• ナシ(日本梨)の種類【晩三吉】について育て方や情報
  • View数View数1,401
  • SCORESCORE490.35
ナシ(日本梨)の種類【晩三吉】について育て方や情報

ナシ(日本梨)の種類【晩三吉】について育て方や情報

ナシ(日本梨)の品種「晩三吉(おくさんきち)」は、晩生種の赤ナシです。ナシ全体の1%程度しか栽培されておらず、希少価値の高い品種でもあります。江戸時代の新潟県中蒲原群両川村で「早生三吉」の変異種として発見されました。平均500g~700gの大き目なナシで、他の赤ナシに比べ酸味があるのが特徴です。甘味もありますが、スッキリとした味わいを楽しむことができます。長期保存ができる品種なので、お正月まで出回ります。大分県で多く栽培されており、晩三吉の生産の半分を占めています。贈答用としても人気の品種でもあります。

※植物図鑑の画像は無断でご利用いただけません

植物図鑑内容

果物分類の特徴

ナシ(日本梨)の果物分類は、バラ科ナシ属。その分類の中でも、赤ナシと青ナシに分かれています。晩三吉は赤ナシの分類です。どちらのナシもシャリシャリとした独特の食感と果汁の多さが魅力の果物になっています。

原産国の特徴・同様の原産国の果物紹介

ナシ(日本梨)の原産国は中国と言われています。中国を中心に、朝鮮半島や日本でも多く作られていました。晩三吉の原産は新潟県と言われていますが、現在は大分県で生産量の半分を栽培しています。大分県は、ナシの他にもカボスや大分果研4号、セミノールなども栽培されています。大分果研4号とは、早生の柑橘類として大分県で生まれました。ゼリーのようなプルプルとした食感が特徴の果物です。また、セミノールは、温州みかんに似た形をしている表面がツルっとした皮のミカンのことを言います。大分県では柑橘類の栽培も盛んに行われています。

種まき時期に関しての注意特徴

ナシ(日本梨)の種まきは、種の保存ができない為、果実からとった種を植える場合は、水洗いをしてすぐにまくようにしましょう。果樹の種は、発芽が遅れることも多く、また発芽しない場合もありますが、温かくなる時期には発芽してくるでしょう。

収穫時期に関しての注意特徴

ナシ(日本梨)の収穫時期は、品種により様々です。晩三吉は、晩生種ということもあり、10月下旬頃から出回りようになりますので、その前の10月頭ぐらいから収穫が始まります。貯蔵性に優れている為、翌3月頃まで市場に出回ります。

病害虫の特徴

ナシ(日本梨)の病害虫で気を付けてほしいのが、黒斑病と黒星病、輪紋病の病害に気を付けましょう。また、害虫としては、ダニ類やアブラムシ、またその年によって差のあるカメムシの被害にも気を付けるようにしましょう。

栄養分に関しての特徴

ナシ(日本梨)の栄養分で注目したいのが、アスパラギン酸です。アスパラギン酸には、疲労回復効果が期待できます。また、スキンケア効果にも期待がもてますし、アンモニアを解毒する作用もあり、肝臓の負担を軽減してくれます。

育てるのに必要なアイテムおすすめアイテム

ナシ(日本梨)を育てていく時にあると便利なアイテムが、袋がけに利用する袋です。袋掛けを行う理由としては、病害虫から守ることと、果実の品質を向上させることができることから、使用した方がより美味しく綺麗な果実ができるでしょう。

果物の歴史

ナシ(日本梨)の歴史として、日本で栽培されている果実の中でも古くからある一つです。ナシが食べられていたのは、弥生時代からではないかと言われています。登呂遺跡などからナシの種が出たことで、この時代にはその存在があったのではないかと考えられています。

おすすめの食べ方料理方法

ナシ(日本梨)のおすすめの食べ方は、もちろん生のままカットして食べるに限りますが、ちょっと工夫をして食べるのも美味しくいただけます。意外かもしれませんが、キムチとナシの相性は抜群です。ナシキムチとして、キムチの中にカットしたナシを入れるだけでできるので簡単です。仕上げにごま油をまぶすとよりおいしくいただくことができます。ナシのみずみずしさと甘い味がキムチの辛さとマッチしています。シャキシャキとした歯ごたえも大根などで作るカクテキのような味わいで、美味しくいただけます。意外な組み合わせですが、韓国ではナシが入ったキムチもありますし、一度お試しください。

果物育て方の注意点まとめ

ナシ(日本梨)を育てる時に注意したいのが、実がたくさん付いたからといって、そのままにしておかないことです。特に実が密集していると、接触面に害虫が入り込んでしまうリスクが高くなってしまいます。ヒメシンクイムという害虫が実を食べてしまいますので注意しましょう。1つの実がなった場所から、2、3個分の間隔を開けておくことが大切です。密集していると農薬がかからなくなってしまいます。必要に応じて摘果をしていくことがとても大切になってきます。大切に育てていけば、ちゃんと果実が実ってくれますので、ご自宅でも美味しいナシを楽しめます。

この投稿者の他の植物図鑑一覧