• スノーフレークについて育て方や情報
  • View数View数1,105
  • SCORESCORE386.75
スノーフレークについて育て方や情報

スノーフレークについて育て方や情報

スノーフレークは、オーストラリアやハンガリーなどで生息する球根植物です。原産地では、夏に咲くことから「サマースノーフレーク」とも呼ばれています。また、釣鐘状で、すずらんに似ているのと、葉がスイセンに似ていることもあり、「スズランスイセン」とも呼ばれて愛されています。スノードロップという別の植物に名前が似ていますが、全く別物で、スノードロップは2月~3月に開花しますが、スノーフレークは4月~5月頃に咲きます。花言葉は、「純粋」「純潔」「汚れなき心」です。スミレのような香りがするのも特徴の一つです。

※植物図鑑の画像は無断でご利用いただけません

植物図鑑内容

植物分類の特徴

スノーフレークの植物分類は、ヒガンバナ科です。同じ分類では、アマリリスなどがあります。日本の気候で育てた場合は、4月~5月頃に咲きます。直径1.5センチの釣鐘状の白い花を咲かせます。先端には緑色の斑点があるのが特徴です。

原産国の特徴・同様の原産国の植物紹介

スノーフレークの原産国は、オーストラリアやハンガリーです。オーストラリアの気候は、日本と正反対で、日本が冬を迎える時にオーストラリアでは、夏を迎えます。日本の約21倍と言われる広大な国で、地域によって気候も様々です。オーストラリアの植物として有名なのが、ブリスベーンアカシアなどのアカシア属。オーストラリアでは約700種類の品種が生息しており、オーストラリアを代表する1つです。また、ユーカリ属のフラワーガムなども有名です。ユーカリの葉をコアラが食べることで、その名前をご存知の方も多いのではないでしょうか。広大な土地は自然がいっぱいです。

同時期に開花する花の種類や特徴

スノーフレークは4月~5月に咲くと言われています。同時期に咲く物はたくさんあり、その中でもサクラは日本人に馴染みがあります。また、シモクレン、ハクモクレン、ナノハナ、ボタン、カトレア、ゴールドコインなどもこの時期に咲きます。春に咲く物は、黄色い色合いの物が多いです。ハチやハエなどは、黄色に誘われてくるとも言われています。最近では、品種改良されていますので、様々な色の物が多いですが、白色が一番多く、二番目に多いのが黄色と言われています。またサクラのような淡い色合いの物もこの時期によく咲いています。

花言葉を使う時のサンプル

スノーフレークの花言葉は、「純潔」「純真」「汚れなき心」など、純粋な心を表すような意味合いが多いでしょう。お子さんの誕生日に贈るのにも適しています。また、初恋の人や、恋人へのプレゼントにも喜ばれるでしょう。

花・植物についてのコメント

スノーフレークは、リコリンやガランタミンといったアルカロイドという有毒物質を持っていますので、食べてしまうと、吐き気や嘔吐、下痢、また頭痛などの中毒症状を引き起こしてしまいますので、注意が必要です。葉っぱがニラに酷似している為、食用前にしっかりと確認することが大切になってきます。毒があると言っても、球根部分には、メラニンの生成を抑えて美肌効果があるとされるエキスが含まれているそうです。また、「ガランタミン」という成分が、アルツハイマー病の治療薬にも利用されており、医療の現場でも注目されています。

簡単な育て方・栽培方法

スノーフレークの育て方は簡単で、冬の強さに強いので放っておいても春には咲いてくれます。秋に球根を植えて、特に管理をしてなくても、3年程度掘り下げなくても、毎年花を咲かせてくれるでしょう。日当たりの良い場所を好みますので、日当たりの良い場所に置きましょう。とても可愛らしい花なので、寄せ植えなどにもピッタリです。

この植物に関してのまとめ

スノーフレークのまとめとして、春の4月~5月頃に咲いてくれます。育て方は簡単で、秋に球根を植えても冬の寒さに強いので、特段手入れをしないままでも、春に咲いてくれます。また、そのまま3年程度は掘り起こす必要もない比較的簡単に育てることができる植物です。食用のニラに葉が似ているので、間違えて食べてしまわないように注意しましょう。食べてしまうと、吐き気や嘔吐、下痢、頭痛などの中毒症状が出てしまいますので、食べる前にはしっかりと確認することが大切です。見た目にも可愛らしい植物ですから、ご自宅の庭に植えてみるのも良いかもしれません。

「スノーフレーク」に一致するマメ知識

この投稿者の他の植物図鑑一覧