• カンキツ類の種類【日向夏】について育て方や情報
  • View数View数8,052
  • SCORESCORE2818.2
カンキツ類の種類【日向夏】について育て方や情報

カンキツ類の種類【日向夏】について育て方や情報

カンキツ類の一種である日向夏は、1820年に宮崎の民家の庭先で自生しているのが発見された品種です。一般的なみかんを一回り大きくしたようなサイズで、オレンジというより明るいレモン色をしています。果肉は酸味が強く、さわやかな後味を得ることができます。皮と果肉の間には内果皮と呼ばれる白い膜があり、この部分にはわずかに甘みがあります。果肉とこの内果皮を一緒に食べると、酸味と甘みが合わさって独特の味わいが生まれます。現在では高知や愛媛など様々な場所で栽培されていますが、国内に流通している日向夏のうち、約半分を宮崎産が占めています。

※植物図鑑の画像は無断でご利用いただけません

植物図鑑内容

果物分類の特徴

日向夏の果物分類としては、カンキツ類ミカン科ミカン属雑柑類というものに名を連ねています。この雑柑類には、他に夏みかんやハッサクなど、広く親しまれている品種も存在します。また、産地によって呼び名が異なると言う特徴もあります。

原産国の特徴・同様の原産国の果物紹介

日向夏の原産国は日本で、宮崎で初めて発見されました。カンキツ類の柚子が突然変異して生まれたとされており、発見当初は非常に酸味の強い味で食べられたものではありませんでしたが、そこから品種改良や栽培方法の研究が進み、現在の味に落ち着いています。現在では宮崎以外に、鹿児島や愛媛、静岡など西日本を中心に広く栽培されています。宮崎が特産となっている果物としては、他にトロピカルフルーツの女王としても知られるマンゴーが挙げられます。宮崎独自の栽培方法で育てられたマンゴーは、甘みが強く国内でも最高級の一品として数えられています。

種まき時期に関しての注意特徴

種まき時期については特に指定はありませんが、ある程度苗が育ったら植え替えや植え付けが必要になります。植え付けは3月下旬から4月の暖かい時期に行い、2ヶ月から3ヶ月ごとにしっかり肥料をやるようにしましょう。

収穫時期に関しての注意特徴

収穫時期は、12月の下旬から翌年の6月中旬くらいまでと、非常に長い期間楽しむことができます。この間もしっかりと肥料をやり、冬でも日光をできるだけ当ててやることで収穫数を増やしたり味を高めることができます。

病害虫の特徴

他のカンキツ類と同じく特に脅威となる病害虫はいませんが、エカキムシやカイガラムシなどは苗や幼木によっては影響がでることもあるので注意が必要です。市販の駆除剤などを使って、できるだけ対処しておきましょう。

栄養分に関しての特徴

この品種は、他のカンキツ類と同じようにクエン酸が豊富に含まれています。クエン酸によって抗酸化作用や疲労回復効果があるため、健康にも役立ちます。また、ペクチンという整腸作用のある栄養分もあるので、便秘の時などにも有効です。

育てるのに必要なアイテムおすすめアイテム

この品種は最終的には高い樹に育つため、そのままだと剪定や収穫に手が届きにくく苦労してしまいます。このため、簡単な梯子や、マジックハンドのように離れた場所でも操作できるアイテムなどを準備しておくと便利です。

果物の歴史

この品種は、江戸時代に宮崎県で偶然発見されたのが始まりです。突然変異で生まれたと考えられ、原木は天然記念物にも指定されています。その後、専門家が苗木を譲り受けて2本目を育てましたが、どちらも枯れてしまうと指定は解除されています。

おすすめの食べ方料理方法

日向夏は一般的なカンキツ類と同じく、そのままフルーツとして生で食べるのが最も美味しさを感じられるのでおすすめです。ハウスで作られたものの旬は1月から2月で、露地栽培のものは3月から4月が最も味が良いと言われています。この品種は、他のカンキツ類と違って、皮と果肉の間にある白い薄皮も苦みがありません。むしろ甘みがあり、皮をむいた際にはこの部分を取ったりせず、一緒に食べるのがより美味しい食べ方となります。また、生食以外でもジャムや砂糖漬け、ジュースなど様々な用途があり、旬を過ぎてもこのように料理することで十分楽しむことができます。

果物育て方の注意点まとめ

日向夏を育てる場合、十分な日光が必要となるため日当たりには注意しましょう。カンキツ類は総じて乾燥に強く水はけが悪いと根腐れを起こしてしまうため、プランターなどで苗を育てる場合は水をやり過ぎないようにして下さい。植え替え後は、年に2回から3回を目途に肥料を与え、大きくなってきたらより広い場所へ移してあげましょう。通常、2年から3年ほどで植え替えが必要になります。毎年3月になったら、枝が混み合っている部分は剪定すると育ちが良くなります。同じく果実が増えてしまった場合は、7月から8月にかけて摘果を行うと良いでしょう。

この投稿者の他の植物図鑑一覧