• ツワブキについて育て方や情報
  • View数View数1,677
  • SCORESCORE586.95
ツワブキについて育て方や情報

ツワブキについて育て方や情報

ツワブキは東北地方から沖縄までの、海に近い林の日陰や海岸の岩場などに自生しています。フキによく似たつやのある深緑色の葉が特徴で、冬でも枯れません。草丈は30センチから1メートルほどにもなります。秋には葉とは別に茎を伸ばし、そこから枝分かれして3~5センチほどの数多くの黄色いマーガレットに似た花をつけます。彩りの少ない季節に12月頃まで咲き続けてくれるので、公園や庭先に好んで植えられます。鹿児島付近を中心とした西日本では、山菜として食用にします。食用にするときはしっかりとあくを抜く必要があります。

※植物図鑑の画像は無断でご利用いただけません

植物図鑑内容

植物分類の特徴

植物分類はキク科ツワブキ属に属します。キク科フキ属のフキとは属が違います。ツワブキの葉にはフキにはないつやがあり、厚みもあります。生え始めの葉は褐色の毛で覆われています。ツワブキは冬も枯れないのに対し、フキは枯れてしまいます。

原産国の特徴・同様の原産国の植物紹介

ツワブキの原産国は、日本を中心とした朝鮮半島、中国です。同じように日本を中心として東アジアが原産の国の植物は多くありますが、同じ季節に咲く植物だと、美しい青紫色が特徴のキキョウがあります。キキョウは秋の七草の一つと考えられています。身近で多く栽培されている反面、自生種は絶滅危惧種に指定されています。源氏物語にも登場するワレモコウも、同じ東アジアが原産国の植物です。赤紫色のゼリービーンズのような穂が特徴です。漢字で書くと吾亦紅もしくは吾木香です。二種とも、根にサポニンと言う成分を含み、生薬として利用されています。

同時期に開花する花の種類や特徴

ツワブキは10月に開花します。10月に咲く植物と言えば、さわやかな香りを漂わせるキンモクセイです。香りのよい三香木の一つに数えられます。秋の代表的な植物と言えるコスモスも同じ時期に咲きます。秋桜と言われるほど、日本人に好まれる植物です。ヒイラギも、同じ季節に小さな白い花をつけます。クリスマスのイメージが強いヒイラギですが、赤い実をつけるのはセイヨウヒイラギという別の植物です。ヒイラギは黒い実をつけます。サザンカも、寒くなるこの時期によく目立つ赤い花をたくさんつけるので、生け垣として人気のある植物です。

花言葉を使う時のサンプル

花言葉は「謙遜」「謙譲」「先を見通す能力」「困難に負けない」です。冬でも寒さに負けず、深緑色の葉を広げる様子からでしょうか。けなげで力強い花言葉です。これから大きなプロジェクトに携わる人などに、応援の意味を込めて贈ってみましょう。 

花・植物についてのコメント

ツワブキは鹿児島県、大分県。沖縄などの地域では山菜として食用にされます。3~5月頃に、芽吹いたばかりで葉の広がりきらない状態のやわらかな茎を収穫します。そのままだとピロリジジンアルカロイドという毒を含みますので、あく抜きをしっかりする必要があります。まず軽く湯がいて皮をむきます。このときにあくで指先が黒くなるので、気になるなら手袋をして作業をします。皮をむいたら塩を加えた熱湯で2分ほど茹で、最低でも半日程度水にさらします。ツワブキご飯や炒め物にすると美味しいです。佃煮にしたものはフキ同様「きゃらぶき」として保存食になります。

簡単な育て方・栽培方法

山野草ですが、縮れ葉や斑入りなどの園芸品種もあります。苗を購入するか、自生種の種を採ってきて増やすことも可能です。丈夫な植物ですので育て方は簡単です。水はけさえよければ用土は選びません。あまり日当たりのよいところは葉が日焼けしてしまうので、半日陰に置いてやります。肥料もそれほど必要としませんが、種をつけると株が弱りますので、実が育つ前に摘み取ってやります。

この植物に関してのまとめ

まとめとして、ツワブキは日本の一部地域では食用になり、庭や公園の常緑植物として活用されてきました。また、民間療法にも打ち身や火傷の薬として用いられました。古くから身近な植物ですが、フキと混同されることが多い植物でもあります。名前もフキに似ていることから転じて付けられたと考えられています。諸説ありますが、海沿いに生えるフキだから「津葉蕗(ツハブキ)」、艶のある葉のフキだから「艶葉蕗(ツヤハブキ)」、あるいはフキよりも厚い葉なので「厚葉蕗(アツハブキ)」などが訛ってツワブキになったと言われます。名前の由来を覚えれば、ツワブキとフキが見分けられるようになります。

「ツワブキ」に一致する育て方

  • ツワブキ

    ツワブキ

    傘になりそうな丸い葉が特徴的な「ツワブキ…

    1,504

    0

「ツワブキ」に一致するマメ知識

この投稿者の他の植物図鑑一覧