• クリンソウについて育て方や情報
  • View数View数1,898
  • SCORESCORE664.3
クリンソウについて育て方や情報

クリンソウについて育て方や情報

クリンソウは被子植物の中でも多年草の一種で、一般的な環境では根が枯れることなく、次の年も花を咲かせることができます。日本では北海道や本州、四国の山間部と言った比較的湿度があり、気温の高くない場所を好んで自生しています。高さは約30cmほどのものが多いですが、環境が良い場所では1m近くまで成長することがあります。花は茎を中心として円を描くように咲き、それが更に数段重なって咲く特徴があります。この姿が仏閣の屋根の九輪に似ているため、クリンソウと名付けられたと伝えられています。濃く鮮やかな赤紫色の華を咲かせますが、品種によってはピンクや白などのカラーもあります。

※植物図鑑の画像は無断でご利用いただけません

植物図鑑内容

植物分類の特徴

植物分類学上では、クリンソウはサクラソウ科サクラソウ属に属しています。日本で自生しているサクラソウ科の中では最も大型に成長する植物で、華も大きく美しいためガーデニングや庭植えの植物としても人気があります。

原産国の特徴・同様の原産国の植物紹介

クリンソウはもともと日本に自生していた植物であり、原産国も日本という事になります。日本は南北に細長い特徴的な地形をしており、このため寒冷地帯や亜熱帯地帯など様々な気候を有しています。また、高い山々が点在しているため標高差も大きく、これら多種多様な環境で様々なタイプの植物や農作物が自生または栽培されています。日本原産の植物としては山野草が多く、クリンソウ以外にウドやセリ、ミョウガやワサビなど日本の食卓に欠かせない食用植物も多く存在します。また、スズランやアヤメ、アサガオなど馴染みの深い華も日本原産となっています。

同時期に開花する花の種類や特徴

クリンソウの開花時期は、主に4月から6月頃となります。自生する場合は小川の傍など湿地に分布することが多いので、湿度が高くなる時期に開花を迎えます。同じ時期に咲く植物としては、桜や藤、モクレンや桃など古くから親しまれてきた品種が多く挙げられます。中でも春に咲く華の代表格と言えば桜ですが、実は桜は日本ではなくヒマラヤ地方が原産地だとされています。現在では600種以上もの品種が存在しており、沖縄では2月ごろに咲き誇る寒緋桜という品種が広く自生していて、桜と言えばこの寒緋桜を意味するほどになっています。

花言葉を使う時のサンプル

クリンソウの花言葉には、物思いにふけると言った意味や幸福を重ねる、物覚えが良いなどがあります。1本の茎に何層にも分かれて華を咲かせる姿から、このように知識や幸せを重ねるという言葉が付けられているのです。

花・植物についてのコメント

サクラソウは名前の通り桜の仲間と言えますが、開花時期を考えると少し遅れています。また、多年草であり翌年も華を咲かせることが出来ると言う点では似ていると言えます。最大の特徴である数段にわたって華を咲かせる姿が名前の由来にもなっていますが、実際は多くても5段ほどまでしか出来上がりません。それでも独特の形や色の美しさを楽しむことはできるので、非常に人気の高い植物となっています。栽培する場合は、湿度や気温に注意すれば比較的簡単に成長させることができるので、ガーデニング初心者でも安心して挑戦してみて下さい。

簡単な育て方・栽培方法

育て方に関しては、特に注意が必要な項目はなく、ごく一般的なお世話で綺麗に華を咲かせてくれます。日光を好むので、育てる場合は日がよく当たる場所にしましょう。ただ、あまり高温には強くないため、真夏には注意が必要です。直射日光が当たる場所は避け、日陰を作ってあげたり、鉢植えであれば家の中に入れるようにしましょう。また、湿度の高い場所を好むので、乾燥や水切れにも要注意です。

この植物に関してのまとめ

クリンソウのまとめですが、サクラソウ科に属する多年草の植物となります。茎に層を作って華を咲かせる姿が印象的で、名前の由来にもなっています。湿度が高い場所に自生することが多いので、庭などで栽培する場合にも環境づくりには気を配ってあげましょう。水が足りなくなるとすぐに弱ってしまうため、夏場などは土が乾いていないかチェックが必要です。梅雨や真夏の高温多湿には弱いので、蒸れてしまわないよう風通しを良くすることも大切です。あまりに密集している場合は、適度に間引くようにしましょう。越冬も可能ですが、冬場は休眠期に入るため水は必要ありません。

「クリンソウ」に一致するマメ知識

「クリンソウ」に一致するまとめ

クリンソウの育て…
クリンソウの育て方・栽培
クリンソウを栽培する時の環境は秋から春にかけて日の良く当たるところを用意します。日当たりを好む花ですから夏以外の季節はしっかりと日光が当たる場所が良いとされます…

育て方ラボ 公式ページさん

11,189view

この投稿者の他の植物図鑑一覧