に優れた野菜であることから輸入も安定しやすいため、一年中売り場で見ることができますが、本来は夏から秋ごろにかけてが旬の時期です。もちろん品種によって違いがありますが、楕円形など丸みを帯びた形をしており、表面に固めの皮を持っています。中の果肉は濃い黄色やオレンジのような色をしており、中にはワタと種が含まれているのが、私たちの知る定番のカボチャの見た目です。食卓でも馴染み深い緑黄色野菜として知られています。

※植物図鑑の画像は無断でご利用いただけません

植物図鑑内容

野菜分類の特徴

野菜分類の特徴については、はっきりとした明確な区分があるわけではありません。ですが一般的には、木に実ができるものは果物であり、畑などで栽培される作物は野菜であると分類されています。農林水産省のホームページでも確認することができます。

原産国の特徴・同様の原産国の野菜紹介

カボチャの原産国については、インド・南アジアであるなど様々な由来・説がありますが、ここ最近の研究では中南米が原産であるとする説が最も有力となっており、メキシコの高地などが当てはまります。非常に古くから親しまれてきた野菜のひとつで、原産国の特徴からも分かるように、涼しい地域で栽培される作物です。日本では、北海道が有名な産地として知られています。同様の原産国の野菜として、他には、ズッキーニやジャガイモ、サツマイモなどがあげられます。カボチャと同様に、比較的涼しい気候の中で栽培できる野菜があげられます。

種まき時期に関しての注意特徴

カボチャの種まきの時期として適切なのは、比較的暖かい地域であれば3月から5月ごろが適当で、涼しい地域であれば4月から6月頃までが適当な時期になります。また、発芽のためには30度前後の温度があると良いでしょう。

収穫時期に関しての注意特徴

カボチャの適切な収穫時期ですが、受粉してから30日~50日が適切な時期となります。期間に幅があることから分かるように、育てている品種によっても収穫時期は違ってくるため、種類ごとに必要な日数の目安を確認しておくようにしましょう。

病害虫の特徴

カボチャは病害虫に強く、比較的栽培しやすい野菜として知られています。ですが病気が発生してしまうと収穫量の減少や作物が未熟のままになってしまうことがあるため、注意が必要です。ウリ科の作物に多いうどんこ病などに気をつけましょう。

栄養分に関しての特徴

カボチャは非常に多くの栄養分を含む緑黄色野菜として知られています。ビタミンAやビタミンC、カルシウムや鉄などを含んでいます。特にビタミンAは非常に多く含まれており、免疫力の低下を防ぐ効果があるため、風邪予防やガンの発症防止などが期待できます。

育てるのに必要なアイテムおすすめアイテム

カボチャは涼しい地域の作物とはいえ、寒すぎても育たなくなってしまう恐れがあるため、防寒のためにも、栽培途中には穴をあけたビニールなどを用意し覆うようにすると良いでしょう。また、伸びたつるを支えるために、ネットや支柱などのアイテムがあると便利です。

野菜の歴史

今や野菜は日本人にとって非常に身近な作物ですが、実は私たちの食卓に並ぶ野菜の多くは、ほとんどが外来種なのです。日本で野菜が実際に栽培されるようになったのは江戸時代以降と言われており、品種改良を重ねることで各地域での栽培が可能になりました。

おすすめの食べ方料理方法

カボチャは煮付けても煮崩れしにくく、また、甘みがあることからも煮物として食べるのがおすすめです。ある程度、皮を剥いて煮付けることで味が染みやすく火も通りやすくなります。ほくほくとした甘みややわらかい食感を楽しむことがで、色鮮やかな黄色をしているため、食卓を彩ってくれる一品にもなります。また、果実以外の皮の部分も、グラタンや詰め物などの器として食卓に並ぶこともあります。煮付け以外の他の食べ方としては、その甘みを活かして菓子パンやケーキなどの加工食品として使用されることもあります。アイスクリームやシャーベットの材料として使用されることもあります。

野菜育て方の注意点まとめ

野菜を育てるにあたって大切なのは、育てる野菜の情報収集をしっかりと行うことです。栽培に適した時期を知るだけでなく、栽培に必要な期間や、育てる難易度にも大きく差がありますので、栽培にあたって事前に計画を立てることが非常に重要となります。また、土作りも大切な過程です。その作物の栽培に適した土壌を知り、適切な環境を用意するようにしましょう。土が出来たら、根が張りやすいよう柔らかく土を耕し、種をまきましょう。栽培途中は病害虫対策も欠かせないものになります。作物がかかりやすい病気に注意し、適切な対処を行いましょう。

「ウリ科」に一致するマメ知識

「ウリ科」に一致するまとめ

カラスウリの育て…
カラスウリの育て方・栽培
どのような環境がもっともカラスウリの育て方へ適しているかですが、これは日当たりとなります。実を育てることを主目的とせず、緑のカーテンをメインとする場合、直射日光…

育て方ラボ 公式ページさん

14,480view
ヘビウリの育て方…
ヘビウリの育て方・栽培
ヘビウリは、日当りと風通しの良い場所で育てるようにします。ウリ科の植物は、連鎖障害を起こしやすいという特徴があるので、前の年にウリ科の植物を植えたのと同じ場所に…

育て方ラボ 公式ページさん

9,962view
冬瓜の育て方・栽…
冬瓜の育て方・栽培
育て方については、日当たりが良い場所、水はけが良い場所が好まれます。生育が旺盛なため、つるもどんどん伸びていきます。そのため広めに栽培しておくことが大切です。種…

育て方ラボ 公式ページさん

11,234view
オキナワスズメウ…
オキナワスズメウリの育て方・栽培
オキナワスズメウリの育て方・栽培のまとめです。育て方は、日当たりで育てるようにしましょう。沖縄地方では自生をしています。日当たりの中では元気よく育つ植物なので、…

育て方ラボ 公式ページさん

37,937view

「ウリ科」に一致する植物写真

この投稿者の他の植物図鑑一覧