• グレープフルーツの種類【オロブランコ】について育て方や情報
  • View数View数3,774
  • SCORESCORE1320.9
グレープフルーツの種類【オロブランコ】について育て方や情報

グレープフルーツの種類【オロブランコ】について育て方や情報

果実名はオロブランコというスウィーティーです。果物のおおきさは、グレープフルーツと同じぐらいのおおきさで、球形の形のものが多いです。頭の部分が盛り上がっているものが多く見られます。果皮のいろは、スウィーティーの場合はグリーンから黄緑色をしているものが多いのですが、オロブランコというグレープフルーツは、薄い黄緑色から黄色まで色々あります。酸味が少なく甘味が強いのが特長で、苦味もありません。最近では木で熟成されたグレープフルーツを輸入させているため、より甘味がある品種が日本に数多く入ってきています。

※植物図鑑の画像は無断でご利用いただけません

植物図鑑内容

果物分類の特徴

果物分類はミカン科ミカン属で、和名でオロブランコと呼ばれています。アメリカのカリフォルニア州を中心に栽培されており、日本でもほの名前で呼ばれています。旬は11月から2月の秋から冬で、グレープフルーツは通年出回っています。

原産国の特徴・同様の原産国の果物紹介

このグレープフルーツの原産国はアメリカのカリフォルニア州です。このカリフォルニア州の気候は一年を通してとても温かくて、からっとした気候が特徴です。そんな温かな地域では、果物がとても育ちやすく、メロゴールド、ネーブルオレンジといった柑橘類。グリーンマンゴー、ホワイトサポテ、ザクロ、プルーンなど南国系のフルーツがたくさん栽培されています。また、イスラエルの果物はカリフォルニアから日本に輸入されていることがとても多く、スウィーティーの原産国もイスラエルで、どちらも温かな国なので、同じような果物が育ちます。

種まき時期に関しての注意特徴

種まきは四月などの春先に苗種をまきます。この品種は苗を買っても一本の木でも十分に実がなります。しっかり水やりをしますが、家庭で種から生育する場合、なかなか発芽しにくいのが特徴です。発芽したものを春先に植えますが、そこから花が咲くまでに成長するのに10年から18年かかる場合があります。

収穫時期に関しての注意特徴

収穫時期は、冬である12月下旬から1月が適していると言われています。日本国内の場合は寒いのでなかなか甘くはなりにくいのですが、カリフォルニアは温かい地域のため、甘味の強いグレープフルーツが収穫されます。

病害虫の特徴

病害虫は、エカキムシで、食害の後がまるで絵を描いたような跡になるので、そのように呼ばれています。予防方法としては、ネットにかけて卵を産み付けにくる成虫からまもることです。または農薬を散布して害虫対策をします。

栄養分に関しての特徴

栄養分は、たくさんのビタミンCが含まれており、疲労回復や弱った肝臓の解毒作用を促したり、リモネンという香りの成分がダイエットにいいと言われています。ビタミンCはシミやシワなど美容効果がとても高くて女性に人気です。

育てるのに必要なアイテムおすすめアイテム

育てるのに必要なアイテムは、大きめの鉢、果物用の培養土と栄養剤、農薬、果物を守るためのネット、剪定ばさみなどです。特に特別なアイテムは必要がなく、鉢さえあれば専用の土を買ってくればすぐにでも植えられます。

果物の歴史

この果物の歴史は今から300年も前から、西インド諸島のバルバドス島から誕生して、その後アメリカのフロリダへ渡って本格的な栽培が始まりました。大正時代の日本にも伝わりましたが、日本の気候に、うまく定着しませんでした。

おすすめの食べ方料理方法

普通のグレープフルーツよりも、オロブランコは甘味が強いのが特長です。そのため、なんといっても美味しいおすすめの食べ方はそのまま皮を剥いて食べて、その甘さを感じていただくことです。食べにくい肩には、絞り器で果汁を絞ってあげて、ジュースにすれば大人から子供まで楽しむことができます。フルーツポンチの中に入れて他のフルーツとの相性を楽しんでもいいですし、忙しい方にはスムージーなどの材料として使ったり、ヨーグルトの添え付けのフルーツなど、さまざまなメニューに楽しむことができます。苦味がないので、苦いのが苦手な方にはおすすめです。

果物育て方の注意点まとめ

このオロブランコというグレープフルーツは、甘味が強く苦味がないので、食べやすい柑橘類なのですが、種から花を咲かせるのに10年から18年と長い年月がかかるのが特長です。もともとは温暖な気候で生まれ育った果物のため、日本で栽培する場合は収穫時期が冬なので、寒いためあまり甘味がでたりうまく育たない場合があります。虫が寄り付きやすいので、農薬を散布してネットをかけて、虫が卵を産み付けるのを防いでください。必ず土は水が耐えないように、毎日しっかりと土に水やりをしてください。とても根気がいる栽培ですが、一本の木でたくさんの実をならします。

「グレープフルーツ」に一致するマメ知識

「グレープフルーツ」に一致するまとめ

グレープフルーツ…
グレープフルーツの育て方・栽培
もともと亜熱帯が原産地なため、寒い場所での栽培には向いていません。栽培に適した場所は、年平均が18°C以上が良いといわれています。寒さに強くないため、最低温度が…

育て方ラボ 公式ページさん

11,866view

この投稿者の他の植物図鑑一覧