• エマルギナダの種類【ヒムネまたはベニゴウカン】について育て方や情報
  • View数View数1,257
  • SCORESCORE439.95
エマルギナダの種類【ヒムネまたはベニゴウカン】について育て方や情報

エマルギナダの種類【ヒムネまたはベニゴウカン】について育て方や情報

エマルギナダとは、マメ科ベニゴウカン属で原産国はメキシコ、ボリビアと言われています。自然開花期は6月から11月程と長期間となっていて、成長すると2メートルほどの高さにもなる場合があります。そして、咲いたときに見える色は印象に残るような深紅で鮮やかな色となっています。さらに、白色の場合もあるので咲いたときに色を見ることを楽しむことができる植物となっています。また、エマルギナダはヒムネまたはベニゴウカンと別名をもっています。この理由としては、エマルギナダの花がネムノキの葉のような針のように見えるからと考えられています。

※植物図鑑の画像は無断でご利用いただけません

植物図鑑内容

植物分類の特徴

エマルギナダが分類されるマメ科の特徴として、葉が羽状複葉になっている場合や就眠をするものがあります。また、蔓性という場合もあります。そして、このマメ科の中でもエマルギナダはネムノキ亜科に属しています。

原産国の特徴・同様の原産国の植物紹介

エマルギナダの原産国の一つとなっているメキシコですが、乾燥と温暖な気候となっています。このような気候の中で育つことができる、メキシコが原産国となっている植物は豊富にあります。その中の一つ、コスモスは咲いたときの色の種類が豊かで鮮やかに季節を彩ります。また、コスモスという名前はギリシア語に由来していて「美しい」と意味をもっています。また、ポインセチアも有名です。観葉植物として色を目で見て楽しむことができます。しかし、0度を下回ってしまうと葉が落ちてしまうことが考えられるため、温度の変化には注意することが必要です。

同時期に開花する花の種類や特徴

エマルギナダは6月から11月頃という長期間、咲くことを楽しみにすることが可能となっています。また、開花時期が6月頃となっている花の中にはアジサイがあります。アジサイの特徴として、色があります。アジサイにはアントシアニンの一種であるデルフィニジンが含まれています。さらに、補助組織の一つであるアルミニウムのイオンが加わることで青色の花を咲かせることができます。このように、アジサイが咲いたときの色は土の酸性度によって変わるため、土が今どんな状態なのかを知ることもできます。また土とは関係なく老化による関係で、咲いてから徐々に変わっていく色の変化も見ることができます。

花言葉を使う時のサンプル

エマルギナダ、別名ヒムネ、ベニゴウカンの花言葉は高潔、澄んだ心となっています。したがって、相手の素晴らしい部分が内面、心だと思っているときはには贈るときに、同時に「澄んだ心」を素敵に思っていることを伝えることが可能となります。

花・植物についてのコメント

エマルギナダは、植物分類という点においてはマメ科の中でさらに分類されていく植物の一つです。しかし、特徴となる点から別名をもっていたりと、個性がある植物となっています。深紅色の針のような鋭い印象をもつ一本一本が集まって咲いている状態は鮮やかで力強い印象を与えます。さらに繊細な一面が表現されています。また、高さが2メートル程にもなるエマルギナダは、育てる場所を選ばなくてはならない場合もありますが、その成長を見ることによって毎日の変化を感じることができます。このように植物の成長によって毎日の生活のなかにある変化に敏感になることができます。

簡単な育て方・栽培方法

エマルギナダの育て方において、注意することの一つに寒さがあります。寒さに弱いため、気温の変化には敏感になることが必要です。そのため、外で育てるよりも室内に置いておくことで変化を少なくしてあげることをおすすめします。また、土の状態については、水分でジメジメしてる状態を好まないと考えられています。適度な量の水を与えてあげましょう。

この植物に関してのまとめ

まとめとして、エマルギナダは見て変化を楽しむことができる植物となっています。また、別名となっているヒムネからもわかるように、ネムノキの雰囲気を感じることもできます。植物は水やりや気温の調整といった手入れをすることが必要です。大変と感じる部分もありますが、その手入れによって植物の成長や変化をみることができます。話ができるわけではありませんが、その変化によって植物が生きていることを感じることができます。また、花言葉を意識して、大切な人に贈ることで相手との関係をより良くすることができます。相手のことを考えて選んでみてはどうでしょうか。

「エマルギナダ」に一致するマメ知識

この投稿者の他の植物図鑑一覧