• シロヤマブキについて育て方や情報
  • View数View数883
  • SCORESCORE309.05
シロヤマブキについて育て方や情報

シロヤマブキについて育て方や情報

シロヤマブキは、漢字では白山吹と書き、春に白い4弁を咲かせる落葉小低木です。茎は茶色をし、葉脈が非常にはっきりとした緑色の単葉をしています。果実は葉の裏に4つつけ、熟すことで赤から黒に色を変化させます。また、次の春までその果実を残している場合もあります。名前からヤマブキの白い種類と思われがちですが、ヤマブキとは別の属に分類されます。ただ、その名前は白い花や葉がヤマブキに似ていることからシロヤマブキと名づけられました。ヤマブキには別にシロバナヤマブキという種類を持つため、一見間違いやすくなっています。

※植物図鑑の画像は無断でご利用いただけません

植物図鑑内容

植物分類の特徴

シロヤマブキは、植物分類上ではバラ科シロヤマブキ属に分類されます。高さは1~2mで、葉は茎に対生し、2~5㎜の葉柄を持ち、単葉です。葉の形は卵型、先がとがっていて基部は円形か心形、ふちに鋭い重鋸歯があり、葉脈のしわが目立っています。

原産国の特徴・同様の原産国の植物紹介

シロヤマブキは本州の中国地方に分布していて、石灰岩地に稀に自生しています。原産国は東アジアの日本、中国、朝鮮です。他に同じ原産の植物として、キキョウがあります。キキョウは日本では、秋の風物詩や身近な野草として、万葉の昔から親しまれてきました。キキョウは食用にもなり、若芽はからし和えや酢の物、バター炒めなどにして食べられています。また、韓国ではこのキキョウの根を用いてキムチを作り、トラジキムチと呼ばれています。万葉集で詠まれた秋の七草に出てくる朝顔は、諸説あるもののこのキキョウのことだとも言われているのです。

同時期に開花する花の種類や特徴

シロヤマブキは4~5月に開花しますが、この時期は四季の中でも一番開花の多い時期です。他には代表的なものとして、桜やモクレン、ナノハナ、ボタン、アブラナ、アヤメ、アネモネなどがあります。特に日本人になじみの深い桜は、シロヤマブキと同じバラ科に属する植物で、日本人がイメージする品種としてはソメイヨシノが有名です。昔から花見の文化が根付いていますが、歌人により様々な歌にも詠まれてきました。また現在でも、出会いと別れを連想させるものとして、さまざまな分野で愛されています。日本人の心をあらわす存在となっているのです。

花言葉を使う時のサンプル

花言葉には、「細心の注意」と「気品」があります。気品は上品で清らかな様子を例えてつけられていることから、清楚な女性に似合うものとして、その様子をあらわした言葉を添えてプレゼントすると喜ばれることでしょう。

花・植物についてのコメント

白くて清楚な様子は、見るものの目を奪います。花言葉の中にもうひとつ、薄情という意味もあるのですが、その見た目から想像がつかない言葉です。誕生花としては5月20日になりますが、ぜひ5月20日生まれの方には、薄情ではなく上品で清楚な部分に注目してもらい、薄情な部分は捨ててもらいたいです。観賞用に全国の植物園や庭などに植栽されていることが多いので、見かけることも多いでしょう。一見葉はシソの葉に似ているように見えますが、食用にはしない植物なので食べることは避けましょう。ただし、有毒であるという報告はないようです。

簡単な育て方・栽培方法

育て方は、年間を通して良く日に当てます。寒冷地で育てる場合は、棚下などで寒風や霜から保護をします。植え替えは春または秋に行い、硬質赤玉土と硬質鹿沼土の混合した土で植えつけます。増殖に関しては、実生や挿し木により行い、実生の場合は黒く熟す前に果肉を取り除いてから播きます。挿し木は新しいものでも古いものでも活着しやすいのが特徴です。

この植物に関してのまとめ

名前からヤマブキと間違われやすい植物ですが、別属であるシロヤマブキ。ヤマブキは古い時代に「山振」とされていて、山裾などに群生しているヤマブキが、しなやかに茎が風に揺れる様子から、山が振れると表現したものと言われています。ここからヤマブキと転訛したという説があるのです。このヤマブキに似ていることから名付けられたのがシロヤマブキですが、昔からあまり利用されてはきませんでした。しかし、その美しさまぎれもないものです。このようにあまり注目されてきていない植物だからこそ、ヤマブキと似ているとまとめずに、ぜひその存在を楽しんでいきたいものです。

「シロヤマブキ」に一致する育て方

  • シロヤマブキ

    シロヤマブキ

    白い花が咲き、実を長く鑑賞することができ…

    875

    0

「シロヤマブキ」に一致するマメ知識

「シロヤマブキ」に一致するまとめ

シロヤマブキの育…
シロヤマブキの育て方・栽培
シロヤマブキの育て方・栽培 まとめです。自然界で生えているのは国内では岡山県のみと自生エリアが狭いですが、国内にある植物園や庭園で鑑賞する事ができ普通の家庭でも…

育て方ラボ 公式ページさん

6,420view

この投稿者の他の植物図鑑一覧