• サンキライについて育て方や情報
  • View数View数13,970
  • SCORESCORE4889.5
サンキライについて育て方や情報

サンキライについて育て方や情報

サンキライは、つる性植物の落葉低木です。茎には棘があり、先がのびた巻ひげで他の植物に這うように絡み付きながら成長します。木は2メートルほどの高さまで成長します。日本では、北海道から九州までの山野や丘陵地の、日当たりや水はけのよい場所を好んで自生します。葉は互生し、円形または広楕円形をしています。また、葉の表面には光沢があり、3〜5 本の葉脈があります。雌雄異株で、黄緑色の小さな花を傘状にたくさん咲かせます。果実は直径 7mm 程度の球形をしており、秋になると真っ赤に熟す実は、毒消しの実として用いられます。

※植物図鑑の画像は無断でご利用いただけません

植物図鑑内容

植物分類の特徴

サンキライは、シオデ科シオデ属に植物分類されます。別名では、サルトリイバラとも呼ばれています。別名の由来は、この植物のもつ棘のある木生のつるが、枝から枝へとからみついて藪のようになったところに猿が追い込まれると動けなくなってしまうというところからきている、といわれています。

原産国の特徴・同様の原産国の植物紹介

サンキライの原産国は、日本、中国、朝鮮半島、インドシナ半島とされています。中国南部や台湾では、ドブクリョウとも呼ばれ、生薬としても用いられています。水洗いをしてから薄切りにして干ぼしで乾燥させた根や茎は、胃がん、食道ガン、直腸がん、乳腺がん、子宮がん、咽喉がんの治療に有効的とされています。生薬名である山帰来の名前の由来には、昔病や高齢のために山に捨てられた人が、サルトリイバラの根を食べて元気を取り戻し自ら帰ってきたという説があります。また、解毒作用や抗菌作用があるため、できものや腫れものによく効きます。

同時期に開花する花の種類や特徴

サンキライは秋に落葉し、春になるとわずかに赤みをおびた若芽をつけていきます。そして、夏頃までにはやや大きく楕円の形をし、表面がすべすべした葉をつけます。そして、4月〜5月頃になると黄緑色の目立たない小さな花が集まって傘状に次々と開花していきます。サンキライと同時期に咲く植物には、日本人に馴染みのふかい、サクラやカエデ、カタクリなどがあげられます。日本の春を象徴するサクラに対して、カエデは日本の秋を象徴する植物として有名です。またカタクリは、かつては日本各地の落葉樹林の下に群生していたといわれる山野草ですが、乱獲や開発などにより自生地から消え、現在では幻の山野草になりつつあります。

花言葉を使う時のサンプル

サンキライは、夏は緑色、秋、冬は赤色、お正月になると金色に染まり、四季折々いろいろな色をみせて楽しませてくれます。秋になる赤い実は、ドライになってもなお1年以上色あせることはありません。そのようなことからか、花言葉は、不屈の精神といわれています。

花・植物についてのコメント

サンキライは、真っ赤に実った実と葉に鋭い棘を持つのが特徴です。葉は光沢があり大きく、両面がなめらかで少し厚みもあり、かしわ餅の葉に似ていることから、関西以西ではかしわ餅の葉として代用され、かたらなど、地域によって異なる名前で呼ばれ親しまれています。また、若葉は茹でて水にさらしてからお浸しや和え物にしたり、天ぷらなどにして食されています。真っ赤な実はとても美しいので、そのままドライフラワーとして飾られたりします。クリスマスのリース作りにも使われ、またその赤い実は毒消しの実といわれ食べることができます。

簡単な育て方・栽培方法

サンキライは十分な日当たりと適度な乾燥を好みます。特に目立った害虫被害もないため、日当たりと水はけの良いところであれば、育て方はあまり難しくなく、誰でも比較的簡単に育てることが出来る植物です。また、実を植え付けて育てることもできます。ふっくらしていてキレイな赤に熟成した実を選びきれいに水洗いします。そしてその実を割ると中から小さな種がでてきますので、それを植え付けます。時期は11月から12月が適しています。

この植物に関してのまとめ

秋になると、赤い実をつける植物は意外と多くあります。その中でもサンキライは、その実の美しさから良く知られているものの一つです。実は、秋にはエンドウ豆ほどの大きさになり、中には1~3個の種子が入っています。また、雌雄異株ですので,雄と雌の最低でも2本の株が近くにないと、ただ木だけが大きくなり、結実することはありません。まとめると、雄の株には雄しべが6本、雌の株には仮おしべが約3本と雌しべが1本ついており、それをみて、雌雄を区別することができますが、種から育てたものや、苗で売られている場合には区別することができません。

「サンキライ」に一致するマメ知識

この投稿者の他の植物図鑑一覧