• イチゴについて育て方や情報
  • View数View数1,781
  • SCORESCORE623.35
イチゴについて育て方や情報

イチゴについて育て方や情報

イチゴの語源ははっきりしないと言われております。古くは、「以知古」と表記されている記述もあります。近代にオランダイチゴが日本に入ってくるまでは、イチゴは野いちご全般を指しておりました。今では一般的にイチゴと言うとバラ科オランダイチゴ属を指します。この野菜の特徴としてはビタミンCが豊富に含まれている点です。野菜の中でもトップクラスと言えます。生で食べることができるため、よりビタミンCを多く摂取することが可能です。ビタミンCは歯肉炎予防や貧血予防や美容にも良いとされているので、手軽に接種しやすい野菜と言えるでしょう。

※植物図鑑の画像は無断でご利用いただけません

植物図鑑内容

野菜分類の特徴

イチゴは野菜と果実のどちらの分類になるかご存知でしょうか。どちらの分類になるかと言いますと、野菜分類になります。理由としましては、1年生及び多年生草本になる実は野菜、永年生の樹木になる実は果実と決められているからです。

原産国の特徴・同様の原産国の野菜紹介

イチゴの原産国は南アメリカです。その後オランダにも広まり、日本へは江戸時代後期にオランダ人によって長崎に持ち込まれたと言われております。南アメリカはその広大な土地を生かし、様々な野菜が昔から作られておりました。生育適温は15度から25度で比較的、暖かい地域で育ちやすい特徴があります。南アメリカが原産国の野菜は他にもあります。とうもろこしや、トマト、らっかせい、西洋かぼちゃが、じゃがいもがそれにあたります。今では日本でも多く食べられている野菜です。実は野菜の多くは、外国から日本に持ち込まれていることがわかります。

種まき時期に関しての注意特徴

イチゴの種まき時期には注意点があります。発芽の条件として、日当たりが良く、明るい時期に、通気性が良く、湿度が高いことが挙げられます。その条件が合致する時期は、夏の始めです。その時期であれば生育に最適と言われる15度から25度の温度も保つことができます。

収穫時期に関しての注意特徴

イチゴの収穫時期には注意点があります。それは、収穫時期と出荷時期がイコールであるということです。とても傷みやすい野菜のため、収穫後はすぐに消費することが必要となります。もしすぐに消費できない場合はジャムなどに加工すると良いでしょう。

病害虫の特徴

イチゴは香りを放つ野菜のため、病害虫が付きやすいことが特徴です。うどんこ病やアブラムシ類、ハダニなど小さい病害虫が発生しやすいと言われております。発生しない環境を作るためには湿度や温度を適度に保つことが大切です。

栄養分に関しての特徴

イチゴのほとんどは水分でできております。栄養分としてはビタミンCが多く含まれております。他には葉酸やカリウム、亜鉛や銅も含まれております。また、わずかですがビタミンAやビタミンE、ビタミンB1、B2も含まれております。

育てるのに必要なアイテムおすすめアイテム

野菜を育てるために必要なアイテムは、基本的なことですが小さなスコップや野菜用バサミがあると便利です。また、広い庭があることが理想ですが、小さな鉢でも野菜を育てることは十分に可能ですので、お近くのホームセンターを訪れてみると良いでしょう。

野菜の歴史

野菜の歴史は古く、種類によっては紀元前から存在しているものもあります。また、そんなに以前から栽培され、食べられてきたものもあります。日本での歴史はあまり古くはありません。なぜならば、外国から持ち込まれている野菜が多いためです。

おすすめの食べ方料理方法

イチゴのおすすめの食べ方としては、生で食べることが一番良いです。理由としては、栄養分を一番摂取することができるからです。その他の食べ方としては、加熱し砂糖を加えて煮詰めることでできるジャムがおすすめです。生のままですと、すぐ腐ってしまいますが加熱し調理することで保存期間を延ばすことができます。そのジャムをパンに塗って食べたり、お肉料理にソースとして使用したり、様々な活用ができます。また、ジャムにしない場合は、食パンに乗せて、そのままオーブンで焼くと、美味しい苺トーストにすることもできるので一度試してみると良いでしょう。

野菜育て方の注意点まとめ

野菜の育て方は、種類によって様々です。野菜によって、生育するのに必要な温度や湿度が異なります。また、土の状態も重要です。日本は四季がはっきりしているため、野菜を育てる際にはビニールハウスが多く使用されております。これは、適度な温度や湿度を管理し、適正に保つことができるからです。家庭で育てる際には、簡単なミニトマトの栽培から行うと良いでしょう。野菜によって、生育スピードや実の育ちやすさが異なるのですが、ミニトマトは放っておいても勝手に育つ野菜です。ただし、適度に水分を与えることが必要なため、雨が降らない時期は水を与えてあげることが大切です。

「イチゴ」に一致する育て方

  • イチゴ

    イチゴ

    イチゴの育て方を紹介します。イチゴは、バ…

    2,721

    0

  • イチゴ

    イチゴ

    比較的、初心者の方でも育てやすい果樹のひ…

    1,931

    0

「イチゴ」に一致するマメ知識

「イチゴ」に一致する植物写真

この投稿者の他の植物図鑑一覧