• ゴマナについて育て方や情報
  • View数View数1,879
  • SCORESCORE657.65
ゴマナについて育て方や情報

ゴマナについて育て方や情報

ゴマナは白い花びらを持つ可憐で美しい植物です。中心は黄色い半円型をしています。高さは一メートル以上になることもあります。茎と葉に産毛のような毛が生えているため、ざらついていることが特徴です。菊にも似たゴマナは、ほのかに甘い香りがしています。若いうちに葉をつんで、てんぷらやおひたしにして食べることができます。ゴマナといっても、ゴマがなるわけではありません。見た目がゴマに似ていることからこのような名前がつくようになりました。またほぼ日本全国の草原や渓流沿いなどの、日当たりが良い場所に自生しています。

※植物図鑑の画像は無断でご利用いただけません

植物図鑑内容

植物分類の特徴

ゴマナの植物分類はキク科であり、シオン属に分けられます。また多年草であり、2センチほどの大きさで、秋に開花します。葉は長細く先がとがった形をしていて、長さは15センチほどあり、表面にざらつきがあります。

原産国の特徴・同様の原産国の植物紹介

ゴマナの日本固有の品種であるため、原産国は日本だと言えます。日本には確認されているだけで七百種類以上に植物が存在します。日本は変化に富む地形と豊かな水により、多種多様な植物が生息するようになりました。またそれぞれの四季がはっきりしていることも、豊かな種類の植物が美しく育つ環境の要因のひとつです。そのため古くから植物を愛でるとい文化が発達し、多くの植物が大切に守られてきました。ゴマナ以外にも真紅の輝きをはなつ椿や、かんざしのような藤の花、オブジェのような立体感のあるガクアジサイ、さらにはコブシも日本独特の植物です。

同時期に開花する花の種類や特徴

ゴマナは秋から晩秋にかけて咲きますから、同時期に咲く植物としてにはコスモスやリンドウなどがあります。コスモスは秋桜とも呼ばれ、菊の仲間です。品種により様々な色をしていることが特徴です。豊かな色のバリエーションを持ち、オレンジ色からピンク色まで美しいグラデーションに魅了されます。世界には30種類近くのコスモスがあり、明治時代に日本に種が持ち込まれ、自生するようになったといわれています。コスモスの原産国はメキシコです。またゴマナと同時期の植物として他には白山菊があります。見た目もゴマナととても似ています。

花言葉を使う時のサンプル

花言葉は言葉や文章に代わって、思いを伝えるときに用いられています。伝えたい思いと同じ植物を送ることで、相手に気持ちを伝えることができます。ゴマナの花言葉は丈夫あるいは実りです。体が丈夫という意味で、相手の健康を願うときに用いられています。

花・植物についてのコメント

ゴマナの魅力とまとめると、見て楽しめて食べて楽しめる幅の広い植物だと言えます。ハーブのような可憐な見た目は、愛でる価値の高い植物です。道ばたに咲いているものを摘んできて、ガラス瓶にさすだけで絵になるにちがいありません。窓辺に食べ方としては、新芽を湯がいてお浸しにしたりてんぷらにしたりして楽しめます。また収穫して干すと乾物になり、一年中食べることができます。食べてみるとわかるように、ほとんど癖がありません。ですからどんな料理にもあいます。料理以外にも花をハーブティーのようにして飲むこともできます。また葉には解毒作用があるため、体内にたまった余分なものを排出してくれます。

簡単な育て方・栽培方法

育て方は種を春にまき、適度に水やりをするだけで成長します。本来雑草の類に入れられるくらいですから、非常に強く、どんな環境でもほぼ成長することができます。特別肥料を与える必要はありません。特に露地であるなら、手をかけなくても自然に成長します。毎年こぼれ種で増えていきます。日当たりの良いところに種をまくようにしましょう。

この植物に関してのまとめ

日本育ちのゴマナは白と黄色のコンビネーションが織りなす、美しい植物です。またその魅力はなんといっても少女のような可憐なたたずまいではないでしょうか。さらにカモミールのような美しい見た目以外にも菊の香りも楽しませてくれます。日本全国の道ばたに咲いているため、とても身近な植物の一つです。そのため歴史も古く、昔から人々に愛されてきました。また新芽が食卓に上ることで、季節感を楽しむことができます。新芽独特のほのかな香りは食欲を増進させてくれる、秋のおとずれを感じさせるものです。さらにガーデニングとしても人気の品種の一つです。

「ゴマナ」に一致するマメ知識

この投稿者の他の植物図鑑一覧