• 手まりかんぼくの種類【スノーボール】について育て方や情報
  • View数View数3,695
  • SCORESCORE1293.25
手まりかんぼくの種類【スノーボール】について育て方や情報

手まりかんぼくの種類【スノーボール】について育て方や情報

手まりかんぼくスノーボールの原産国はヨーロッパや北アフリカが主流です。花の色が白色をしているのが一般的です。別名手まりかんぼくは次のようにも表現されます。スノーボールやセイヨウテマリカンボクです。手まりかんぼくのかわいらしい姿は結婚式のウェディングブーケとしても人気があります。ですからとても人気のある木であるのも特徴です。樹高は平均約2メートルほどしか伸びないため、この高さなら庭先で育てるのにもたいへん最適なサイズです。白い花がまとまって咲くとても愛らしい姿を庭先で育てることでより身近に楽しむことができます。

※植物図鑑の画像は無断でご利用いただけません

植物図鑑内容

植物分類の特徴

この手まりかんぼくスノーボールの植物分類はスイカズラ科でガマズミ属、ビバナームにあてはまります。落葉性の低木です。日本に自生しているガマズミの仲間でもあります。これらは西洋カンボクの園芸品種や変種全般を意味します。

原産国の特徴・同様の原産国の植物紹介

手まりかんぼくの原産国ヨーロッパや北アフリカの特徴は地中海周辺であることです。同様の現鎖国の植物にカルーナがあります。このカルーナは小さな花を枝いっぱいに咲かせます。その姿は可愛らしいスノーボール同様で可憐な姿を楽しむことができます。びらの色は手まりかんぼくが白色のを咲かせるのに対し、カルーナのは白色以外に、ピンク色や紫色の色があるのがポイントです。細かく分かれる枝をひとつに絡ませ合いながら生い茂さまが情愛あふれる夫婦を表す花言葉、連理の枝と表現されます。そのほか自立や旅立ち、誠実といった言葉でも表されます。

同時期に開花する花の種類や特徴

スノーボールの開花時期は5月から7月です。この同時期である5月から7月に咲くものに日本の梅雨の風物詩ともいえるあじさいがあります。青や紫に咲くおなじみのあじさいは私たちに身近な植物でもあります。あじさいは土の酸性度合いによって色を変える性質があります。ですから代表的な見慣れた色以外も楽しむことができるのが大きな魅力です。鉢植えとしてもプレゼントするのにも最適です。白色や赤色、紫色や青色などのカラフルな多彩が梅雨の憂鬱な気分を吹き飛ばしてくれるはずです。辛抱強い愛と言葉で表現されるあじさいは知らない人はいないほど有名で親しみをもつ植物です。

花言葉を使う時のサンプル

茶目っ気や誓いという言葉であらわされます。白い色がアジサイを思わせるようにまとまって咲く姿から茶目っ気という言葉につながっています。可憐で元気な愛らしい姿をイメージさせます。ウェディングブーケやヘッドドレスに利用されることにちなみ呼ばれる誓いと同様、愛や幸せなイメージとして使えます。

花・植物についてのコメント

ボール状に咲かせる姿が特徴です。その鮮やかでかわいらしい姿は一輪挿しだけでもあっという間にお部屋を明るく爽やかに演出することができます。また咲き始めの淡い緑色から徐々に白に変化していく姿を楽しむことができます。お部屋に飾ることで春から夏への季節の移り変わりの変化を目で楽しむことが期待できます。ブーケとしても単体としても身近にお部屋に飾ることで洗練された可愛らしさが完成します。プレゼンとしてももちろん喜ばれる植物です。そのキュートな姿からプレゼントとしてもプレゼントに添えるアクセントとしても最適です。

簡単な育て方・栽培方法

耐寒性や耐暑性ともに強く日本全国で栽培できます。剪定は遅くとも7月いっぱいはするようにします。落葉後にほかの木と同じイメージで剪定してしまうと翌年の芽まで落としてしまう可能性がありますので7月までをポイントにします。一度植えてしまうとほとんど放置していて問題なく手間のかからない木であり、成長過程も早く咲きも良いです。

この植物に関してのまとめ

愛らししく可憐なクラシックな雰囲気をもつスノーボールのまとめです。たくさん咲き乱れる様子で一見育て方が難しい印象を持ちがちですが、一旦植えると手間なく咲き誇ってくれる性質をもちます。剪定の時期に気を付けるだけでよいので楽です。庭先に植えることで季節の移り変わりとともに早い段階から楽しむことができます。季節の訪れを目で確かめたい方にも喜ばれる植物です。結婚式のイメージから幸運が運ばれてくるかのように、毎日の生活がより明るくハッピーな気分になること間違いないです。庭一面に咲き誇る姿や、瓶に挿すなどのアレンジ幅が広いのもうれしいです。

この投稿者の他の植物図鑑一覧