• ボケについて育て方や情報
  • View数View数700
  • SCORESCORE245
ボケについて育て方や情報

ボケについて育て方や情報

ボケは、樹高は1メートルから2メートル程度で、花のバリエーションが豊富なことが特徴です。白色やピンク色、絞り、八重など様々あります。一番多いのは、朱色で一重のタイプです。大きさは、通常2センチから4センチですが、品種によっては、5センチ以上になるタイプも有ります。直径7センチから8センチ程度の黄緑色の果実が実り、熟すと黄色に変化します。ボケの実で作った果実酒はせきの妙薬にもなり、疲労回復やめまい、下痢止め、暑気あたりなどの効用が期待できるため、平安時代から江戸時代にかけては薬用植物として栽培されていたとされています。

※植物図鑑の画像は無断でご利用いただけません

植物図鑑内容

植物分類の特徴

植物分類では、バラ科のボケ属となります。ボケは、庭木や盆栽、生け垣、切り花として鑑賞されており、200位上の品種が栽培されています。鑑賞だけでなく、果実を使った果実酒やジャムを作って楽しむことができます。

原産国の特徴・同様の原産国の植物紹介

日本が原産国のクサボケ、中国のカラボケと種類があります。日本原産の植物には、ウドや山芋、セリなどがあります。ウドや山芋、セリなどは食べることができる植物です。和菓子の素材になったり、生薬の材料になることもあります。中国原産の植物には、イチョウや梅、カリン、キンモクセイ、ギンモクセイ、サルスベリ、ジンチョウゲなどがあります。イチョウは、10世紀頃から11世紀頃に中国南部で再発見されています。1科1属1種となり仲間がいない植物です。中生代から新生代第三紀までにわたりイチョウの先祖の化石が見つかっているため、化石植物とも言われています。

同時期に開花する花の種類や特徴

同時期に開花するものには、ハナモモやサクラ、春のチューリップがあります。ハナモモは、鑑賞のために改良されたモモであり、サクラが咲く時期の前後に最盛期を迎えます。艶やかなピンクや赤、白など種類が豊富にあります。ハナモモが観賞用として改良されるようになったのは江戸時代に入ってからと言われており、現在栽培されている品種には、江戸時代に作られたものが多くあります。サクラは、野生種15種以外にも園芸品種が300以上あり、公園や街路以外にも個人の庭園でも植えられています。個人の庭園で植える場合には、中木程度の樹高になる種類を選びます。

花言葉を使う時のサンプル

ボケの花言葉には、平凡や早熟、先駆者があります。他にも一目惚れ、魅力的な恋、妖精の輝きもあります。ボケは庭によく咲いていることから平凡とつけられたとされています。日本や中国原産の品種のため、英語での花言葉はありません。

花・植物についてのコメント

ボケは、バラ科のため、よく見るとバラの片鱗が見られます。中国原産の品種のほうが有名ですが、中国原産の品種は平安時代あたりに渡来したとされています。日本原産のクサボケは、道路脇の斜面や湖畔などのどこにでも自生しています。開花時期は、2月から4月とされています。実は生食には向いていないため、基本的には、観賞用として栽培されていることがおおいです。しかし、生食には向いていなくても香りが良いため、ジャムや果実酒、煮て砂糖漬けなどで楽しむことができます。果実酒にすると綺麗な黄金色となり、香りの良い酒になります。

簡単な育て方・栽培方法

育て方として、日当たりを好む性質があり、土質はあまり選びませんが、水はけは良い場所に植えるようにします。耐暑性、耐寒性はありますが、大気汚染や塩害には弱いです。鉢植えの場合は、表土が乾いたらたっぷりと水やりを与えますが、庭植えの場合は特に与える必要はありません。剪定には強く、ひこばえが多く出るため、不要なものはこまめに取り除きます。

この植物に関してのまとめ

ボケのまとめとして、華やかさと繊細でありつつ野性的なたくましさがあります。江戸時代に品種改良され登場した東洋錦と呼ばれる品種は今でも人気があります。現在では、150種以上の品種があるとされています。庭植え、鉢植え、盆栽、生け垣、生花と様々な方法で鑑賞することができます。鑑賞だけでなく、香りの良い果実を使ってジャムや果実酒を作って楽しむ方法もあります。日当たりがよく乾燥し過ぎない土壌であれば、土質を選ばないため、生育しやすいです。ただし、棘があるため、庭に植える場合には怪我をしないような場所を選ぶ必要があります。

「ボケ」に一致するマメ知識

この投稿者の他の植物図鑑一覧