• コメツガの種類【米栂】について育て方や情報
  • View数View数3,034
  • SCORESCORE1061.9
コメツガの種類【米栂】について育て方や情報

コメツガの種類【米栂】について育て方や情報

コメツガとは、亜高山帯に生えることが多く本州の中部と北部や四国や九州の高山に見られるマツ科の常緑針葉樹です。米つぶのように細かい葉とツガに比べて小さい葉というところから命名されました。ツガにも似ていますが、樹皮は灰色です。雌雄同株で5月から6月ぐらいに花が咲きます。葉は短い線形で枝に二列に並んで、だ円形の小さい松かさが枝の端の方に垂れ下がっています。高さは20メートルから30メートルに達する場合があります。建築や土木などの木材として使われることが多いです。庭木や盆栽などにも使われることもあります。

※植物図鑑の画像は無断でご利用いただけません

植物図鑑内容

植物分類の特徴

コメツガは植物分類はマツ科で、原産国は日本の中部以北です。特徴は、樹皮は灰白色がかって縦に裂けるようになっています。葉の裏面は白っぽく枝に螺旋状に並んでついています。枝先は葉が多くなるほど下がります。

原産国の特徴・同様の原産国の植物紹介

コメツガは日本の原産の植物です。日本の原産の植物はたくさんあります。花では、アヤメ、アサガオ、ユリ、ノイバラ、カンツバキなどがあります。多肉植物では、タイトゴメ、キリンソウ、ミセバヤなどがあります。日本原産の植物は、山野草として扱われるものが多く、鉢植えで楽しむものが多いのですが、庭植えで楽しめるものもあります。シランは庭園植物として優れています。白や淡青色、葉に模様が入ったものや無地のものなど多くの品種が存在しています。庭植えする時には周りの草に負けてしまわないように注意して育てるようにしましょう。

同時期に開花する花の種類や特徴

コメツガは6月に花が咲きます。同時期に咲くものは、アジサイやクチナシ、ムラサキクンシランなどがあります。プルメリアやコスモス、キキョウやハイビスカスは6月から秋にかけて咲きます。特にアジサイは6月の植物として有名です。日本では梅雨の季節になりますので、ジメジメとした気候にも強くなっています。アジサイには七変化という呼び名もあり、つぼみから咲き終わるまでに色が変化していく特徴があります。アジサイにも種類があり、ヤマアジサイやセイヨウアジサイなどそれぞれ違っています。6月に育ててみるといいでしょう。

花言葉を使う時のサンプル

コメツガの花言葉は、死も惜しまずです。コメツガは死も惜しまないぐらい大切だったり、死も惜しまずに頑張ったりと死ぬことよりも大切なことやものを表しています。コメツガのように大切な何かを見つけたいものです。

花・植物についてのコメント

米栂は寒冷地で育てられている植物ですが、まれに平地でも見ることがあります。しかし最近では温暖化が進んできていますので、数は減ってきています。米栂は、6月に開花します。赤色っぽいものが咲くのですがマツ科であるため、実に近い姿をしています。観賞用には不向きです。山岳地帯に分布しているため、山登りやハイキングに行った時によく見かけます。小さな松ぼっくりができるので、可愛らしい実を集める人もいる多いです。葉はツガより小さい緑色をしているので、とても美しいです。枝先が下がっているのが特徴ですので見つけやすいでしょう。

簡単な育て方・栽培方法

米栂は観賞用では盆栽として人気があります。米栂は育て方は、風通しの良い場所に置き太陽の光を好みますので、日当たりに良い場所に置くようにしましょう。水やりはやや乾き気味で、春秋には1日1回、冬は3日に1回ぐらい、真夏は土が乾いてきたら水をやるようにしましょう。親木が一本あれば挿し木で増やすこともできます。

この植物に関してのまとめ

コメツガは清楚で静かな雰囲気を持つので、上品さと落ち着きを与えてくれます。日本原産の植物ですので、気候とも相性がよくお庭で育てるならバツグンの植物です。米栂のまとめとしては、水はけと通気性のよい栄養たっぷりの土に植え込みをして日当たりの良い場所で育てるのが最適です。山岳地帯に多く分布している木を家庭の庭で観賞することができるのは魅力的です。松ぼっくりが可愛いのでお庭のシンボルにもなります。植え木として育てにくい場合は、盆栽として育てるのもいいでしょう。上手にお手入れをして大切に育てていきたいものです。

「コメツガ」に一致するマメ知識

この投稿者の他の植物図鑑一覧