• カレープラントについて育て方や情報
  • View数View数1,227
  • SCORESCORE429.45
カレープラントについて育て方や情報

カレープラントについて育て方や情報

カレープラントは、キク科ギワラギク属の多年草の植物の一種であり、葉茎からカレーの香りがするのが特徴です。そのことから、カレープラントと呼ばれています。しかし、カレー粉の原料として使われているわけではなく、特徴的な香りから料理の香りづけとして使用されていることが多いです。また、イモーテルやエバーラスティングともいい、料理の香りづけに使われたり、特徴的な香りから他のバーブと混ぜてポプリとして使う芳香の用途として利用されたり、乾燥させても葉や花の色があせないことからドライフラワーなどの観賞用としても利用されています。

※植物図鑑の画像は無断でご利用いただけません

植物図鑑内容

野菜分類の特徴

厚生労働省では、カレープラントはその他のハーブとして食品分類しています。また、野菜分類としてはキク科の野菜になります。ふつうは、食べる分には野菜分類としてはあまり関係ないですが、これは野菜を育てる上でひとつの参考になります。

原産国の特徴・同様の原産国の野菜紹介

カレープラントは、原産国は南ヨーロッパから北アフリカにかけての地中海沿岸地域で、比較的歴史の浅い植物です。主に、南ヨーロッパから北アフリカにかけての地中海沿岸に原生し、高温でも乾燥した岩場や砂地に多く見られます。多少寒いところでも可能ですが、湿潤な環境は苦手で、高温多湿に弱いですが、日本では温室や温床などの特別の設備を使用しない露地栽培が可能です。この辺の地域の原産とする野菜は、カレープラントのほかには、シュンギク、レタス、カブ、ダイコン、ゴボウ、キャベツ、ブロッコリーなど、キク科の野菜が多いです。

種まき時期に関しての注意特徴

カレープラントの種まきは、主に4月から5月頃にかけての春と9月から10月にかけての秋に適しています。主に、日当たりと水はけのよいやや乾燥した場所が良いですが、真夏のような日光は強すぎるので遮光できるところがよろしいです。

収穫時期に関しての注意特徴

カレープラントの収穫時期は、葉は4月から9月くらいが主で、状況にもよりますが一年を通して摘み取り利用することができます。茎先の葉を必要に応じてハサミで切り取ります。花の収穫時期は、7月から9月にかけてで、草丈の3分の1ほど残して枝ごと切り取ります。

病害虫の特徴

病害虫は、水のやりすぎや過湿などの原因で根腐れが発生して茎が褐色に変色して枯れてしまい、一度かかると治療が難しく他の植物に影響することがあるので早めに処分します。害虫はアブラムシで、排泄物により葉や茎が黒く覆われているのが分かり、牛乳を2~3倍で薄めたものを霧吹きで殺虫します。

栄養分に関しての特徴

カレープラントの栄養分は、イモテールやネリル・アセテート・αーピネンを含んだ精油ですが、多量に食べると胃腸障害を起こすことがあります。また、カレープラントの香りはエッセンシャルオイルとしても利用されていますが、16種類の成分の組み合わせとも考えられています。

育てるのに必要なアイテムおすすめアイテム

主なアイテムは、鉢またはプランターを使います。それに鉢底石や培養土などを入れ、苦土石灰を使います。ほかには、シャベルやじょうろ程度なので、簡単に育てることができます。一度植えると植え替えは必要ありませんが、鉢から根が伸びてしまうときは一回り大きな鉢に移し替えます。

野菜の歴史

カレープラントは、地中海沿岸地域が原産地ですが、歴史は比較的浅いですが、古くから地中海料理の風味づけとして乾燥させた葉を利用していた歴史があります。原産地ではお土産用として栽培が進められ、香りづけや防虫効果もあり、エッセンシャルオイルとしても出回っています。

おすすめの食べ方料理方法

カレープラントは、カレーの香りがすることからこの名前がありますが、カレー粉やカレールーの原料としては利用されていません。これは苦みが強いため食べ方としては適しませんが、葉茎はスープやシチュー、マリネなどの料理の香りづけに使います。ラム肉や青魚煮込むときにいれると、ほのかなカレーの香りが付いて臭みが消えます。主にハーブの一種としての利用なので、グリルチキンや肉料理などの香りづけや、ピクルスなどの漬物の香りづけにも利用されています。短時間で香りがしっかりつくので最後に入れると良いですが、煮込みすぎるとハーブ特有の苦みが出てしまうので香りが付いたら取り出して食べずに香りだけを楽しみます。

野菜育て方の注意点まとめ

カレープラントは、日当たりの良い場所が適していますが、逆に日当たりが悪いと生育が悪くなり葉が黄色くなったり落ちたり、また花が咲きにくくなってしまいます。日当たりも真夏の直射日光は強すぎるので、陰にいれたり遮光するなどします。寒さには少しくらいは平気ですが、霜に気をつけます。湿気に弱いので、乾燥気味に育て肥料は控えめにします。枝葉をよく伸ばして密生する性質があり、蒸れやすくなり葉が枯れあがってしまいます。そのため、混みあった枝の部分を切り戻してできるだけ風通しを良くします。とくに、梅雨から夏にかけての高温多湿の時期は注意が必要です。大体梅雨前に刈り込みをしておくと良いでしょう。

「カレープラント」に一致する育て方

この投稿者の他の植物図鑑一覧