• マツムシソウについて育て方や情報
  • View数View数3,335
  • SCORESCORE1167.25
マツムシソウについて育て方や情報

マツムシソウについて育て方や情報

マツムシソウは和名ではマツムシ、つまりスズムシが鳴く頃夏から秋にかけて咲くのでこの名がつけられました。60から90センチメートルの丈にまで育ちます。特徴は一般的には青や紫色の花を咲かせます。日本では減少傾向にあります。属名の「スカビオサ」は園芸用として栽培されていますが、この種は全く一緒の種類ではなく、セイヨウマツムシソウであることが多いです。他にも花の色や育つ地方、丈の長さの違う品種のものもあります。毎年咲く多年草のものや1、2年草者もあり、品種はなんと80種類と豊富にあります。ヨーロッパを中心に日本を含めたアジア、アフリカなどに分布しています。

※植物図鑑の画像は無断でご利用いただけません

植物図鑑内容

植物分類の特徴

松虫草の植物分類はマツムシソウ(マツブサ)科の植物です。比較的育て方が簡単で、栽培には日当たりの良い所、しかし涼しいところを好みます。耐寒性に強いので越冬させることもできます。高温や湿気には弱い植物です。

原産国の特徴・同様の原産国の植物紹介

マツムシソウの在来種は日本が原産国なのですが、その品種にはヨーロッパを原産国とする種も存在します。日本を原産とする種は数が少なくなっており、自生しているものレッドリストに数えられています。日本には他にもガクアジサイやオニユリ、菖蒲、カキツバタ、寒椿などの在来種があります。現在日本でガーデニングに用いられている近縁種のスカビオサは南ヨーロッパを原産としています。日本でもよく知られているカーネーションやルピナス、キンセンカ、また小さい鐘を集めたようなカンパニュラなどは南ヨーロッパを原産とする植物です。

同時期に開花する花の種類や特徴

マツムシソウは8月から10月に開花します。同時期に開花するものとして、8月はヒマワリ、芙蓉、水引、玉簾、鶏頭などがあります。9月は金木犀、ユリオプスデージー、ユッカ蘭、アスター、ガザニア、カランコエ、サフィニア、ダリア、マリーゴールド。10月はサザンカ、パンジー、ツワブキ、シクラメン、アメジストセージ、ウィンターコスモス、シュウメイギク、センニチコウなどがあります。いずれも何ヶ月にも渡って咲いていますので、長い期間楽しむことができます。ガーデニング用のスカビオサはそれより少し早い5月ごろに咲きます。

花言葉を使う時のサンプル

マツムシソウの花言葉は「不幸な恋、恵まれぬ恋、わたしは全てを失った、悲しみの花嫁、風情、健気」と、ネガティブなイメージがあるものです。その由来は「松虫が鳴く頃に咲くから」または仏具の出す音ににているから」という理由があります。

花・植物についてのコメント

草丈が長いので放っておくと倒れることがあります。支柱を立ててあげたり、まとめてひもで結んであげる必要があります。1、2年草であればそのままで良いのですが、多年草の品種であれば、鉢がいっぱいになってきたら一回り大きいものに移し替えてあげてください。3月から4月にかけて株分けすると、その後もきれいに咲きます。かかりやすいのは立ち枯れ病、灰色カビ病です。後者の場合は多湿が原因の病気です。風通しの良い場所に置いたり、あらかじめ水はけを良くする工夫をしておきましょう。葉や茎に斑点ができていたらその部分を速やかに取り除きましょう。全体に広がってしまったら処分しなくてはいけなくなります。

簡単な育て方・栽培方法

マツムシソウはアルカリ性の土を好みます。また水はけを良くするために赤玉土と軽石砂と腐葉土を混ぜて使います。種まきは9月から10月にかけて行います。一年を通して風通しの良い場所に置いて育ててください。乾燥を好むとはいえ、成育期に水が少ないときれいに咲かなくなるため、表面が乾いたらたっぷりと水をあげます。冬や真夏などの休育期は肥料は必要ありません。

この植物に関してのまとめ

マツムシソウは広く分布して種類も豊富な植物ですが、 残念ながら自生の在来種は数が少なくなっています。こだわって在来種を育てるのも楽しいでしょう。古くから存在し、俳句でも季語として使われていました。ユニークな形でも人気のあるマツムシソウは、一般的にソフトな青色が多いのでピンク系や白と合わせても美しいですし、ナチュラルガーデンにも合わせやすいでしょう。花言葉としては少し物悲しい意味ですがその姿は美しくとても人気があり、すっと伸びた茎の先で先端が揺れる様子は風情があるものです。松虫の声を聞きながら鑑賞してみるのはいかがでしょうか。

「マツムシソウ」に一致するマメ知識

この投稿者の他の植物図鑑一覧