• ニガナについて育て方や情報
  • View数View数3,800
  • SCORESCORE1330
ニガナについて育て方や情報

ニガナについて育て方や情報

健康食として沖縄を中心とする亜熱帯地方の料理が注目されていますが、その材料の中で食べられているの食材の一つがニガナです。ニガナの名前の由来というのは、亜熱帯地方で育つ野草の多くは毒性が低くそのままで食べられる品種が多いです。ニガナの場合もそうで、同じ食用であるタンポポのように葉や茎を切るとにじみ出る白っぽい乳液を出します。ただタンポポと違い、その白い乳液をなめると強い苦みがあります。そしてニガナは葉や茎を食べる習慣があるので、葉と茎を食べる部分を菜と呼びことから苦い菜と書いてニガナとなったのです。

※植物図鑑の画像は無断でご利用いただけません

植物図鑑内容

植物分類の特徴

植物分類されるのは花を咲かせるが食べられないものもしくは後々食べられるが加工しないと食べられないものが該当します。ニガナもそのままでは灰汁が強くて食べられないため軽く茹でてから食べるのと、その後きれいに咲き誇ることから植物分類されます。

原産国の特徴・同様の原産国の植物紹介

ニガナの原産国は東北を除く日本全土そして東南アジアと広い地域に分布されています。基本的に原産国として条件に挙げられるのは、太陽の光が降り注ぎある程度山や平地問わずに草原地帯があり1年の中で必ず雨季があることが条件になります。日本では主にジシバリが品種となっています。それ以外にもノニガナやカワラニガナそしてホソバニガナなどが世界じゅうに分布して広がり、もちろん世界でも観賞用だけでなく炒め物やサラダなどの付け合わせや中国や沖縄では干して乾燥し粉末にした物を漢方薬として飲むなど用途はさまざまに広がっています。

同時期に開花する花の種類や特徴

梅雨から夏にかけてが開花時期になるのですが、この時期に咲く種類の特徴はやはり黄色だったり白色だったりと色鮮やかに咲き誇るものが多いです。ニガナの場合も黄色い種類が多いのですが、この色は太陽の光を吸収しやすく栄養を作り出すための光合成がしやすいです。さらに同じ黄色をしているヒマワリのように紫外線を反射させる効果を持つので、反射した紫外線に引き寄せられる虫や鳥にとっては目印になるのです。そうして誘導した先にある雌しべに誘導し雄しべに受粉させるやすくするためにこういった色をしているのが梅雨から夏にかけての植物の特徴です。

花言葉を使う時のサンプル

どんな道端に咲く種類にも固有の花言葉が存在します。このニガナの場合には質素そして明るい笑顔の下の悲しみとなっています。通常ヒマワリを代表するように黄色いびらをつけるものは多く咲き誇るのですが、この種類はびらが2枚から3枚と少ないことから質素と付いています。

花・植物についてのコメント

どんな植物にも当てはまりますが、基本的に同時期に同じような色が多くなると咲き誇る数が少なければ色がきれいでも見向きされることはまずないです。この種類もそうで、先に言った花ことばにあるように質素の語源にはつける数が少ないことが挙げられます。ただつけられる数が少ない代わりにその間から十分に光合成できることが、生存率を高めそして後々人間が食用とすると健康に良いと注目されることになります。さらに人間が食用とすると、この植物にとっても光が浴びれる確率が増えて生育率が上がるので人間と植物の共生関係として成り立っています。

簡単な育て方・栽培方法

基本的に野生の植物は自宅で簡単に育てることができます。その育て方としては種からであれば水はけのよい土で、十分に水を与えてあげれば野生種は基本的に性眼理力が強いので気温の変化があっても十分に育ちます。そして芽が出た段階で、次にある程度の日慮つを混ぜた土をプランターに入れてその中に苗をいれば夏にはきれいに伸びます。

この植物に関してのまとめ

まとめとしては先に言ったとおりに、現在では当たり前のように認知されている植物ではあっても同時期に同じような種類の色が多ければそれだけ価値が下がり見向きもされないです。この種類も質素の語源となっているように全く咲き誇らず、道端の一部に生える程度のものでしかなかったのです。ただそれでもあきらめずに道端に分布した結果、地震は光合成によって栄養価を高めそれを人間が食べることで見向きされなかったはずが大事な食料であり夏の風物詩の一つとして取り上げられるようになります。このように人間と植物の関係は、一つのきっかけがあれば前触れもなく変わることの証明であると言えます。

「ニガナ」に一致するマメ知識

この投稿者の他の植物図鑑一覧