• ワサビについて育て方や情報
  • View数View数1,708
  • SCORESCORE597.8
ワサビについて育て方や情報

ワサビについて育て方や情報

ワサビは、アブラナ科ワサビ属に分類される植物で、私たちの食生活の中でも薬味や調味料として親しみのある食材のひとつとなっています。栽培するにあたって、水質や土壌などが綺麗なものでないと栽培できないこと、また、収穫までに長い日数がかかることからも、非常に手間がかかるのが特徴です。多年草であるため収穫自体は一年中行うことができ、日本では静岡県や長野県が産地として有名です。また、畑ワサビであれば北海道や島根県なども産地として知られています。独特の辛味や香りがあり、すりおろしたり細かく刻んで薬味として使用されることが多くあります。

※植物図鑑の画像は無断でご利用いただけません

植物図鑑内容

植物分類の特徴

植物分類の方法として、まず植物は、種子によって増えるか否かで種子植物に分類されます。また、種子植物はその花の形によって、裸子植物と被子植物に分類されます。裸子植物は胚珠がむき出しになっており、被子植物は胚珠が子房に覆われているのが特徴です。

原産国の特徴・同様の原産国の植物紹介

ワサビは日本が原産国の植物です。古くから香辛料や薬草として栽培され、私たちにとって馴染み深い植物のひとつです。多年草で一年中収穫できますが、綺麗な水や土がないと栽培することができません。実際に栽培が始まり薬味として使用されるようになったのは江戸時代頃とされていますが、古くは飛鳥時代から薬草として使用されていたとする記録が残されています。ワサビには殺菌効果があることからも、生ものなどの食材の保存のために添えられることも多くありました。他に日本原産の植物としては、アジサイやテッポウユリ、カラスウリなどがあげられます。

同時期に開花する花の種類や特徴

ワサビの開花時期は、3月から5月頃になります。多年草であるため、毎年咲くことができます。比較的涼しい場所を好み、そこそこの日当たりは必要ですが、強い日差しや直射日光は苦手です。また、清涼な水がある場所での栽培が可能です。同様に多年草の植物としては、アヤメやツルキキョウ、クリスマスローズやミヤコワスレなどがあげられます。植えておくと一年で枯れ切ることなく、毎年咲くことができます。多年草の植物は比較的開花時期が長いものが多く、その分、様々な気候、温度にある程度の耐性を持つことが特徴として挙げられます。

花言葉を使う時のサンプル

ワサビは5月26日の誕生花とされており、花言葉としては、目覚め、うれし涙があります。昔から薬味として使用され、ツンとした鼻に抜けるような辛味があることから、目覚めの意味をもつ花言葉がつけられています。また、

花・植物についてのコメント

花や植物は、私たちの生活の様々な場面で取り入れられ、密接なものとなっています。例えば、観賞用としての利用です。会社や自宅などの様々な場所に観葉植物として緑が取り入れられています。視界に入るだけで私たちの気持ちを落ち着かせリフレッシュさせてくれる他、空気中のカビの増殖を防いだり、菌の繁殖を抑えたりと空気を正常に保つ働きまで持っています。次に、その香りについてです。ハーブのように紅茶に入れて楽しんだり、アロマとして楽しんだりと、その香りにも私たちをリラックスさせてくれる効果があります。植物は私たちの生活の中で欠かせないものとなっているのです。

簡単な育て方・栽培方法

ワサビの育て方についてですが、ワサビは栽培にあったって非常に難易度の高い植物となります。栽培の際は、ワサビは綺麗な水を好むため、水が貯められるプランターを用意しましょう。また、こまめに水を替え、清潔に保ちましょう。日光は多少必要ですが、直射日光は避けてください。生育にあたっては8~20℃が適温、また、水温は16~18℃に保つようにしましょう。

この植物に関してのまとめ

ワサビについてのまとめです。ワサビは日本原産の植物で、古くから薬草や香辛料として使用されてきました。その歴史は飛鳥時代にまで遡ります。現在でも、私たちの食卓に欠かせない調味料のひとつです。鼻に抜けるようなツンとした辛味や独特の香りを持っており、すりおろしたり細かく刻んで使用します。多年草であるため一年中収穫はできますが、綺麗な水や土のある環境を好み、収穫までの期間も長いことから、栽培にあたっては非常に手間がかかります。そのため、自身での栽培の難易度は高いものとなるでしょう。栽培の際は、温度や水質などの生育環境を整え、維持するよう心がけましょう。

「アブラナ科」に一致するマメ知識

「アブラナ科」に一致するまとめ

オオアラセイトウ…
オオアラセイトウの育て方・栽培
オオアラセイトウは、水はけがよく養分の多い土を好みます。もしオオアラセイトウを栽培するのであれば、できるだけ生息地に近い環境に近づけてあげましょう。育ち方は種を…

育て方ラボ 公式ページさん

5,020view
ヘリオフィラの育…
ヘリオフィラの育て方・栽培
ヘリオフィラ属の植物を園芸用として楽しむための育て方、栽培方法ですが、秋に種をまいて春に花を楽しむという楽しみ方になります。種付けは9月から10月で、花が咲くの…

育て方ラボ 公式ページさん

4,061view
ケールの育て方・…
ケールの育て方・栽培
ケールの育て方・栽培のまとめとなります。ケールは生育旺盛で育てやすい野菜に分類されます。キャベツの仲間ですがキャベツと違って丸める手間がいりません。育て方は、苗…

育て方ラボ 公式ページさん

12,097view

「アブラナ科」に一致する植物写真

この投稿者の他の植物図鑑一覧