• エシャロットについて育て方や情報
  • View数View数2,422
  • SCORESCORE847.7
エシャロットについて育て方や情報

エシャロットについて育て方や情報

エシャロットはフランス料理などの西洋料理でよく使われる独特な風味が特徴の香味野菜であり、英語ではシャロットと呼ばれるネギ属の多年草になります。たまねぎの変異種であり小たまねぎのような形をしており、みじん切りにしたりおろしたりして使用します。日本では若採りのラッキョウをエシャロットと呼んでいましたが、混同されることが多くあるため若採りのラッキョウはエシャレットやエシャと呼ばれるようになりました。スーパーなどの小売店では野菜名を間違って販売している場合もあるため、確実に購入したい場合にはベルギー・エシャロットと明記されているものを購入するようにしましょう。

※植物図鑑の画像は無断でご利用いただけません

植物図鑑内容

野菜分類の特徴

エシャロットはたまねぎと同じく鱗茎を食する野菜であり、野菜分類では葉菜類に分類されます。根菜類に間違われることもありますが、食する部分は葉鞘という葉の部分に当たる場所になるため、葉菜類として野菜分類されます。

原産国の特徴・同様の原産国の野菜紹介

フランスなどのヨーロッパでよく使用されていますが、原産国は中央アジアといわれており中東アジアでも古くから料理に使用されてきたものになります。同じ地域が原産国の野菜にはたまねぎやにんにく、しょうがなどがあります。そのほかにも果菜類にはエンドウにソラマメ、ヒヨコマメやメロンなどがあり、ダイコンやニンジンといった根菜類やホウレンソウやチャービルにマジョラムと言った葉菜類などがあります。これ以外にも中央アジアを原産国とする野菜は多くあり、それぞれの国の気候や風土に適した野菜が栽培されていることになります。

種まき時期に関しての注意特徴

種まきは9月中旬から10月上旬くらいに行い、育苗箱などにすじ撒きをして本葉が二枚ほど出たら一センチメートルほどの幅になるように間引きします。また種まき以外にも苗を購入して栽培する方が簡単に行なうことができます。

収穫時期に関しての注意特徴

収穫時期は種をまいたり苗を植えたりした年の、翌年5月~6月くらいに収穫することになります。その時に収穫するのは6割から7割程度の葉が倒れたころに行い、収穫後は風通しがよく涼しい場所で保存するようにしましょう。

病害虫の特徴

病害虫の発生は余りありませんが、たまねぎの変異種であるため病気には注意しなければなりません。主な病気にはべと病や苗立枯れ病、灰色かび病など多くの病気が存在するため少しでも異変があればすぐに対処するようにしましょう。

栄養分に関しての特徴

エシャロットに含まれる栄養分には、アリシンという硫化アリルの一種が含まれています。これはたまねぎにも含まれる成分であり、血液をサラサラにする効果があり高血圧予防や心筋梗塞予防、脳梗塞予防に動脈硬化予防などの効果があります。

育てるのに必要なアイテムおすすめアイテム

エシャロットはたまねぎと同じように鱗茎を肥大化させるために、十分な栄養が必要となります。そのため栽培する際には普通の肥料ではなく、できるだけ専用の肥料かたまねぎ用の肥料などのアイテムを使用するようにしましょう。

野菜の歴史

エシャロットは古くから中東やヨーロッパなどで料理に使用されていましたが、日本ではまだなじみの少ない野菜になります。日本では根ラッキョウがエシャロットと呼ばれていたため、ベルギーエシャロットと呼んで区別したりします。

おすすめの食べ方料理方法

エシャロットは香味野菜であるため炒めることにより、風味が出てきます。そのためみじん切りやスライスなどをして魚料理や肉料理などの上に散らしたり、ソースに利用して独特の風味を加えることもあります。また細かくみじん切りにしてドレッシングなどに加えたり、マリネするさいに加えたりなどして利用することもあります。そのほかにもタマネギよりもまろやかな風味であるため、タマネギの代用として使用することもできバターライスを作るときなどにタマネギの代わりにみじん切りにしたものを利用したり、タマネギでは風味が強すぎる料理とかに利用する食べ方もあります。

野菜育て方の注意点まとめ

エシャロットの栽培に適している場所は日当たりの良い場所で栽培する方がよいため、栽培するときには日陰になりにくく日当たりが良い場所を選んで植えるようにしましょう。また生育に適した温度は20℃前後であるため、寒い時期は敷き藁などして保温するようにしたほうが安全です。また種から育てるときは、草丈が20から25センチメートルほどの高さになったら定植をします。追肥を行なう際には本葉が出て間引いたときと、二月下旬と三月下旬ごろに追肥を行いそれと同時に土寄せも行なうようにしましょう。また病気になった場合には、早めに対処するようにしましょう。

この投稿者の他の植物図鑑一覧