• スズメノエンドウについて育て方や情報
  • View数View数3,591
  • SCORESCORE1256.85
スズメノエンドウについて育て方や情報

スズメノエンドウについて育て方や情報

まず、スズメノエンドウという植物名が特徴的です。スズメに似たエンドウか、はたまたスズメが食べるエンドウなのかと想像をかき立てられるのですが、これは単に同じマメ科で良く似た野草であるカラスノエンドウよりも小さいから、カラスより小さいのはスズメ、という、何とも単純な名付けをされてしまったようです。ちなみにカラスノエンドウは豆果が黒く熟すことが名前の由来になっているそうです。スズメノエンドウは白くて小さな花を咲かせ、葉軸の先端にある巻き鬚で絡みながら20〜50センチほど伸びていきます。豆果は下向きにつき、枝豆のように毛深く、通常二つ豆が入っています。

※植物図鑑の画像は無断でご利用いただけません

植物図鑑内容

植物分類の特徴

植物分類はマメ科ソラマメ属のツル性越年草植物です。日当りのよい場所に咲く傾向がある野草の為、道ばたや空き地、土手などに生えるのですが、乾燥した地面や固くて荒れた土地にも咲くと言われています。4月から6月頃の暖かい時期に花期を迎えます。

原産国の特徴・同様の原産国の植物紹介

スズメノエンドウの原産国は日本で、本州から沖縄まで、各所に分布しています。よく一緒に紹介されるカラスノエンドウや、カラスノエンドウとスズメノエンドウの間くらいの大きさであることから名付けられたカスマグサ(からすのカとすずめのスの間でカスマ)の原産地が北アメリカであるのに、スズメノエンドウは日本が原産なのです。同じマメ科で原産国が同じ日本である植物で有名なのは「藤」。藤はマメ科であることを忘れてしまいがちですが、確かにツルが伸びて巻き付いて美しく咲き乱れる時期が過ぎると大きなマメがぶらさがっていますね。藤は季節を迎えると多くの人に鑑賞され、愛されています。

同時期に開花する花の種類や特徴

スズメノエンドウと同時期に開花するものとして、ネモフィラやわすれな草などがあります。ネモフィラはハゼリソウ科の植物で、青々とした綺麗な花が有名ですが、他に白や濃紫の色のものもあり、草丈は高くないですが満開時には株を覆う程のボリュームがあり、華やかであるのが特徴です。わすれな草もまた、青いものが有名ですが、ピンクや白の色もあり、草丈は品種によって高いものや低いものがあります。どちらも秋に種をまくと春には鮮やかで美しく開花し、心を和ませてくれます。ただ、スズメノエンドウ程、たくましく生きることは難しいようです。

花言葉を使う時のサンプル

スズメノエンドウの花言葉は「手をつないで歩こう」。なんともほっこりさせてくれる言葉です。どちらかというと地味な存在で、特別な育て方も必要としないスズメノエンドウのこの健気な生き方にぴったりな、素朴であたたかい花言葉は、是非付き合う前の大切な相手に捧げたいものです。

花・植物についてのコメント

野草とはいえ、なかなか万能なスズメノエンドウ。中国では全草を止血に使うこともあるそうです。そして、若い実は小さいながらも鞘ごと天ぷらにするとなかなかおいしくいただけますし、柔らかくて若めの茎や葉であれば、湯がいておひたしや胡麻和えにすることができます。人間によって微妙なネーミングをつけられてしまったにもかかわらず、人の手を煩わすことなく、すくすくと育ち、特に目立ったり主張することはないけれど、小さいながらもどこでも育ち、いざとなれば空腹を満たすこともできるこの植物に、もはや敬意を払いたいですね。

簡単な育て方・栽培方法

栽培方法ですが、繁殖力が比較的強いため、特別な方法や肥料がなくても自然の日当り、雨水で充分すぎる程育ってくれます。放置していても、勝手に成長してくれます。もしも家庭で育てたい場合は、鉢植えに植え替えて土が乾燥してきたら水やりをしてあげる、その程度で元気に育ってくれる為、非常に簡単な家庭栽培と言えるでしょう。

この植物に関してのまとめ

スズメノエンドウを一言でまとめると、強くたくましく美しく!これに尽きると思います。カラスノエンドウやカスマグサに比べてもかなり控えめで全体的に小さい植物である為、道ばたですぐに出会えるはずの植物でありながら、見落としがちになり、なかなか見つけることができません。普段は野草として邪見に扱われることも多いであろうスズメノエンドウですが、改めてあたたかい目で見守って欲しいですし、この健気で控えめで、しおらしく見えるけど、強くて芯のあるニッポン女性のようなこの植物を、是非、肉眼で探してみて欲しいと思います。

「スズメノエンドウ」に一致するマメ知識

この投稿者の他の植物図鑑一覧