• ミヤコササについて育て方や情報
  • View数View数759
  • SCORESCORE265.65
ミヤコササについて育て方や情報

ミヤコササについて育て方や情報

ミヤコササの名前は、京都の比叡山で初めて発見された事に由来します。またの名前をイトササやヒメザサとも呼ばれ、日本の北から南まで広く植生が見られるササの一種です。日本在来種であり、主に林の端や林床を覆う様に群生する特徴があります。外観上は比較的葉が薄く、そしてクマザサのように冬期に隈ができるものです。ミヤコササは生命力が強く、動物に食べられてもすぐに芽が出てきます。この為、野生環境ではニホンジカの格好の食物となっていて、その繁栄を支えている存在です。その生命力の高さとニホンジカの餌の1つという状況と相まって、地域によっては他の植物を押さえて生息範囲を広げている所もあります。

※植物図鑑の画像は無断でご利用いただけません

植物図鑑内容

植物分類の特徴

ミヤコササは植物分類上、イネ科の植物となっています。学名でも日本語のまま「sasa」とされており、お米を作るのに育てる稲やパンを作る麦の仲間です。ミヤコササに代表される笹と、稲や麦とは似ても似つかないように思えるかもしれませんが、稲も麦も、そして笹も茎が中空となっている共通の特徴があるものです。

原産国の特徴・同様の原産国の植物紹介

ミヤコササは日本在来種である植物の1種です。笹そのものはアジアから日本にかけての国々が原産国とされていますが、その中でもミヤコササは日本在来種として古くから存在してきた植物です。日本では様々な笹がありますが、笹の分類は難しく、現代でも分類は完全には進んでいない謎の多い植物でもあります。日本国内にあるミヤコササに似た植物としては、クマザサが挙げられるでしょう。どちらも冬になると隈ができる特徴があります。クマザサについては美観のある事から、住宅地の庭に植えられて繁殖している事もあります。特に日本全国の太平洋側に見られるものですが、自生の物は、その中でも限られた地域にしかありません。

同時期に開花する花の種類や特徴

ミヤコササを始め、笹の開花時期は不明な部分が多いものです。しかし、全くデータが無いという訳ではなく、長野県では5月から7月の間に笹が咲く場合があると確認されています。この時期に開花する、日本原産の別の花としてはアジサイが挙げられるでしょう。古くは万葉集の中にある歌でも取り上げられたほど、日本人に親しまれ続けてきた存在です。アジサイは海外での人気も高く、桜と並んで日本の代表するものとされています。あまり知られていない意外な話として、アジサイの花にに見えるのは萼(がく)と呼ばれる部分という知識があります。実は、あのピンクや青といった色とりどりの姿は、葉が変化してできたものです。

花言葉を使う時のサンプル

笹の花言葉は「ささやかな幸せ」や「小さな幸せ」です。縁起物として使われる事の多い笹ですが、一般に縁起物とされる植物の代表である松竹梅といった物に比べると、やや目立たない存在とも言えるでしょう。花言葉をメッセージとして笹を送る際は、家の庭にさり気なく飾っておける鉢植え等で贈ると良いでしょう。

花・植物についてのコメント

ミヤコササの花は意外に可愛らしいもので、笹特有の生命力や繁殖力からは想像もできないほど小さくて地味なものです。形としては稲の物に似ています。実際に見てみたいと考えているのであれば、5月下旬から7月にかけての開花時期を狙って探す事になるでしょう。観光の際に見物するのであれば、自生地である京都の比叡山や、奈良県の大台ヶ原等へ訪れた時に見ると良いでしょう。大台ヶ原であればハイキングコース整備されていて、自然に触れ合うのに適したスポットともなっています。笹の特性である林床を覆う綺麗な姿を眺める事もできるでしょう。

簡単な育て方・栽培方法

ミヤコササは非常に育てやすい植物の1つです。基本的に場所を選ばず、日向で育てるにも日陰に育てるにも適しているものです。ただし、育て方の注意として、適度な湿気が必要になります。特に、庭へ植え付けるのであれば、植え付けの時期に水をたっぷりあげて根を乾かさないように気を配るべきです。栽培上の注意としては、地下茎で繁殖するのを考慮して植え付ける場所を探すようにしましょう。

この植物に関してのまとめ

ミヤコササのまとめとして、日本全国に広がっている植物の1つと言えます。日本人にとって馴染みのある笹の1つであり、日本在来種の野性味のある姿で林縁や林床に広がる姿は圧巻の光景です。もちろん、見た目だけでなく、自然環境においてもニホンジカの繁栄を支える重要な役割を持っています。ミヤコササは自然環境に生えている姿だけでなく、庭に生えている姿も素晴らしいものです。特に、日本庭園のように伝統的な家屋や庭にはよく似合う植物の1つですが、現代的な洋風建築にも意外とマッチするもので、庭に植える草として優れた美観を持っている植物です。

「イネ科」に一致するマメ知識

「イネ科」に一致するまとめ

コバンソウの育て…
コバンソウの育て方・栽培
コバンソウの育て方・栽培のまとめです。今話したように、強い繁殖力を持ち優れた生命力を有していますので、ある程度寒さや暑さなどが過酷な環境などであったりしても、た…

育て方ラボ 公式ページさん

7,850view

「イネ科」に一致する植物写真

  • マチク

    マチク

    新宿御苑で撮影したマチクの写真です!…

この投稿者の他の植物図鑑一覧