• サフィニアについて育て方や情報
  • View数View数2,445
  • SCORESCORE855.75
サフィニアについて育て方や情報

サフィニアについて育て方や情報

サフィニアはサントリーがペチュニアを品種改良して弱点を少なくしたもので、色形から両社を識別するのが難しい程よく似ています。しかし、よく観察する事でペチュニアより若干花のサイズが小さい事がわかります。以前は色のバリエーションも少なく、色の種類ではペチュニアに及びませんでしたが近年では種類も多くなりました。大きな特徴としては開花の数です。一株から1000程開花すると言われています。サフィニアには種類があり、ボリュームのある株に育つサフィニア・マックス他にもサフィニア・ブーケ、サフィニア・アート、サフィニア・フリルがあります。

※植物図鑑の画像は無断でご利用いただけません

植物図鑑内容

植物分類の特徴

植物分類ではナス科ペチュニア属になります。基本的には一年草です。これは日当たりを好む反面高温多湿を苦手としている事と非耐寒性の為冬を越す事が出来ないためです。サフィニアは垂れ下がる様に伸びる事で生育します。

原産国の特徴・同様の原産国の植物紹介

原種のペチュニアはアルゼンチン、ブラジルとされていますが、サフィニアは日本のサントリーが品種改良を行って作られた事により原産国は日本になります。日本原産の植物ではシランがあります。日本に古くから自生していた植物ですが現在でも日本庭園などに植えられている事が多く良く目にする植物です。葉に特徴があり縞斑模様があるなど花の色変わり以外にも楽しめる植物となっています。日当たりの良い場所での栽培が可能で、休眠期にはいると地上に出ている葉などは枯れてしまいます。しかしこの時期に株分けなどをする事で増やす事ができます。

同時期に開花する花の種類や特徴

開花時期は4月から10月にかけてです。同時期でしたらマリーゴールドがあります。イメージ的にオレンジか黄色ですが鮮やかな色が春先から夏の終わりまで咲き続ける事で人気があります。次から次へと新しく蕾が出るので古いものを取ってやることで病気に罹らず長く楽しめます。単体での植えつけよりプランターなどに寄せ植えする様にすると豪華に見えます。葉っぱだけのコリウスなどとの組み合わせも飽きがきません。またマリーゴールドは土中の害虫を駆除するとしてコンパニオンプランツとも呼ばれているので野菜と一緒に植えても目に嬉しい植物です。

花言葉を使う時のサンプル

花言葉は「咲きたての笑顔」で次々と蕾をつけるところからきているものです。常にフレッシュな状態にある事です。近所の住人でも挨拶としてお伺いする際にサフィニアと一緒に手渡しするとよいでしょう。その時には笑顔を忘れずに。

花・植物についてのコメント

サフィニアはペチュニア属だけあって生育が旺盛です。どんどん茎がのびてしまい花は新しい場所につくためそのままにしておくと首長の植物で真ん中が寂しくなってしまいます。対策としては適度に切り戻しをする必要があります。何度か切り戻す事で姿もスッキリしますし密集による蒸れを無くす事ができます。小さな芽が出てくるので株自体の成長も促す事にもなります。また雨に当たるとはなびらが腐ってしまうので、出来れば小まめに摘み取りと雨に当たらないよう気をつける必要があります。ペチュニアより丈夫なので病気にもかかり難いです。

簡単な育て方・栽培方法

育て方はサフィニアは苗を植え付ける事で簡単に栽培を開始できます。ナス科の植物は土に注意します。連作障害を起こさない様に新しい土で水はけよく、赤玉、腐葉土6:4で配合します。植えつけ後は水切れに注意します。その後30センチ程成長したら摘心します。その後は成長に合わせて切り戻しを繰り返します。定期的に緩効性肥料を与えます。

この植物に関してのまとめ

まとめとしてサフィニアは日本のサントリーがペチュニアの品種改良した植物です。ペチュニアより病害虫に強く栽培しやすく改良されているので初心者でも安心して栽培できます。栽培で気をつけなければならない事は古い土の再利用を極力避ける事です。ナス科は連作障害を起こすので新しい土を使って育てる事で失敗を防ぐ事ができます。長く楽しむ為には切り戻しを適度に何度か行う事で姿を整えながら大株へと育てる事ができます。また水切れに注意する反面湿気を嫌うので植物の風通しに配慮します。また定期的に緩効性肥料を与える事も大切です。

この投稿者の他の植物図鑑一覧