• サクランボ(桜桃)の種類【大将錦】について育て方や情報
  • View数View数2,090
  • SCORESCORE731.5
サクランボ(桜桃)の種類【大将錦】について育て方や情報

サクランボ(桜桃)の種類【大将錦】について育て方や情報

大将錦は山形の農園で発見されたサクランボ(桜桃)の品種です。何か品種を掛け合わせたわけではなく、種から育つ実生苗を数多く栽培し、見つけたとのことです。今までになく大変優れていたことから大将錦と命名したそうです。大玉で先が尖ったハートのような形をしているのが特徴です。酸味が少なく、甘みが十分で食べやすいので一度食べたら忘れられない味です。果実に水分が集中するため、収穫後にヘタにある水分まで実に吸収されて、ヘタがしおれることがあります。それだけ張りがあって歯ごたえがある美味しいサクランボ(桜桃)と言う証になります。

※植物図鑑の画像は無断でご利用いただけません

植物図鑑内容

果物分類の特徴

サクランボ(桜桃)の果物分類は、バラ科サクラ属のミザクラの核果果実になります。同じサクラでも観賞用のものとは異なります。核果果実は桃などと同じで中心に種があり、その周りを実が囲んで果皮がそれを覆います。

原産国の特徴・同様の原産国の果物紹介

カスピ海沿岸が原産国とされています。その中のイラン北部の山地が原産地とみられています。イランは果物が豊富です。スイカもイランが原産といわれています。形状が丸ではなくラグビーボールみたいな楕円形をしています。甘さも十分ですが日本より安価で手に入れることができます。日本語の「西瓜」の西はイランだとの説もあります。また、ザクロについてもイランが原産地であるという話があります。国内にあるザクロス山脈が名前の由来と言われています。気温が高く、夏が長く続き、高所が適している環境です。「果物の王様」と言われて昔から珍重されてきました。

種まき時期に関しての注意特徴

サクランボ(桜桃)は苗から育てるのが普通です。また、実がなるようになるまで5年程度必要とされています。種から育てる場合、時期はあまり注意する必要はありません。その代わり種の水分が保たれるよう、実から取ったらすぐ種まきをするか湿らせたものの上で冷暗所に保管して発芽を待ちます。

収穫時期に関しての注意特徴

サクランボ(桜桃)では遅い7月からの収穫時期になります。開花の時期が早くて熟すのが遅いため生育期間が長い傾向にあります。有名な佐藤錦と比べると10日間ほど長くなります。長い期間栄養分を蓄えるため実が大きく育ちます。

病害虫の特徴

サクランボ(桜桃)を悩ます病気の主なものはカビになります。根や茎、葉に付着して繁殖し、傷ませてしまいます。また、ダニなども厄介な害虫になります。これらの病害虫は清潔な環境を維持することで防ぐしかありません。

栄養分に関しての特徴

サクランボ(桜桃)は量は少ないですが多くの種類のビタミンを含んでします。その中でも特にビタミンCを多く含んでいます。またカリウムを多く含んでいるため、体内の塩分であるナトリウムを体外へ出す作用があります。

育てるのに必要なアイテムおすすめアイテム

美味しい実をつけるために必要なアイテムは受粉樹です。親和性のある他の品種を3割程度植えるのが適当とされています。大将錦に親和性があるのがナポレオン、高砂、香夏錦になります。開花後5分咲きと満開の時に筆などを使って受粉させます。

果物の歴史

サクランボ(桜桃)の現在流通している品種は、ヨーロッパで栽培されてものが元と言われています。日本には明治時代初期に開拓使によって持ち込まれたとされています。大将錦は、平成2年4月に品種登録されました。

おすすめの食べ方料理方法

サクランボ(桜桃)の美味しい食べ方は、鮮度のいいうちに冷たくしてそのまま食べることです。美味しいものの見分け方は、まず大玉であること。次に果皮の色が濃いもので艶があるもの。また、パチパチとはじけそうなぐらい果皮に張りがあるものです。収穫から2から3日が食べごろになります。常温で食べると味がぼやけてしまうので、すぐに冷やしたい時は冷水にくぐらせます。もし、食べきれないようであればシロップ漬けにすると長期保存に向きます。そのまま食べるのではなく、パイやケーキ、パンなどに使います。その場合は甘くなりすぎるためすこし酸味のあるものと合わせるといいでしょう。

果物育て方の注意点まとめ

サクランボ(桜桃)の苗木は12月または3月に植え付けを行います。土質は特に選ばないでも大丈夫ですが、水はけが良く乾燥気味のところを好みます。大将錦は生育が早いので3年から5年で実がなるようになります。4月ごろ開花し、5月初旬までに芽吹きが終わります。7月上旬には収穫時期を迎えて1ヶ月程度続きます。なるべくまんべんなく日が当たるように扇状に広げて仕立てていき、4mから6mでまとめます。前年に伸びた枝に結実するので、注意して剪定する必要があります。結実した後は鳥などに食べられないようにネットなどで保護する必要があります。

「サクランボ」に一致するマメ知識

この投稿者の他の植物図鑑一覧