• ニホンズイセンについて育て方や情報
  • View数View数942
  • SCORESCORE329.7
ニホンズイセンについて育て方や情報

ニホンズイセンについて育て方や情報

冬の彩りの乏しい季節に、さわやかな香りを放つのがニホンズイセンです。草丈は15センチから50センチ程度です。葉は艶のない緑で、細長い楕円状をしています。少し厚みがあり、地面から直接生えているように見えるのが特徴です。茎は球根の中にあるので普段は人目に触れることはありません。寒くなると茎を伸ばして咲き始めます。内側には1~2センチの黄色いラッパ状、外側には直径3~6センチほどの白い6枚の花びらを広げますが、外側6枚のうち3枚は萼です。寒い季節に咲くので雪中花とも呼ばれます。全草に毒を持ち、誤って食べると中毒症状を起こします。

※植物図鑑の画像は無断でご利用いただけません

植物図鑑内容

植物分類の特徴

植物分類はヒガンバナ科スイセン属に属します。ヨーロッパで栽培されていた黄色のキズイセンや、春先に咲くラッパズイセンなどの品種があります。また、八重咲きやラッパ咲きなど咲き方もいくつかの品種に分かれます。

原産国の特徴・同様の原産国の植物紹介

この品種ですが、園芸品種となっており特にこの国が原産だとされるような国はありません。原産地としてはヨーロッパ、中国、アジア、日本なども原産国とはなっていますが、その後に品種改良がなされとても大きな品種となったため、本当に種類が豊富でどこを原産国とするべきかも定まっていません。また、品種にかぎらず多くの国で栽培されており、今でも栽培によって様々な種類ができています。このピュアという種類も、どこを原産国とするのかは定まっていません。園芸品種のため、様々な国や地域で栽培されているというのが現状でしょう。

同時期に開花する花の種類や特徴

バラは四季咲きとなっており、四季咲きとは一年中いつでも季節を問わず咲いているということです。このため、いつでも愛好することができ、品種としても安定して世界的に見かけることも多い品種でしょう。四季咲きというのはだいたい5月から11月頃として春から秋まで楽しめるということでもあります。また、品種によっては冬でも咲きますから、いつでも楽しむことができるでしょう。ナデシコ、ベゴニアなども四季咲きの傾向があり、同様に開花時期は長くなっています。長く楽しめるためには追肥を行い植物をいつも元気な状態にしておくのも大事なことでしょう。

花言葉を使う時のサンプル

ピュアの場合は花言葉は「素朴」とか「純粋」というような言葉になります。ただ黙ってそのまま贈ったり、ブーケにして花言葉の意味を添えて贈ることで真意も伝わりやすいでしょう。とてもロマンティックな演出になります。

花・植物についてのコメント

全体的に種類が多く、また名称や分類もかなり細かく分かれているのがバラの特徴です。このため、何本送るか、あるいはどんな種類を贈るかによってもかなり伝えたい言葉や意見が変わってくるでしょう。愛好家が多いため、育てるのにはそう難しいことはありません。ただ、観賞用に使うことが多い品種ですから、家の外で栽培して、家の中で楽しむという使い方もあります。このため、長いこと楽しんだり愛好するのにも向いています。ただし愛好すると言っても食用には向きませんので、もし食べたいと思うのならば、食用に適している品種を育てるようにしましょう。

簡単な育て方・栽培方法

大体の場合は苗木から育てることが多いでしょう。育て方としては、いちから育てる場合はどこかから苗木をもらって来てそれを植え、大きく育てることになります。つるを持つ植物なので、枝を大きく伸ばす必要があります。綺麗にしたいのなら剪定も大事でしょう。長く時間をかければアーチ状に育ち、とても綺麗なガーデンになることもあります。

この植物に関してのまとめ

この植物はロマンティックな印象がとても大きく、また清楚な雰囲気で愛好家も多くなっています。園芸品種としてはそんなに難しいことはなく、開花までこぎつけるためには定期的な水やりなどのお手入れをしっかり行えばあまり大変にはならないものです。また、バラを育てる愛好家の中にはいくつもの種類のバラを育てていることが少なくありません。このため、もし難しいことがあれば育て方について解説されているまとめを読んだり、やり方を教えてもらうといいでしょう。人気の高い品種なので、開花までも難しくなく、何年も楽しめる植物となります。

「ニホンズイセン」に一致するマメ知識

この投稿者の他の植物図鑑一覧