• カリフラワーについて育て方や情報
  • View数View数1,098
  • SCORESCORE384.3
カリフラワーについて育て方や情報

カリフラワーについて育て方や情報

カリフラワーはなじみがあってスーパーマーケットなどどこにでも売っている野菜です。名前の由来は、キャベツ類の花を意味するケールフラワーやコールフラワーから来たもので、和名ではハナヤサイやハナカンランンやキダチハナボタン、そして花キャベツとも言われています。主に花のつぼみの部分を食用としていますが、観賞用としても利用されます。この部分はクセのない味わいで独特の歯ごたえがあり、付け合わせやスープなど幅広く利用されています。一般的なカリフラワーは白いものが多いですが、最近はオレンジ色や紫色のものも出回っていて、美しい食卓を演じます。

※植物図鑑の画像は無断でご利用いただけません

植物図鑑内容

野菜分類の特徴

カリフラワーの野菜分類は、アブラナ科アブラナ属の一年生植物で、地中海原産のケールが祖先とするものです。見た目はブロッコリーと似ていますが、カリフラワーはつぼみがひとつの塊のように堅く結びついているのに対して、ブロッコリーは伸びた茎の先端に密集してつぼみを作るという違いがあります。

原産国の特徴・同様の原産国の野菜紹介

カリフラワーの原産国は定かではありませんが、地中海沿岸やヨーロッパともいわれていて、比較的新しいイメージがありますが、その歴史は古くなんと2000年ほど前から栽培されていたようです。カリフラワーのほかにキャベツ・ブロッコリー・ダイコン・タマネギ・カブ・レタスなど、どこのスーパーマーケットに売っているなじみのある野菜も地中海沿岸の原産です。日本では、明治時代に関東近辺でほど細と作っていたようですが、第二次世界大戦後に洋風文化の広まりとともに浸透し、愛知県や茨城県や徳島県などほぼ全国的に生産されています。

種まき時期に関しての注意特徴

カリフラワーはいくつかの品種がありますが、育てやすい品種は野崎早生やスノーキングやスノークラウンなどです。また、やや冷涼な気候を好むので、春または夏以降の種まきがよろしいです。保水性の土壌を好みますが、湿気や高温に弱いので注意が必要です。

収穫時期に関しての注意特徴

収穫時期は、花つぼみが大きく育ち、小さなつぼみがはっきりと見えて硬く締まるときが時期ですが、寒冷地では6月~8月、暖地では春まきの場合は5月頃、夏まきは11月~1月頃、中間地では春まきは6月頃、夏まきは11月~12月頃です。

病害虫の特徴

病害虫は、根こぶ病・苗立枯病・べと病・黒腐病・軟腐病の病気があり、アオムシ・コナガ・ヨトウムシ類・アブラムシなどの害虫が発生しやすいです。特に、秋作では育苗期が高温のため、油断すると害虫の被害が大きくなります。

栄養分に関しての特徴

カリフラワーの栄養分はビタミンCやビタミンB1、B2が豊富で、特にビタミンCは100gで1日に必要な摂取量を摂れるほど豊富で、茹でた時の損失が少ないのも特徴で、畑のレモンといわれるほどです。また、食物繊維も豊富でキャベツや白菜よりも多く含まれているので、便秘解消にも良いです。

育てるのに必要なアイテムおすすめアイテム

カリフラワーは、比較的簡単に育てることができます。この時のアイテムは、小型なら標準タイプのプランターを、大型なら植木鉢を使います。また、害虫がつきやすいので、対策として防虫ネットを使うと良いでしょう。

野菜の歴史

カリフラワーはケールが起源とされていて誕生した時期は定かではありませんが、16~19世紀にかけてヨーロッパで発達しその後アメリカやアジアに伝わったとされています。日本では明治時代に関東近辺で作っていたようですが、第二次世界大戦後に浸透し愛知県や茨城県や徳島県など全国的に生産されています。

おすすめの食べ方料理方法

カリフラワーにはさまざまな食べ方がありますが、基本的に茹でてから食べます。そのバリエーションも豊富で、簡単なものだと小房に茹でてマヨネーズやタルタルソースやケチャップなどをつけて食べたり、ちょっと凝ったものだとグラタンやシチューなどの煮ものにも適します。また、新鮮なものになりますが、生で食べる方法もあり、そのときは薄く切ってサラダの具材にするのもおすすめです。ほかには、衣をつけてフライにしたり、軽く茹でたものを炒め物に使ったり、パスタの具材だったり、おもしろいものだとチーズフォンデュという食べ方もあり、カリフラワーの食べ方は無限に広がります。

野菜育て方の注意点まとめ

肥料が足りないと生育が悪くなり花つぼみが大きく育たないことがあるので、肥料切れにならないように気をつけます。植え付けをするときは、深植えしないように注意します。生育初期に水不足になると、極端に育ちが悪くなってしまいます。土が乾燥しないようにこまめに水をやることも大切ですが、根は湿害に弱くて水たまりが生じると根腐れを起こしてしまうので、水たまりがないように注意します。害虫については特にアオムシとヨトウムシは葉っぱを食い荒らすので、見つけ次第すぐに駆除します。包葉性が強くて収穫時期が分かりにくいときがあり、高温時には花つぼみの肥大が早いので取り遅れないように注意します。

「アブラナ科」に一致するマメ知識

「アブラナ科」に一致するまとめ

オオアラセイトウ…
オオアラセイトウの育て方・栽培
オオアラセイトウは、水はけがよく養分の多い土を好みます。もしオオアラセイトウを栽培するのであれば、できるだけ生息地に近い環境に近づけてあげましょう。育ち方は種を…

育て方ラボ 公式ページさん

5,126view
ヘリオフィラの育…
ヘリオフィラの育て方・栽培
ヘリオフィラ属の植物を園芸用として楽しむための育て方、栽培方法ですが、秋に種をまいて春に花を楽しむという楽しみ方になります。種付けは9月から10月で、花が咲くの…

育て方ラボ 公式ページさん

4,159view
ケールの育て方・…
ケールの育て方・栽培
ケールの育て方・栽培のまとめとなります。ケールは生育旺盛で育てやすい野菜に分類されます。キャベツの仲間ですがキャベツと違って丸める手間がいりません。育て方は、苗…

育て方ラボ 公式ページさん

12,207view

「アブラナ科」に一致する植物写真

この投稿者の他の植物図鑑一覧