• ニシキウツギについて育て方や情報
  • View数View数2,018
  • SCORESCORE706.3
ニシキウツギについて育て方や情報

ニシキウツギについて育て方や情報

ニシキウツギは一般的に山地で育っている低木です。高さはだいたい5メートルくらいに育ちます。樹皮には縦に割れて不揃いな線が入っており、縞模様を作っています。葉は対生し、丸い形をしています。5月から6月に、白と濃いピンク二色の、スズランのような花を咲かせます。そのためニシキウツギの「にしき」は「二色」と漢字で表記します。また、「ウツギ」は「空木」と書きます。日本固有種ではありますが多くの近縁種があります。近縁種と比べると、葉の裏や茎に毛が多く付いているのが特徴で、山地で見られることも一つの特徴となっています。

※植物図鑑の画像は無断でご利用いただけません

植物図鑑内容

植物分類の特徴

ニシキウツギの植物分類は、スイカズラ科、タニウツギ属の落葉低木として分類されます。原産は本州、分けても宮城県から奈良県までと四国、九州に分布し、山地などでよく見られる植物です。よく似たものにハコネウツギというものがありますし、ハコネウツギとの雑種も存在します。

原産国の特徴・同様の原産国の植物紹介

日本固有種と上記で述べた通り、ニシキウツギは日本を原産国とする植物です。日本を産地とする植物には他にもたくさんあります。多くは昔からの絵や書物に出てくるようなものなので、日本人にとっては馴染み深いでしょう。日本の風土に合っており、湿気を好む植物も多くあります。例を挙げると、ガクアジサイや菖蒲、カキツバタ、各種の百合、アケビ、イヌタデ、イソギク、ウマノアシガタ、オミナエシ、踊子草、紫苑、カサブランカ、カンツバキ、ハマボウ、キボウシ、クチナシ、クレマチス、コブシ、八重桜、サツキ、サザンカ、紫蘭などがあります。

同時期に開花する花の種類や特徴

ニシキウツギの開花時期は初夏の5月から6月です。他にもその時期に開花するものとして、5月にはバラがあります。最近では日本の各地でバラの催し物が開催されるようになっています。また、カキツバタや菖蒲も湿地で咲くようになり、これも日本特有の景色の美しさに彩りを添えるようになります。シャクヤクも群生して育てられ、神社やお寺などでよく催し物があっています。ツリガネソウやサツキもこの時期に開花します。また、6月には紫陽花やツユクサが咲き始めます。これも道端や滝や山裾に植えられて、日本の梅雨に合った風情を出しています。

花言葉を使う時のサンプル

ニシキウツギの花言葉には、「豊麗」「豊穣」「あなたへの熱い情熱」などがあり、6月2日の誕生花とされています。他にも更紗空木やヒメウツギ、ハコネウツギなど近縁種が多くありますので、混同しないようにしましょう。

花・植物についてのコメント

ニシキウツギの特徴としてはやはり山に多く見られますので、初夏にドライブする時などに見つけられるかもしれません。同時期にコバノミツバツツジやヤグルマソウ、ハンショウヅル、サナギイチゴ、オダマキ、ヒメハギ、センボンヤリなども見ることができます。気持ちが良くなって山登りやドライブに最適な時期になりますので、他の山の植物も合わせて調べておくと山での楽しみが増えるでしょう。木陰を作ってくれている木の一つがニシキウツギかもしれません。白と赤が一緒に咲いているのを見かけることができたら、きっとそれがニシキウツギでしょう。

簡単な育て方・栽培方法

一般的には山で育っているものですが、鉢や地植えで育てることもできます。「空木(ウツギ)」という名の通り、枝の芯が空洞になっています。8月頃に新芽が出ますので、それを考えながら剪定しましょう。コンパクトに仕上げたい場合には2月にバッサリと剪定してしまいます。明るい日陰で育ちやすく、湿り気のある土を好みます。

この植物に関してのまとめ

普段は山で見かける植物や樹木も庭で簡単に育てることができます。挿し木で増やすこともできます。3月下旬や6月から7月にかけて行うと良いでしょう。ウドンコ病やサビ病、アブラムシなどに注意する必要がありますが、風通しと虫に気をつけておけば比較的育て方が簡単な植物です。まとめとして、日本固有種のニシキウツギは風土にあって育てやすく、初夏の風情を出してくれる植物です。枝芯が空洞なのにどうやって先端まで水や栄養を運んだりするのだろうと不思議に思えます。鑑賞してもとても興味深くできていると感心します。初夏の山で注意して探してみてください。

「ニシキウツギ」に一致するマメ知識

この投稿者の他の植物図鑑一覧