• プチアスターについて育て方や情報
  • View数View数1,415
  • SCORESCORE495.25
プチアスターについて育て方や情報

プチアスターについて育て方や情報

プチアスターは白や赤、紫、ピンクなどさまざまな色のバリエーションがあり、一重咲き、二重咲き、ポンポン咲きなど形もいろいろ異なっているのが特徴です。アスター(エゾギク)を小さくしたような植物なのでプチアスターという名前が付いたことや、花の形が星や冠のように見えることから名前が付けられたという説があり、可愛らしくてカラフルな見た目なので野原や草原いっぱいに広がって生息している風景は圧巻です。葉もよく茂るので、深い緑色の繊細で丸みを帯びた葉もきれいで密集している土地では緑の絨毯のような美しい景観が楽しめます。

※植物図鑑の画像は無断でご利用いただけません

植物図鑑内容

植物分類の特徴

プチアスターの植物分類はキク科カリステフス属です。エゾギク属と呼ばれることもあり、昔はアスター属に分類されていたので今でもアスターという名前が残っています。よく枝分かれをして剛毛のある茎や葉の縁にギザギザやトゲがあるのが特徴です。

原産国の特徴・同様の原産国の植物紹介

プチアスターの原産国は中国北部やシベリアで、冷涼な乾燥地帯で育ちます。1700年代に中国から種がフランスに渡り、ヨーロッパ各地で品種改良が進んだ後にアメリカや日本にも輸入されるようになったと言われています。同じ地域ではラベンダーやヒナギク、シオン、宿根アスター、スズラン、ライラック、リンドウ、チドリソウなど寒さに強くて涼しい気候を好む植物がよく育ちます。一年草が多いので冬になると枯れてしまいますが、春先になるとまた元気に芽を出して伸びてくるので春の訪れを感じることができて、小さく背の低い植物がたくさんあります。

同時期に開花する花の種類や特徴

プチアスターは7月から8月にかけて開花します。咲き方や大きさ、色が異なるものがたくさんあるので同じ種類でも赤や紫、白などいろいろな見た目を楽しむことができて単調になりません。同時期にはアサガオやマツバボタン、ホウセンカ、ヒマワリ、サルスベリ、コスモス、キキョウ、ナンテン、クチナシ、ケイトウやクジャクソウなどたくさんの植物が開花します。夏場の一番暖かい季節なので野山や道端などあちこちでカラフルな色を楽しめる時期で、何気なく咲いている雑草でも美しいのであらゆる場所で自然の雄大さを感じられる魅力的な季節です。

花言葉を使う時のサンプル

プチアスターの花言葉は「追憶」や「同感」など心境を表現するロマンチックなものが多いので、運命の出会いや恋心を信じる力、相手への想いを乗せて届けたいときなどに使えます。「恋の勝利」という意味も込められていて素敵です。

花・植物についてのコメント

プチアスターは同じ種類のアスターによく似ていて、キク科の植物らしい独特の葉や色や形が豊富な花が魅力的です。テーブルに飾ったりお供えにしたりいろいろな使い方ができて、高さは30センチ程度までしか育たないので場所を取らず、鉢植えやプランターでベランダに置いたり庭先の小さなスペースでも育てられるのでどんな環境にも適応できる便利な植物です。色鮮やかで美しく、バリエーションがたくさんあるので飽きずに鑑賞できて、一年草ですが庭に植えておけば自生して次の年も自然に芽を出してくれるので毎年楽しむことができるようになります。

簡単な育て方・栽培方法

種まきは秋と春に可能で、秋なら冬越しさせるために霜よけをします。寒冷地では春にまくのが適しています。プチアスターはそれほど手入れが必要ないので育て方は簡単で、月に1回くらい肥料をやって葉が茂りすぎたら剪定をします。病害虫はアブラムシが多いので、若葉を食べられてしまわないように場合によっては農薬を使いましょう。

この植物に関してのまとめ

プチアスターについてまとめると、アスターを品種改良して小ぶりで豪華にした植物で、耐寒性があって栽培が比較的簡単なので誰でも気軽に挑戦できます。花は色や形がバラエティに富んでいるので同じ種を植えてもいろいろな異なる種類を育てることができて、咲いたときの喜びや驚きも楽しい植物です。キク科の植物らしい葉や茎をしていて、アジア風の見た目がエレガントなのでフラワーアレンジメントやテーブルの飾りなどにもよく使われています。野山に自生している地域もあるので初夏になると一面にカラフルな色が咲き乱れて美しい風景が見られます。

「キク科」に一致する育て方

  • リアトリス

    リアトリス

    一見キク科の植物に見えない。花は上から下…

    1,005

    0

  • 菊

    品種が多く、一年中花屋の店先を飾っており…

    702

    0

  • ガーベラ

    ガーベラ

    太い茎の先端に目の覚めるようなカラフルな…

    598

    0

「キク科」に一致するマメ知識

「キク科」に一致するまとめ

カロケファルスの…
カロケファルスの育て方・栽培
カロケファルスは、オーストラリアが原産となっているため、寒さに弱い性質があります。生育には、マイナス3度以上を必要とします。暑さも同様に嫌う傾向にあるので、日な…

育て方ラボ 公式ページさん

12,931view
ダールベルグデー…
ダールベルグデージーの育て方・栽培
ダールベルグデージーを栽培するときの環境として夏と冬にどうするかがあります。この花はあまり寒さに強くありません。しかし日本の冬は適度に越すことができます。霜に当…

育て方ラボ 公式ページさん

4,559view
トレビスの育て方…
トレビスの育て方・栽培
トレビスは日本全国で栽培することができます。日当たりの良い場所を選んだほうが良いですが、半分日陰のような場所でも育ってくれる野菜です。他のキク科の野菜と同様に連…

育て方ラボ 公式ページさん

7,009view
ビデンスの育て方…
ビデンスの育て方・栽培
ビデンスを栽培するにあたって良い環境は日当たりのいいところになります。1年中日当たりのあるところでも構いません。半日陰など一部が日陰になるくらいなら良いですが、…

育て方ラボ 公式ページさん

7,609view

「キク科」に一致する植物写真

この投稿者の他の植物図鑑一覧