• モモ(桃)の種類【蟠桃】について育て方や情報
  • View数View数11,450
  • SCORESCORE4007.5
モモ(桃)の種類【蟠桃】について育て方や情報

モモ(桃)の種類【蟠桃】について育て方や情報

蟠桃は中国原産のモモ(桃)の一種です。またはフラットピーチとも呼ばれます。一般的な桃と同じく、薄いピンク色をしています。最も特徴があるのは、平べったい外見です。その外見は、桃を上からプレスしたかのようであり、つぶれたようにも見えます。果肉は白く、甘酸っぱい果汁がたっぷり含まれています。ビタミンやたんぱく質また鉄分も多く含まれており、栄養価が高い品種の桃です。原産国の中国では古くから、数々の神話や伝説に登場してきました。また開花時期になると、濃いピンクの小さな花を枝にびっしりとつける様子は圧巻です。

※植物図鑑の画像は無断でご利用いただけません

植物図鑑内容

果物分類の特徴

蟠桃の果物分類はバラ科であり、桃属に属します。被子植物であり、夏に実をならせます。樹の高さは二メートル以上になることもあります。日本ではそれほど栽培が行われていないため、希少価値の高い品種になっています。

原産国の特徴・同様の原産国の果物紹介

蟠桃の原産国は中国です。現在では中国各地で栽培が行われていますが、もとは中国のウイグル地区が原産地とされています。今でもウイグル産の蟠桃はおいしく、形も美しいことから人気が高い品種の一つです。ウイグル地方は乾燥した気候であるため、蟠桃の栽培に適しています。ウイグル地区では蟠桃以外にも、ナツメやブドウが有名です。ナツメは形が大きく、濃厚な味わいです。これらのほとんどは、ドライフルーツにした後、全国に出荷されています。ウイグル地方では野菜の収穫率が低いことから、果物を通してビタミンなどの栄養素を取り入れられています。

種まき時期に関しての注意特徴

モモ(桃)の種まき時期、植え付け時期に注意することは、複数の品種を同時に植え付けることです。それはモモ(桃)は単独で受粉することが極めて難しいことによります。相性が良い品種と一緒に植え付けるようにしましょう。

収穫時期に関しての注意特徴

収穫時期に関して大切なことはモモ(桃)を傷つけないように収穫することです。決してねじってもぎ取ることのないように、丁寧にハサミをつかって収穫しましょう。また枝の上方から順に熟すため、上から収穫します。

病害虫の特徴

モモ(桃)につく病害虫として蜘蛛の一種がいます。モモ(桃)の葉に発生し、斑点を発生させた後黄色く変色し落ちてしまいます。予防として芽が出た後に殺虫剤を散布し、蜘蛛の卵が成長しないようにします。開花の後も虫が発生しやすいため注意が必要です。

栄養分に関しての特徴

モモ(桃)の植え付けの際に土に液状肥料を栄養として与えます。また冬季にも有機肥料が必要です。モモ(桃)は肥料の与えすぎで、実がならないこともあります。特に栄養分として窒素が多くなりすぎないように注意しましょう。

育てるのに必要なアイテムおすすめアイテム

育てるのに必要なアイテムは専用の実にかける袋です。普通の桃用とは違う、専用の高さの低い袋が必要です。ちょうど果実をすっぽり覆えるように作られています。袋は果実が傷つかないように守り、防虫予防の役目を果たします。

果物の歴史

中国の古代神話にすでに登場しますから、記録に残っているだけでも二千年以上前にはすでに存在していたことになります。歴史の古いモモ(桃)の一種です。日本には明治時代になってから、苗木が持ち込まれるようになりました。

おすすめの食べ方料理方法

おすすめの食べ方は、よく洗ってから細いナイフで皮を薄く剥き、そのままいただきます。冷蔵庫で冷やすと一層おいしくなります。現地ではよく洗ったあと、皮を剥かないで食べられています。慣れないと口に皮が残る感覚がありますが、皮にも栄養がたくさん含まれているので健康的です。またモモ(桃)のコンポートもおすすめの食べ方です。皮を湯剥きした後、鍋に入れて桃がかぶる程度の水を注ぎます。砂糖を入れた後、弱火でじっくり煮ます。完成したら、冷蔵庫に入れて冷やすと、ゼリーのような食感になります。煮た後の水も捨てないで、ドリンクとして飲むことができます。

果物育て方の注意点まとめ

モモ(桃)の原産地中国は乾燥した地域です。ですから乾燥気味に育てることが大切です。また十分な日光も必要とします。さらに剪定を定期的に行うことも欠かせません。剪定により、枝が十分に成長します。葉が密集すると蒸れることもあるので、気をつけましょう。桃は湿気を嫌いますので、乾燥した環境を作る必要があります。鉢植えで育てるなら、成長に応じて株の大きさにあった鉢に植え替えるようにしましょう。最初はなかなか実がならないように思えるかもしれませんが、次第にコツがわかりおいしくジューシーな桃を収穫できるようになります。

「モモ」に一致する育て方

  • 桃

    桃の育て方を紹介します。桃は、中国を原産…

    2,792

    0

  • モモ

    モモ

    果実を採取するためだけではなく、もっぱら…

    2,062

    0

「モモ」に一致するマメ知識

この投稿者の他の植物図鑑一覧