• ブドウ(葡萄)の種類【キャンベル】について育て方や情報
  • View数View数3,131
  • SCORESCORE1095.85
ブドウ(葡萄)の種類【キャンベル】について育て方や情報

ブドウ(葡萄)の種類【キャンベル】について育て方や情報

「キャンベル」という名前の通り、このブドウ(葡萄)はアメリカで誕生しました。このブドウ(葡萄)の特徴は、巨砲ほどではありませんが、一つ一つの粒が大きく、他のブドウに比べて色が黒く濃いことです。皮は厚いのですが、ブドウによくある皮が剥きにくいということが少なく、比較的剥きやすいというのも特徴です。また、糖度と酸味のバランスが良く、甘すぎず酸っぱすぎない丁度良い甘酸っぱさが魅力です。そのため、キャンベルはそのまま食べる以外にもワインなどに使われるケースも多く、多様な使い方ができるのも大きなポイントでしょう。

※植物図鑑の画像は無断でご利用いただけません

植物図鑑内容

果物分類の特徴

ブドウ(葡萄)は、果物分類として分けると、ブドウ科ブドウ属に属します。ブドウ科の植物は他にもいくつか存在しますが、比較的背丈が低く、つる状の植物が多いのが特徴です。また、ブドウ(葡萄)の品種だけでも10000種類以上存在します。

原産国の特徴・同様の原産国の果物紹介

ブドウ(葡萄)は、主に「ヨーロッパブドウ」と「アメリカブドウ」に分けられ、ヨーロッパブドウの原産国はギリシャ付近で、そこから中近東を渡り、中国、日本へと伝わったとされています。アメリカブドウの原産国は、その名の通りアメリカです。ヨーロッパやアメリカ原産の果物は多いですが、その中でもベリー系はこの地域原産のものが目立ちます。たとえば、ラズベリーはヨーロッパや北米が原産とされ、古い書物にも書かれるほど歴史のある果物です。また、クランベリーは北米が原産で、クランベリーソースはとてもポピュラーな食べ物になっています。

種まき時期に関しての注意特徴

ブドウ(葡萄)の種まき時期(苗の植え付け時期)は、主に11月から冬の半ばくらいまでです。基本的に一年中どの季節でも植え付けが可能ですが、夏から秋にかけて収穫するのが好ましいので、寒くなり始める時期に飢え始めるのが良いでしょう。

収穫時期に関しての注意特徴

収穫時期は、8月から10月にかけてが最も多いでしょう。早い場合には7月からということもありますが、それはその土地の気温や様々な条件により成長具合に差が出てくることなので、各々が育てた土地の条件を把握して収穫するのが好ましいです。

病害虫の特徴

ブドウ(葡萄)の中でも、キャンベルは病害虫には強い品種と言われています。しかし、だからといって放置していると、葉が枯れてしまったり虫が増殖してしまうので、肥料や専用の殺虫剤を使えば余計な手間をかけることなく育てることができます。

栄養分に関しての特徴

ブドウ(葡萄)の栄養価で、注目するのはポリフェノールです。ブドウには、目に良いとされるこのポリフェノールが多く含まれています。また、この栄養分は、ガンにも効果的とされていて注目を浴びています。さらに、糖も多く含まれているので、頭の働きを良くするのにも最適です。

育てるのに必要なアイテムおすすめアイテム

ブドウ(葡萄)を育てるのに必要なアイテムは格子状の柵か、竹などで編んだ柵です。これも、ブドウはつる状の植物なので、上から吊るして育てる必要があります。そのため、できるだけ水分に強い格子が必要になってきます。また、保護用の袋もあった方が便利でしょう。

果物の歴史

キャンベルは、アメリカのジョージ・W・キャンベル氏によって掛け合わせで作られた1892年に誕生した品種です。その後、明治30年ごろに日本に伝わりました。この品種は、日本の巨峰の元となったものとして有名です。

おすすめの食べ方料理方法

キャンベルは、甘酸っぱいのが魅力ですが、酸っぱすぎないのでそのまま食べても十分に楽しめる品種です。ですが、ヨーロッパではワインに使われることも多いので、ジュースなどにして飲むのも良いでしょう。また、おススメの食べ方としては、ジャムやピューレにして他の料理に混ぜて頂くという方法もあります。さらに、凍らせることで、シャーベット状の食感が良いアクセントになります。しかし、ブドウは粒の食感を楽しむ果物なので、そのままゼリーに入れて固めて食べたり、サラダやヨーグルトに混ぜて食べるというのが、ブドウの味を存分に楽しめる食べ方だと思います。

果物育て方の注意点まとめ

この品種は、病気や害虫が付きにくいと言われる品種ですが、最低限の手入れは必要です。たとえば、水はけの悪い土地で育てると、根が腐りやすくすぐにダメになってしまいます。また、雨が降って朽ちた葉っぱをそのままにしておくと、その下に生える果実事態にも悪影響が出て、思うように成長しなかったり腐って落ちてしまったりというようにせっかく育てたものを台無しにしてしまいます。雨が多く降る地域では、頻繁に葉っぱの手入れや根っこの点検が必要です。また、小さい実がいくつもできる場合があるので、少しでも大きい個体を育てるために、そのような小粒の房は取り除くのが良いでしょう。

「ブドウ」に一致する育て方

  • ブドウ

    ブドウ

    ブドウの育て方を紹介します。ブドウは、ヨ…

    4,630

    0

「ブドウ」に一致するマメ知識

「ブドウ」に一致するまとめ

植物成長イラスト…
植物成長イラスト パート1
皆様こんにちは、植物の成長アイコンの素材のまとめパート1です。色んな植物や野菜等の成長過程を作成しました。沢山ございますので、貴方のお探しのデザインが見つかると…

ヒロさん

5,477view

この投稿者の他の植物図鑑一覧