• モヤシについて育て方や情報
  • View数View数1,032
  • SCORESCORE361.2
モヤシについて育て方や情報

モヤシについて育て方や情報

モヤシとはマメ科の野菜で、豆類から作られます。大豆から作られる大豆モヤシや、緑豆から作られる緑豆モヤシ、あずきから作られるブラックマッペ、牧草の種子から作られるアルファルファなどの品種があります。私たちに身近な野菜のひとつで、スーパーでも野菜コーナーで一年中見かけることが出来ます。全体的に白っぽい色をしており、食べるとシャキシャキとした食感を楽しむことができます。比較的安価で購入できる野菜ですが、長期保存には向いていません。日持ちは非常に悪いため、購入したらなるべくすぐに使い切るようにしましょう。

※植物図鑑の画像は無断でご利用いただけません

植物図鑑内容

野菜分類の特徴

野菜分類について、実は明確な基準があるわけではありません。ただ、野菜と果物の分類として一般的には、木に実がなるものは果物に属し、それ以外の田んぼや畑で栽培されるものは野菜に分類されています。また、副産物であるか否かも分類の基準になります。

原産国の特徴・同様の原産国の野菜紹介

モヤシの原産国について、実は明確なことは分かっていません。中近東から中国地方に伝わったのもが、しだいに様々な地域へ伝わっていったのではないかとされています。日本では、昔は薬用として使用されていましたが、江戸時代以降は食用として栽培されるようになりました。日本へどのようにして伝わってきたのかも詳細は明らかにされていませんが、遅くとも平安時代には伝わっていたことが分かっています。今現在、栽培にあたって必要な原料となる豆は、ほぼ全てが中国から輸入されたものを使用しています。日光にあたると育たなくなってしまうため、暗いところでの栽培が適しています。

種まき時期に関しての注意特徴

モヤシの種まき時期についてですが、これといって適切な特定の時期があるわけではありません。日光が苦手なため、直接日の光があたらない暗い場所に豆や種を置いておくことで、比較的簡単に栽培することができます。

収穫時期に関しての注意特徴

収穫時期についてですが、種を置いてからおよそ5日から7日程で収穫可能となります。もちろん、育てている種類と気温によっても異なってきますが、種から伸びてきた白い部分が、5~10センチくらいに育った状態で収穫すると良いでしょう。

病害虫の特徴

病害虫の特徴について、モヤシは種を置いてから収穫までが比較的早いため、悩まされる病気も多くはありません。ですが、暑すぎる環境で栽培することでカビてしまったり、水やりを忘れると腐ってしまうことがあるため注意が必要です。

栄養分に関しての特徴

モヤシの栄養分としては、ビタミンCやカリウム、食物繊維が含まれています。また、疲労回復に効果を発揮するアスパラギン酸も含まれており、健康に役立つ栄養分が多いのが特徴です。また、カロリーが低いため、美容やダイエットとしても注目を浴びています。

育てるのに必要なアイテムおすすめアイテム

モヤシを栽培するにあたっておすすめのアイテムですが、豆や種を置いて育てるために使う、自分で栽培しやすい大きさのビンを用意しておきましょう。また、雑菌の繁殖を防ぐためにも、作業中に使用する道具はどれも清潔にしておきましょう。

野菜の歴史

野菜の歴史についてですが、日本の食卓で見かける私たちにとって馴染み深い野菜のほとんどは、実は外来種だということをご存知でしょうか。その多くは江戸時代以降に日本に伝わったものです。品種改良により、日本各地での栽培が可能になりました。

おすすめの食べ方料理方法

モヤシのおすすめの食べ方ですが、炒め物や和え物などにして食べるのがおすすめです。独特のクセや香りもないため、他の食材との相性も抜群です。シャキシャキとした食感で歯ごたえの良さも特徴のため、軽く火を通してその食感を楽しむのも良いでしょう。ラーメンや焼きそばなどの具材のひとつとしてもよく使用されています。また、韓国では漬物としてナムルがありますが、このような調理方法もおすすめです。さっぱりして食べやすく、夏場にもおすすめですが、モヤシは保存に向かない野菜です。購入してからはなるべく早めに使い切るようにしましょう。

野菜育て方の注意点まとめ

野菜を育てるにあたってまず重要なのは、自分にとって育てやすい野菜を選ぶということです。野菜といっても数多くの種類が存在します。何を育てるのかによって、必要な栽培期間や用意する道具、かかりやすい病気や必要な手間など、難易度が大きく変わってきます。そのため、事前に栽培する野菜について調べ、しっかりと把握しておくことが重要となります。それに応じて、あらかじめ栽培の計画を立て、野菜作りに必要な環境づくりを行うようにしましょう。また、病害虫を放置しておくとすぐに作物が枯れてしまうため、かかりやすい病気についても事前に知っておきましょう。

「モヤシ」に一致するマメ知識

この投稿者の他の植物図鑑一覧